スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12/27】 あらわれるために。

 
 2013年ももう終わるのですね。久々に日記の筆を執ります。
 サークル休止の宣言からまだ一年を過ぎないというのが、少し意外な感じ。
 
 小説はもう長いこと書いていません。
 あれから何度かはテキストファイルを開くことがあったものの、
 その頻度もいつの間にか緩やかに減って、
 風呂場やトイレで新しいネタをふと思いつく、なんてことも無くなりました。
 小説を書けなくなったことに落ち込むことも、
 このスランプから早く脱却してやると意気込む気概も、どこにあったやら。
 書きかけのまま残る作品も、当初練りに練っていた目くるめく後続の展開が
 どんどん記憶から薄れていっています。
 (これに関しては、ちょっと惜しい気がしているところですが……)
 
 私が大方十年来、特別な趣味として特別扱いしてきたこの創作活動は
 特別扱いするに足りない、数ある私の趣味と同列のひとつ、
 一方ならぬ愛着もあれどその枯渇もちゃんとある、普通な代物だったのかも。
 小説に傾けていたあれほどの情熱は自分にとっての一体何だったのか、
 こうして見失ってみるとよく分からなくなるものです。
 加えて言えば、今でも何かの気まぐれで書けそうな気がするのも不思議だ。

 まあ、今が本当に終わりと呼ぶべき終わりなのかまだ分かりませんが、
 確実に終わりもあり得るのだと、これまでになく身近に実感してます。
 明日から小説を書くのは一切禁止、と、例えば誰かに命令されたとしても
 今なら粛として私は従い、きっと文句のひとつも言うことはないのかなと思う。

 同人創作を通じて得てきた興奮、歓喜、醍醐味、やりがい、充実感。
 百花繚乱の舞台に抱いた希望や共感、仲間への尊敬や応援、羨望、ときに反発。
 それらがすべて、今ではまるで他人事のように取り扱える。
 愛すべき同人世界の熱狂も、愛玩も、礼賛も、研鑽も、激論も、すべて外の世界。
 その気になればシャットアウトできる世界だと知覚して、もう骨身にも響かない。
 
 例えばプロ野球の贔屓西武ライオンズにしてもそう。
 勝っても負けても私の生活には関係ない。
 小説より前から取り組んできたカメラ趣味の風景撮影にしてもそう。
 綺麗な写真を撮ったって、自分が眺める以外に用途はない。
 最近いろいろと歴史など研究していた大相撲にしてもそう。
 集めたその知識が何かの役に立つことなんて無い。
 面白いアニメも漫画も小説もそう。
 観れば読めば面白いけれど、TVを切れば本を閉じればそれっきりの虚構世界だ。
 
 何もかも、その気になれば我に実害なくシャットアウトできるものばかり。
 なんなら諦められるものばかり。
 それで落ち込んでるのかと思えば、しかしそうでもない。
 言うまでもなくこの手の考え方は真理であり、かつ詭弁であるのでしょう。
 趣味とはことごとく自己満足の代物だ、なんて言い古された言い回しだし、
 いわば自己満足「でしかない」と表現してしまう今の自分をこそ、
 寂しがるなら寂しがるべきものと思うけど。

 どこかに必要とされるでもなく、誰かのために生きるでもなく、
 仕事に行けば自分の非生産性をなんとか埋め合わせるための時間に追われ、
 果たすべき責任も果たせず、余暇の楽しみも見いだせず、
 誰かの役に立った実感もなく、必要とされている手応えも感じられない。
 私が私のためだけに存在している。
 そんな境遇で知らず知らず、私は小説作りに慰めを求めていたようです。
 小説は私にとって、私が私のため以外にも存在することを確かめる手段だった。
 果たして小説作りをやめてしまった自分は、やめてしまってから初めて、
 それが小説作り以外のものも失う選択肢だったのだと気づく羽目になった。

 すみませんね、こんな誰も求めてない話を……。
 このくだらない述懐に、共感を求めてる訳ではないです。
 共感してくれる人が居てくれたならもちろん嬉しいですが、
 共感してもらったところで私も貴方も幸せになれる訳じゃない。
 こんなウジウジと湿った私みたいな人種が幸せになるには本来、
 自分が自分のため以外にも存在することを、自ら立証するより他がなかった。
 それがたとえ、自己満足に過ぎない趣味の領域を用いた立証だったとしても。

 いつの間にか私の中から、人生に充実感を覚える機会が無くなっていました。 
 今は一瞬一瞬の出来事にはしゃぐことはできても、
 それが無意味だ、空疎だと感じる瞬間がすぐに来てしまう。
 小説を無理にでもこの手に戻したらそれで全て元に戻せる、というなら楽ですが
 そんな気もしないし、そもそも取り戻すことが結局できていないし。
 虚しいし切ないし、なんなら自棄にもなれるし何もかもシャットアウトできる。
 そして心の底から寂しい。
 日によって深浅の差はあれ、ここ最近は毎日それを思っています。


 
 自分は今から何をすれば自分の人生に掛け値無しの満足を得られるのか、
 それが今のテーマであり、つまり2014年のテーマになろうものです。
 寂しすぎて虚しすぎてそのうち、自分が衝動的に何かやってしまうのではと、
 今は我ながら少し怖くもある。
 偶然でも運命でも、納得ずくで寂しがりの自分を埋めてくれる何かを、
 あの小説作りよりも確かな何かを、見つけて定めるよう自分に課すのです。
 それを最早隠しようもなく求めている自分自身にも気づいているし、
 この独りよがりかつ他者依存性の強い探求がやはり、
 私の生来の寂しがり気質に、合っているような気もするのです。
 (創作を通じてできた素晴らしい友人を蔑ろにする意味ではありませんよ)
 (願わくば少し時間を置いた後、また楽しくやっていかせていただければ)
 
 実にくだらない話ですが、すでに答えは朧気に出始めています。
 答えであって解決策ではない、というのがポイントですけども。
 小説にのめりこんだ時間が無駄だったとは思いません、
 ただやはり、自分が二十代を過ごす中で小説作りに託していたものって、
 きっと一趣味に担わせるべきものではなかったんだと思うのです。

 後から恥を上塗りしたくないので今はまだ、それを明確な言葉にしません。
 そしてまあ、こんな幼稚な気の迷いでもいずれ晴れることがもしあるなら、
 つまり私の住まう場所を根本から新築してくれる「幸運」にもし恵まれるなら、
 小説の続きを書く気になることも、ひょっとしたらあるかもしれないです。
 私の内面は生来、無関係な事柄同士における連動性が非常に強いのだ。
 悪く言えば悪循環に陥りやすいけれど、反面イケイケで波にも乗りやすい。

 小説単体を杖にして立ち上がることはちょっとできそうにないものの、
 自分に恒久的な折り合いを付けた上で、作り手として、人間として、
 全体で歩調を合わせて一歩成長して、小説作りの世界に戻ってくる。
 とてもとても上手すぎる話ですが、上手すぎる分憧れてしまう。
 是非そうなったらいいな、と思いますね。
 そうなった時の自分はきっと、ものすごく幸せな顔をしてるんだろうなと思う。
 
 それが今の私のテーマ。
 生きることが幸せであること。
 洗われて現れる、みたいな、生まれ変わるような何かを求めたい。
 どんな形になるかは分からないですけども、
 来年はきっと、この一言をお守りにする一年になりそうだと感じています。
 


 最後になりましたが、冬コミには行きません。
 
スポンサーサイト

【8/11】 夏コミのサークルブースについて

 
 明日C84三日目、E-56aに「しばらくは反魂。」でブースをいただいています。
 例大祭の一件が起きる前に申し込んでしまっていたものでした。
 
 本サークルの名義で活動する内容はもう何もなく、明日は欠席します。
 せっかくいただいたブースを無駄遣いして、お詫びの言葉もありません。
 ただ、本当は、そんな味気ない報告で終わらせる予定ではなかったのですが。

 最後の新刊を用意していました。
 用意していたというか、他でもない、例大祭で出そうとした本です。
 最後に残った未練でもあります。
 それが完成していれば明日は違った日になったのかもしれない、と
 都合の良い夢も未だに妄想したりしますが。
 
 
 つまり結論から言うと、その作品は完成を見ていません。
 続きを書こうとしてテキストを開いても、2~3行書いては
 頭が真っ白になったように混乱して、思考がまとまらず、集中が全然できず、
 文章が一文字も思い浮かばなくなる。その状態が、ずっと治っていません。
 例大祭から1KB進んだかどうかなんて惨状じゃ、完成なんて夢のまた夢ですね。

 気取った言い方ですが、事実に一番近いのでこう書きます。
 現在の私には、反魂が書いていたような小説を書く能力はありません。
 理由は、むしろ私が教えてもらいたい側です。
 
 色んな小説を濫読してみても、小説以外の作品で感動に触れてみても、
 好きな作家さんの既読本を今一度引っ張りだして憧れを新たにしてみても、
 嫌々でも無理矢理テキストパッドを開いてにらめっこしてみても、
 昔の半分のスピードも表現力も戻ってきません。
 自分の筆のリハビリを目的に他人の作品を読むことの愚かさも痛感したし、
 そこに職場の忙しさも加わり、しばらくは小説を書くこと自体、
 頭から忘れて過ごすようになっていました。 
 結果として、このサークルを閉鎖したのは正解になってしまう運びですね。
 
 Twitterで指摘されましたが、そして返答しましたが、
 それでも私はまだSS書きでいることに未練を残している人間です。
 何かが取り立てて他の人より上手だったことのない私が、
 初めて他人様に認めてもらったのが小説だった。
 恥を承知でありのままに言えば、小説を書きたくて書き始めたのではなく、
 書けたから、書けていると他人に言われたから書いてきたのが私です。
 
 はい、今思われたとおりです。
 そんな不純な理由で小説サークルをやってきたのが私です。
 単に成功体験に溺れているのが私です。
 「なぜ自分が急に小説を書けなくなったのか」を考えていると必ず、
 私の抱える根源的な欠陥に思いが至ります。
 
 でも、その上で言い訳をさせてほしい。
 私は、もし書けたなら、書くのが今でも好きだと言えます。断言します。
 書き始めた動機がいくら不純だったといっても、
 創想話やサークルで思い描いた作品を次々書いて完成させていた頃は、
 間違いなく小説を、文章を書くことが好きでした。
 書き始めた頃は創作主でも何でもなかった反魂という人間にも、
 作り手を名乗れる時期がそうやって、確かにありました。
 あくまで私の価値観に照らしての「作り手」、ですが。

 もう一度書けるようになれば、
 だから当然のようにまた小説を好きになれると思う。
 けれどただそれだけでは結局、私が成功体験の惰性で小説を書いてきた愚に
 答えを出すことなく、臭いものに蓋をして元に戻ることを意味する。
 周囲の素晴らしい作り手の方々に混じってその状態で小説を書き続けるのは、
 私の性格上、間違いなく、ずっとコンプレックスになると思うのです。
 もう一度小説書きに戻ったと言い切るためにも、
 他の人に恥じない小説書きになって戻りたいと私は思っています。
 
 総合して、私の今後について記しておきます。
 無理矢理小説と向き合って、嫌いになってしまうことがないように、
 小説を続ける理由と辞める理由、その両方をのんびり探していきます。
 どちらが先に見つかるかではなく、どちらかしか見つからないはずですね。
 自分が本当にこの先、作り手としてこの世界で納得して生きていけるか、
 物語を作っていくことができるか、それを誇れる人間になれるかどうか、
 今回思い悩んだ疑問をその試金石にして自分自身を評価したい。
 
 ……なーんて書くと、さすがに恰好つけで仰々しいですが。
 何のことはない、私の悪癖である自棄っぱちや感情論を排して、
 自分が納得だ、幸せだと思えるポジションを見極めていきたいということ。
 それがもし結果的に小説とは違う道であったとしても、
 私という人間の価値観が理性的に正しいと判断するなら、
 その果てに私にとっての幸せが必ずあるはずなので。
 
 今後小説を書くとも、書かないとも、今の時点では言えません。
 まあ少なくとも今は書けません。
 で、もしも今まで読んでくださって、私のことを覚えてくださっていて、
 もう一度作品が読みたいと言ってくださる嬉しい方がおられたなら、
 また書けるようになることのほうを期待していていただければ幸いです。

 今のところ言えるのは、やっとそれだけです。
 
 以上、近況報告と総括を兼ねて。
 

【5/22】 連絡ふたつ

 
 1
 今週末の例大祭は、欠席させていただきます。
 貴重なスペースをいただいたにもかかわらず申し訳ありません。
 
 
 2
 このたびをもって、SSサークル「しばらくは反魂。」の活動を
 終了することにしました。  
 
 理由は、本を作るのに必要な熱意を自分が持てていないと思ったからです。  
 こういう本を作りたいという理想、
 それを実現するための十分な時間もあったのに、
 私はそのために必要となる手を尽くしませんでした。

 行動力、根気、集中力の問題とも言えますが、
 それらは突き詰めればつまり熱意の問題だと思っています。
 好きで始めたことなのに、いつの間にか重荷に感じていて、
 特にここ二年近くは、本を作り損ねるたびに言い訳を重ねて、
 私はどんどん軽薄な姿勢になっていったと思います。
 
 有り得ないミスをしたまま本を出したことに始まり、
 最近は印刷会社さんの予約を直前でキャンセルしたり、
 当選させてもらったイベントの貴重なスペースを空費したり、
 無責任な行動を重ねて多くの人に御迷惑を与えました。

 
 
 今後も、当然ながら東方のことを好きでいつづけます。
 本当はいつかまた本を作ってみたいと今でも思っていますが、
 自分に客観的な判断を下すと、きっと不可能だと思います。
 悔しい、今度こそは、という思いで創作に打ち込める人間なら、
 今頃もうとっくに自分を変えられています。
 
 一つだけ約束。
 精魂込めて本を創っていくサークルの皆さんと、
 その素晴らしさに共感してくださる読者の方々を、
 私はずっと尊敬しつづけます。
 
 そして最後になりましたが、これまで私の作品を手にし、
 読んでくださった皆様に、心から感謝を申し上げます。
 
 反魂
 

【5/18】 修羅場1日目終了

 
 明日が最後の勝負すなあ……。
 これはしかし、前半と後半で物語が全然違う感じになりそう。
 「稀によくある」
 

【5/16】 ここに来ての残業一日潰しー!

 
 痛いか痛くないかで言えば確実に痛くて、
 残時間の総計に占める割合を計算して具体的な数値として弾き出すことで
 更に痛さがUPです。
 
 日記を書きながら死んだ子の年を数えても
 当たり前ですが埒が開くわけでもないので、
 残された時間でみっちりと最善を尽くすのみよ。

 大詰めを迎えて不安もあるけど、どことなく楽しみでもある。
 ちょっと最近なかった感覚ですわ。
 
リンク
プロフィール

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。