スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【11/29】 紅楼夢本紹介  と、お知らせ

 なんだかすっかり遅くなってしまいましたが、私の親愛なる方々が紅楼夢で出された本を数冊ご紹介いたします。というか、遡って今までのイベントで出された読了分もすべて紹介文を書きたいんですが、時機を逸してしまうと中々書きづらくなるもので。
 紅楼夢本も正直遅きに失した感は否めないのですが、これ以上遅くなっても余計書きづらくなるだけですので、本日掲載しちゃいます。

 時間が無かったので、三冊だけ。漫画1冊と小説2冊。
 書評ではなく紹介文ですので、まだ読んでおられない方をターゲットと致しまして。



■茶飯事(KOTO@くーげきのち
 一こま一こま――というより、一人一カットに及ぶ可愛さの波及が異常。表情豊かに描かれる阿求さんの百面相は、あまりにも浸透圧の高い可愛らしさだ。
 私の心を離してくれない。

 KOTOさんという方の魅力が、確かに描き出された一冊。KOTOさんが好きな方は、手に取る以外の選択肢を考えなくて良いでしょう。柔らかい、可愛い、撫でたくなる――KOTOさんファンもそうでない人も集ってしまおう! 阿求ファンという阿求ファンに宣伝して回りたくなる一冊。
 氏はこれで2冊目ですから末恐ろしい。2冊目でこれですから9冊目あたりになったら私は恐らくお星様になっているだろう。あ9冊目。ひえぇ阿求無双だ!
 なお、後書きのせいで個人的には一足早くお星様になった。
 うおーぉ本人に知らせず何してんねんこの人!

■First flight (日間@ふじつぼ)
 子供のフェーズから大人に変わってゆく時――個人的にはこの間に、特に女の子の場合は「少女期」という一段階を挟みたいのですが――それは必ず象徴を伴って現れる。或いは行動であり、或いは身体の成長である。
 一つの階段をのぼる様子が、非常に克明に鮮明に描かれた作品です。子供から大人、ではなく、子供から少女へという階段の一段にスポットライトを当てたこの本を一ページ、一エピソードと追い掛けてゆくとそのたび、誰もが覚えているであろうあの日々の一秒が、無数に鏤められていることに気付く筈。繊細に、巧みに描き出された少女の心に、必ず愛らしさを覚えて一息に読み終えたその時、主人公の女の子は一つだけ成長している。
 ――物語は、幼少期の魔理沙に、何かと世話を焼き焼かされる霖之助の触れ合いから始まります。魔法使いに憧憬し彼女が空を手に入れるまでの不器用な軌跡を、しっとりとした筆致で織り成す短編小説。名作「氷雨抄」「霧雨抄」を生み出した日間さんの紡ぎ出す「雨」の叙情と少女性を、ぜひとも静かな雰囲気に包まれて愉しんで頂きたい。

■剣業の年輪(新角@人の消える道
 剣にはその兇刃たる魅力と、それにまるで浄化されたような、非常に瑞々しい輝きがもう一つある。芸術性とも機能美とも違うし、一回りして戻ってきた暴力性とも違う。あの刀身の妖しい光に見とれるのは、私が日本人だからという訳では決してないだろう。意外と、外国人の方が愛好していたりもするから。
 里で非道の限りを尽くす一団に立ち向かうのは、頓悟し孫の前から姿を消したと思われし魂魄妖忌であった――幻想郷という世界を筆者は犀利に書き込みながら、人の匂いでここに人の物語を溢れさせた人世一体の小説。最初は浮ついていた物語の一駒が、一ページを追うごとにまるで幻想郷の世界へ刷り込まれてゆくように冴え返ってくる一作です。
 淀みひずみ無き巧緻な文章が織り成す短編の中、徹頭徹尾まつろわない、筋の通った空気感が心地良い。されど決して古風に徹さず、これを人選りする作品と称すのはあまりにも惜しい。
 敢えてこう称す。是非一歩目の勇気を持って、この本を読んで頂きたい。


-----

 というわけで三冊、ご紹介しました。
 どれもこれも素晴らしい本ですので、是非ぜひ。

 そしてお知らせですが、本日から12月4日までの間、更新を一時お休みさせていただきます。
 理由は言わずもがな、でありまして。
 適当なことを書いて毎日更新を食いつなぐよりも、一度スパっと休んでやるべきことに専念したいと思います。峠を越えたら、またちゃんと毎日更新しますので!

 どうぞご了承ください。
 応援して下さってる方にはほんとに感謝してます!
スポンサーサイト

【11/27】 ラジオでした。

 写真記事はまた明日改めて掲載しますー。
 というかあの写真は全部右っかわが切れている。

 ダイアリー部分をブログサービスに委ねながらマイHP開設――なんていう夢も膨らむんですが
 それもまた遠い先の話。
 原稿にかまけっきりのここ数週間ですが、そのあおりでやりたいこと・やらなければならないことが山積しててそろそろ自己破産しそうな状態に陥ってます。
 一番分かりやすいところでは部屋の散らかり具合とか。

 そんなわけで
 俺、原稿が完成したらずっと我慢してたこと沢山やるんだ……

【11/26】 眠い。

 なんか原稿にかまけてたら部屋が大荒れに荒れているようですよ?
 こいつはもうダメかもしれんね。

 とりあえず聖☆おにいさんの4巻を買ってみたところで、3巻を買ったかどうか如何にしても思い出せないという憐れな症状が見られています。
 だって本棚に無いんだもん!



 それはさておきラジオの告知。
 颯爽といつも通りの枠に戻ってまいりました。

 ■ふつおたラジオ。(第18回)
 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u

 11月27日(金) 23時30分~24時00分頃終了予定
 IRC:#反魂ラジオ
 番組てーま 
 『秋ですよー』

 なんか最近エロトークチックな話題に流れて私の社会的地位が危ぶまれてきたので、今回は割とテーマだけでも真面目に用意してみました。
 但し内容に変更あるかもしれません。
 その時はどうなるか?
 エロトークになるに決まっている。(ぁ

【11/25】 わぁい

 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20091124/1030380/
 新型ポメラ発売!
 って今日はtwitterでもmixiでもこの話題ばかり言っている。
 なのでブログではこれくらいで終了。

 どちらかというと入力機器の前に集中力を養わないと。
 モバイル機器で執筆する短い時間で、一気にトップギアに持って行ける高度な集中力が無ければいかにポメラやネットブックが高性能化しようと宝の持ち腐れである!
 私自身の思考エンジンを磨かなければいけないな!

 あ、ポメラ三代目には自動執筆機能とか搭載してくれませんかn(他力

 変換したら一発目候補が「児童執筆機能」とか出ました。
 いいぞもっとやれ。

【11/24】 一回休み

 です。
 一日一日が気が抜けない時期になってきた……

【11/23】 びっくりするくらい

 一日が早い!

 *

 とりあえずこの3連休、原稿はアレですが映姫を養ってきました。
 失礼、英気を養ってきました。
 元気になりましたので、明日には原稿が100頁進むことでしょう。

 正直集中力は以前に比べて衰えてますが、文章を紡いでるときの快感は今でも感じられる。
 昔どういう気持ちで文章を書いていたか思い出せず悩んで、調子の良かった頃の文章に近づこうと試みたりもしたけど――昔を取り戻そうとするから息苦しい訳だ。
 昔を取り戻せないなら、もう一度気に入る今を作り直せば良いじゃない。

 そう思って文章を書いていると、昔培った素人時代の純粋な命脈もまだ受け継がれているんだなーと変に実感したりもします。あんまり上手くはなってませんが……。
 やはり文章書くのは楽しいので、前向きに原稿手がけてそろそろ最終段階に移りたいと思います。

 明日から本気出す(キリッ  ←ダメフラグ

【11/22】 やふー

 京都旅行から帰ってきましたよ! 今朝5時くらいに!

 何をやっているんだか。

 それはさておきラジオの告知。今晩ですよ。
 ■ふつおたラジオ。(第17回)
 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u

 11月22日(日) 今晩23時20分~24時00分頃終了予定
 IRC:#反魂ラジオ
 番組てーま 
 『こんぺがはじまりました!! スペシャル』

 文字でかい。
 というわけでいつもに比べて開始時間が違いますがご容赦!

 
 ではまた今晩。

【11/20】 周囲は恐らくラピュタを観ている

 私は……うん、ちょっと色々忙しい……うぎぎ

 あ、覚えているうちに書いておきますと今日はラジオお休みです。たぶん日曜の夜にやります。

 そして原稿は相変わらず修羅場なんですが、修羅場をかんじさせない謎の逃避行で明日から京都旅行行ってきます。
 運が良ければ日帰り。悪ければ日曜の夜帰宅かなー……
 まあ原稿があるので早めに帰ってきますが、原稿中ほどこういう英気を養わなければならない。

 とりあえず今回撮影環境が変わったので、朝一で定番嵐山に久々に行く。
 そして東雲さんも好きとおっしゃってた祇王寺も行ってきます。
 日記で見て拍手でコメしようとしてて忘れてましたが、祇王寺はマジで良いんですよ! 狭いけど!
 私からもお勧めしておきましょう。
 
 そして夜はちょっと離れたお寺のライトアップを見に行こう。
 だいぶ前に一度だけ行ってみたことがあるんですが、ここがとても良かったのを覚えてるので。
 くそ寒かったけど……

 というわけで明日はいずれにしても更新お休みとさせていただく予定です
 すみませんのー

【11/19】 15分くらい前に帰ってきたばかり

 そしてもう寝ますよ!
 今日は飲み会でした! 美味しい中華料理屋さんでした!

 原稿は酒と一緒にどこかへ飲まれました!
 ああ気持ちいい

【11/18】 気持ち良く。

 ここ2日くらいは原稿が書けてます。2日で23ページ。いや、正直それでもまだ遅すぎるんですが。
 このまま行くと間に合わない。確実に間に合わない。
 明日は会社の飲み会とかぬかしてるしな!
 行きたくないわけじゃないけど、正直何もこの時期に――とは思う


 文章をかーっと書いてると、集中した時に単語の出てくる量、表現の幅、文章の味付け、全部明らかに違うモードに入ります。車で言うとトップギア。
 そのモードになってくるともうハイテンションで、書いてても自分で気持ちが良くなる。そういう快感を文章に対して感じられる体質だからこそSS書きやってるんですが……

 ときには作業的にもなりますし、意に反した速度や結果ばかりを求められることもあります。
 が、それでも上手く行ってる時の快感を知っているからこそ続けるのですし、続けられる。
 できるだけ息苦しい状態には、追い込まれないようにしたいもんです。
 あと、時間は惜しいけど睡眠はきちんと取りませう。
 

【11/17】 執筆が鈍ると

 カレンダーを見るわけですよ。月でも曜日でもなくて、日付。17。
 これは月30日の中で、過半数な訳ですよ。それがどういうことか。

 じーっと3秒くらい見つめたら、すぐ原稿に取りかかれますね!
 


 そんな時期まで原稿を放っぽらかすなって話ですが。
 取りあえず我が室温が間もなく10.5度という挑戦的なゾーンなんですが、どこまでヒーター抜きで耐えられるか勝負の別れ道となってまいりましたよね。いやだって部屋が暖かくなったら寝ちゃうんですもの。
 まぁ今日ほど寒いと指の方が悴んで、ミスタイピングを続発させてしまう訳ですが。
 何事もほどほどが大事ね。

 奇跡が起きて原稿がぴゃーって進んで、冬コミまでの1ヶ月くらいを悠々自適に過ごすことがもしも出来るなら部屋の片づけをしたいです。今ちょっとファンキージャングルになってる。



※)なんか今更昨日の日記がアップ出来てなかったことに気付きました。
  ほんとFC2鯖たのむよ……いや私がねぼけて投稿完了画面を見たつもりになってただけか?
  うーん……

【11/15】 心臓が重い感じ

 っていう体調なので一回休みです

【11/14】 うーん

 最近FC2が重い……。
 昨日も書こうとして管理画面を開いたら「今重いから一昨日きやがれバーカ」と蹴飛ばされて結局そのまま寝落ちしてしまったとかいう……。

 ラジオ聴いていただいた方ほんとうにありがとうございました!
 正直今までで一番gdgdになっちゃったような気がしますがどうぞお気になさらず!
 だって僕は気にしないもの! (ぁ

 *

 明日もイベントがあるとか。
 福岡県は小倉にて大9州東方祭が開催されますが……穂積名堂が出てますので皆さんお越し下さい。
 一方東京ではお馴染みコミティアがあったりしまして、私の好きな絵師さんも結構出ておられるんですが残念なことに東京は割と遠かった。
 一方小倉も遠かった。
 したがって私は、鳥取で原稿片手に遊んでいるしかない。

 また電器店に並ぼうかなあ。
 いやハンディカムが安いんですよ(

 とりあえず一方の原稿は完成しましたっ。
 これから絵師さんに連絡をとばそうというところ。めちゃめちゃ遅くなってしまったので平謝りするしかない……こんなダメなSS書きでごめんなさい……うぐぐ
 

【11/12】 お久しぶりです。

 というわけで昨日はお察しの通り寝落ちでした。
 ここ2週間で3回目くらい? ちょっと最近嵩んでますね。
 まぶたの政情不安定です。
 情緒も不安定ですけど。

 気持ちの調整というか、家に帰ってきて一日張りつめていたテンションがぐてーっと下がってしまった後もう一度やる気をサルベージしてくるのが困難になってきている今日この頃です。
 眠くなったらそのまま寝てしまう勢い。
 しょうがないじゃない、眠いんだもの!

 家に帰ってからもう一回スイッチを入れ直せるくらい精神的に器用だと良いんですけどね!
 或いは、列車の中の片道一時間くらい原稿にきっちり集中出来ないものなのか反魂。

 

 さて、明日の予告をしておきましょうぞ。

■ふつおたラジオ。(第16回)
 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u

 11月13日(金) 23時30分~24時00分終了予定
 IRC:#反魂ラジオ
 番組てーま 
 『ジェイソンが来っぞ!!』

 
 というわけで定例の金曜夜ラジオ。もうそんな日ですよ!
 まぁ、13日の金曜日にラジオだなんて不吉な!!

【11/10】 いかん。

 なんのかんので今ひととき温暖を取り戻した日本ですが、私の胃腸にだけは寒気の余波が取り残されて栄養を蝕んでおりますね。
 直訳しておきます。
 腹が痛ひ。

 今ちょっと健康志向で部分的に自転車通へ切り替えているんですが、朝の冷気に当てられて腹痛が全盛期を迎える訳です。朝の例大祭というやつです。七転八倒しながら自転車漕いでる有り様で、正直健康志向も何もあったもんじゃないですよねぇ。
 とりあえずラッパのマークは飲みました。
 これで効果がないようであれば明日は蓬莱の薬飲む。
 さすがに効くだろうよ。



 そんなことより原稿なのでした。いかんいかん。
 あ、八重結界さんコメントありがとうございましたー……ものぐさこいている内に最新ページから漏れて行ってしまったので追記。直接お返しもしておきますが、それすらいつになるんだろう(ぁ

 明日は腹痛がおさまりますように

【11/9】 なんか久々にちゃんと日記を書く

 ちらっと書きましたが、原稿が忙しくなってくると度々一行日記の日々になっちゃうかもです。

 さておき、土曜日はお呼ばれして穂積名堂さんのラジオに出てました。
 番組テーマとしては「印刷会社さん選び」とかいう。実名をぽんぽん挙げつつ、印刷所選びのポイントや入稿までの流れ、気をつけるべき点などを大勢で話してみたのでした。びっくりするくらい真面目に。
 いいんですよ、普段は真面目が服を着て歩いているような人達ばかりですからね。
 いえ嘘です、そんな人は私だけですとも。ええ。

 まぁ実名を挙げてのトークは半ば身内話なので、話半分で聴いておいていただければと思いました。
 あとは……あの中では言いませんでしたが、地方に住んでおられる方だと地元の印刷所を当たってみるのもアリだと思いますです。期待通りの出来映えが出来るかは分かりませんし予算とも相談が必要ですが、同人書籍を印刷してくれるのは何も同人印刷の看板を掲げている工場だけではありません。
 近場にちょっと立派な印刷会社さんがあるようなら、ちらっと相談を持ちかけてみるのも面白いかもしれませんねー。十中八九印刷代が高いか、文庫や新書の印刷まで対応してないとかですが……orz
 でも、ひょっとしたら瓢箪から駒が出るかもしれませぬ。



 とりあえず私も、そろそろやることをやらねば。
 放送内でも言いましたが向こうは商売でこちらはお客なので、分からないことがあったらどんどん電話とかで遠慮無く聴いておかれたら良いと思います。都会在住の方で近場に印刷所があれば、実際に足を運んで担当の方とお話ししてみるのも良いかもしれません。
 ひょっとしたら装丁面や価格面で、思わぬ掘り出し話が聞けるかもしれませんよ!
 

 私? 私は鳥取在住なので、そんなお話とはとんと無縁だ!

【11/8】 一回休み

 です。
 原稿でばたばたしている間は、ちょっとこのパターンが増えちゃうかもです……努力しますorz

【11/7】 昨日はいきなり更新しませんでしたが

 大丈夫ですただ寝落ちしただけです。
 
 そして急ですが穂積名堂ラジオにゲストってきますのよ!
 23時00分から。
 http://std2.ladio.net:8150/hoduminadou.m3u

【11/5】 創想話感想(後編)とラジオ

 結局1話しか感想書けなかったお……
 いつか時間ができたらまた作品読んで、なんか書こうと思います。
 最後に残ったのが、今回思い入れの深かった作品でした。

■海をしらない彼女たち (2009年2月15日 作品集69 いこのさま
 
 終の刻へと向かう阿礼乙女と幻想郷の大妖に流れる一節の日。
 時代や世界、人間のそれぞれが必ず有す「果て」を、浮き彫りの形で描き出す瑞々しい作品。

 今回紹介する作品中、創想話では最も高い得点を採点した作品です。
 失礼ながら、海という要素は私にとってはあまり薫ってきませんでした。しかしながら、作者がこの物語で描き出そうとしたであろう阿礼乙女の姿は瞭然と伝わってくるものがありました。
 古風で些か気取った文章ながら、それが邪魔しない程度の筆致そして作品の雰囲気だったと思います。おみごと。



 ……というわけで今回3日、合計7作品を紹介させていただきました。
 すべての作者様に感謝を捧げつつ今回の企画は終了となります。


 
 そしていつも通りの告知をば。

■ふつおたラジオ。(第15回)
 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u

 11月6日(金) 23時30分~24時00分終了予定
 IRC:#反魂ラジオ
 番組てーま 『10秒メシを10秒で飲み干せる人は普通に隠し芸大会に出られるレベルだよね』
 
 なんか既に第15回まで来てしまいました。
 そして今回も真横に弟が居るので、ちょっとトーンを落としての声になるかと思いますがお許しを。
 一方3回目にして早くも幻のコーナーとなった最後5分の企画「小説駆け込み寺」も、ちゃんとネタを覚えてたらやる予定です。
 一応ネタはいくつかあるんだけど……本放送やってると忘れてしまうことがほとんど。
 それらのネタは、今までイベントで色んな人と話した内容の中から引っ張り出してきています。

 というわけで、またいつも通り30分でお送りします。
 お時間がありましたらお付き合いください。

【11/4】 イスタンブール

 うう……すみません、二回休みとさせていただきます……

 なんだか今日は一日体調がすぐれないままでした。季節の変わり目で体調崩すなんて情緒溢れることは未だに一度だってしたことがないのですが、人生で初めてそういう分かりやすい風邪を引きそうな気配。
 風邪ならいいけど、イではじまる片仮名7文字とかダメよダメだからね……

【11/3】 創想話作品レビューの筈でしたが

 昼間なまけたせいで夜になって修羅場と化し、時間が無くなってしまったので本日は一回休み。
 また明日か、下手すると明後日になるかもしれません。

 もしも楽しみにしてくださってた方があったら、本当にすみませんとしか。
 どれだけ歳を重ねても、時間の使い方が一向に上手くならない反魂でございます。

【11/2】 創想話作品レビュー(中編)

 なんか気温が下がった下がったと周囲が騒がしいですが、個人的にはこのくらいの温度がちょうど良いらしいです。頭が冴えるし、寒すぎるというわけじゃないし。
 現在室温11度。
 一桁まで落ちてくると、さすがにしんどくなってくる。

 基本的に暑がりなのです。
 寒くなってゆく季節にはかなり抵抗してるけど、暑くなってゆく季節にはあっさり白旗を揚げる性格。


 さて、創想話レビューの更なる3作品を。
 なんだかんだで読んだ直後にもう感想は書いているので、あとはそれを組み立て直すだけなんですが。
 いっぺんに公開しちゃうと一日でネタが尽きちゃうから、三日に分けて使用するこの効率の良さ!
 

親友以上、友達未満 (2009年10月7日 作品集88 パレットさま

 最近、あんた達って仲いいの?

 その一言に集約される霊夢と早苗の、ちょっと不思議で、大胆で繊細な距離感を綴った静かな作品。
 こうあれば素敵、という早苗・霊夢の少しあどけないやり取りが、後々に続いてゆく外野の野次馬(?)達の言葉と素直に結びついてゆきます。
 少しアイソレーションは感じちゃいますが、病的っぽさやベタベタした百合っぽさのない、なめらかで清冽な作品です。そのタイトルセンスも秀逸。幻想郷の巫女達の抄録として、早苗・霊夢好きには是非お勧めしたい一作です。


妹が増えました (2009年8月29日 作品集84 岩山更夜さま)
 
「わかったわよ! みんな可愛がってあげるから覚悟しなさい!」

 俗に言うハーレムエンドです。いや違いますけど。
 人類の夢を実現したフォーオブアカインドの物語。真っ直ぐ素直にぶつかってくるフランちゃん達の可愛さで御飯を四杯ばかり頂く物語です。何気なく背景部分で動き回る咲夜さんも、メインディッシュの付け合わせとして一人ボケ倒している……ような気もしますが。
 物語としては、もう一段オチがあればと思わされる雰囲気もあり……まぁ、それを込めた意味合いでの冒頭「ハーレムエンド」という表現でした。


春風の香霖堂 (2007年4月25日 作品集39 カプチーノさま)

 冷蔵庫の中にレティがみつしりと。

 今回の「過去作品レビュー」枠。豊富な蘊蓄を有したりハーレムったり褌ったりと八面六臂の霖之助が、ようやく創想話に出陣を始めた頃の話――かな?
 カプチーノ氏という作者さまは、かれこれ1年半くらい投稿されていないようですが、一時期霖之助をさくさく書かれる方として認識していた記憶が。

 ギャグものなのであまり多くは書けないのですが、無駄なことを書かない分非常にテンポが良く、すっきりとした作品。後半少し力業に入ってしまったところだけ残念でしたが、現在の霖之助のトレンドとはまた違った彼を楽しむことができる……かもしれません。

【11/1】 創想話作品レビュー(前編)

 この土日は家に缶詰して原稿とかやるつもりだったんだけど、気が付いてみたら缶詰して遊んでいただけのような気がする。
 おかしい。
 いやまて、日曜日はあとまだ3時間くらいあるぞ!
 まだ死んじゃ居ない! 諦めたらそこで試合終了だよ!
 


 さて。今日から三日間の特設コーナーで、創想話作品のレビューをお送りします。
 なんとも超久々ですよ。
 読書の秋ということでこういう企画ですね。嘘です綺麗にまとめようとして適当なこと言いました。

 新旧織り交ぜていますがご容赦。
 3作品ずつ、合計9作品をご紹介予定。



■□■かくれんぼ (2009年10月10日 作品集89 音羽さま
 
 紅魔館で繰り広げられる静かなゲーム。
 めいめい隠れた紅魔館のメンバーをフランドールが見つけてゆく内、
 マトリョーシカのように隠されていた真実が明るみになってゆく。

 こういう物語なのでもう少し伏線性が欲しいところもありましたが、あまり飾り立てなかったことで逆に素朴でもあり、その分メッセージ性は際立っていたのではないかと。
 深く考えず、静かに物語の世界に気分を移し読んでみましょう。
 すっきりとフランドールの心に共感して読み終えれば、切なくもすっきりとした読後感が残ると思います。


■□■米をかっ喰らう (2009年10月2日 作品集88 八重結界さま

 紅葉をひとひら添えた、一杯の白い御飯。

 秋という哀愁の季節を情緒感に変えて漂わせた、和のテイストあふれる一作。季節が過ぎゆく切なさ、散りゆく紅葉の切なさと同じ種類の「秋」という寂寥感を、神という存在に委ねて、心に直接伝え掛けられたような素敵な作品でした。
 多くの秋の恵みと、冬を前にやがて去ってゆく秋の季節を味わえます。この作品に描かれる秋静葉・穣子の二人に、四季の移ろいを投影して読んでみましょう。
 浮つくことのないしっとりとした気持ちで、残り短い秋を満喫できますよ!


■□■酒雨宿り (2009年4月27日 作品集74 ズッキーニさま)
 
 ただ袖が触れ合うだけのように出逢い、すれ違うだけのように別れてゆく短い時間を切り取った物語。
 雨宿りに佇む阿求の描写は、幻想郷の風景から淡色の水彩画で切り取ったように叙情的です。

 読書、という実感を色濃く感じられる作品。心静かに、穏やかな読書の秋を過ごさせて頂きました。
 非常に短く、また何事も大切なことは起こらない作品ですが、静かな部屋で一人読むには最適。堅調な文章ですが柔らかみを失わず、ちょうど良い匙加減が短い読書時間のお供にはぴったりだと思います。

 薄い小糠雨の音なき音が聞こえてきそうな、風趣あふれる物語をここにおすすめ。

【10/31】 起床!

 現在日曜日の朝10時!
 なお昨日眠りに就いた瞬間のことはまったく覚えていない!

 いけないなあ。身体が疲れている。
 書かなければいけないものは沢山あるのですが。
 
 そういえば今後の予定なんぞ。
 11月の大型イベントは不敗小町SPと崇敬祭がありますが、どちらも都合が悪いので不参加となりそうです。都合が良ければ参加したんかい! とか突っ込まれそうですが。
 不敗小町は地区の文化祭とかいうローカルな理由でボツ。
 崇敬祭は、多分京都の紅葉の全盛期とバッティングするので俺は京都を優先するぜ!

 そんな具合です。
 さてやることをやらないと。今日が終わってしまったら大変なことになる! 
リンク
プロフィール

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。