スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【8/31】 ここ数日

 
 FC2がやたら重い。昨日は更新できませんでした。
 この日記も現在冒頭を書いている段階では、
 果たして日の目を見ることが出来るのかどうか杳として知れません。

 ◆

 さて。
 8月終了のお触れには、原稿の不出来がよく似合う。(ドヤ

 大型イベントの後処理とその気疲れの間に過ぎ去った8月後半ですが、
 ここはリフレッシュ期間だったと割り切ることにします。
 そろそろ次の何かしらに向けて、本格的にイグニッションを回していきます。

 後から後からイベントが押し寄せてくる今後数ヶ月、
 ここからの暗躍に乞うご期待ですよー。
 だれだ暗転って言ったやつは。大丈夫、転げる時はいつも前のめりに。
 
 ◆

 しかし先立つものが必要というわけで? 今日はちょっと早めに休みます。
 寝不足は身体を軋ませると同時に心を軋ませる。
 重い瞼で良い小説は書けません。一日を一日分の価値で積み重ねていくために、
 日々体調には細心の注意を払っていきまっしょい。

 さもないと、またストレスばかり借金する生活になってしまいますので。
 そーゆう生活してきた8月は、泣いても笑っても今日で終わるわけですから。
 
 
 
 追記 サイトを微更新しました
スポンサーサイト

【8/29】 サライを聴くと

 
 夏が終わっていくなーと感じますよね <そんな24時間テレビの楽しみ方

 無事に土日が終わりました。無事に何もできてません。
 いやちょっと作業はしたんですが、達成感を覚えるレベルではない。

 とりあえず部屋の掃除に着手しようと思ってたのに、これはどうしたことだ?
 桜庭の「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」のコミカライズ版を読んでたら
 土日が終わっただと……?

 藻屑が蝶かわいかったのでそれだけで満足です。
 作品は小説で読めば良いと思う。

 ◆

 リサイクルショップに出掛けたところ高さ180センチ・幅110センチの
 二列可動式本棚があって10分ほど秋波を送ってきたのですが、
 そんなもの買ってどこに置くのかという。
 親にそれとなく告げたら「これ以上本を増やそうってのかボケェ!」と言われ
 「もう増えとるから買おうとしとるんじゃワレェ!」と言い返したら
 ぶっ飛ばされました。事実なのにー。

 一番冊数と本棚が釣り合ってないのは同人誌。まずこれをどうするか。
 次は文庫。その次に……えーっと、かんなぎとか喰霊とか、多くのコミックが
 採用してるあのサイズ。大判? ちがうか。とにかくあれです。

 まっ、本棚を買ってきたところでそれをどこに置くか悩まなければならず、
 そもそも半世紀クラスに古い家の2階なので、本を満載した書架を
 下手なところに置くと地味に猜疑心が芽生えるのでした。
 夢と欲望が詰まった大量の本によるドッスン攻撃とか、家族の命が危ない。
 さすがに大丈夫だとは思いますけども。



 そんなこんなでした。
 さて今週はそろそろ、なんぞを本格的に始動させなければなりますまい。
 というかもう既にイレギュラーな日程になってるんですけども。
 ほんと紅楼夢が10月に動いたのは鬱陶しいんだよなー。でもまだ何とかなる。
 

【8/28】 今日は何もないです

 
 寝ますー。
 

【8/27】 コミケ申込み終わりました。

 
 金曜日23時30分とか例のアレの時間だったのですが、
 コミケ申込みでとてもそんな余裕がありませんでした……
 無事完了出来たようなので、もう安心してます。多分だいじょうぶ。

 穴開けるのもしゃくなので、
 24時50分から30分ほど、のんびりゲリラ的にラジオってみます。
 今日はそんなこんなで予定も何も決めてないので、ほんとのんびりやります。
 眠い方はどうぞお休みになって! お身体の方が大事ですので!

 ラジオ(第45回)
 8月27日(金) 24時50分~25時20分終了予定
 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u (配信URL)
 http://www.cometeo.com/room/mdCzyBll/ (ブラウザチャット)

【8/26】 今日も帰宅したら21時半

 
 サークルcutだけ仮完成させましたが明日も5時半起き出社なのでタイムアウト

 ここ数ヶ月の生活はもう心折れそうです……愚痴ってすみませんけども……
 

【8/25】 忙しすぎます

 
 やらなきゃいけないことが山ほどあるのに、睡眠時間が足りてない。
 明日はほんと定時で帰らせてもらおうかしら……
 最近1.5~2時間はサービス残業しとかないといけないみたいな
 誰も見てない滅私奉公の素振りが、益体もなく確実に自分の首を絞めてるので。

 そんなリアル話が出てしまうのは、余裕が無くなってる証拠……
 明日明後日はほんと自分の時間を作りたいです。
 

【8/24】 なんぞ某所で

 
 同人誌は利益になるか? なんて話をしてたらしいことに今気づいたのですが。

 なるかならないかで言えば、原価と価格がある以上はBEPがあって
 そこの前後で黒字も赤字も存在する――としか言い様がありません。
 実態はどうなの? と言われたら、大体あのスレの通りであってると思います。

 しかし、スレでは出てこなかった部分について作り手側から指摘しておくと、
 敢えて同人誌を選ぶ理由として「本」に対する憧れを抜きにしては語れません。



 黒字赤字ってのは、同人誌の実際的な運営面を支えてる側面であり、
 作り手からすればいわば、作るべきもの作った後で考えれば事足りる話。
 全員がそうだとは断言できませんが、大抵の書き手の価値観はそんなんです。
 同人誌の根底にあるのはやはり、自分の作品が「本」になることへの憧れ。

 そして、その「本」という舞台でどこまでやるか――
 突き詰めていくと、割と止め処なくて果てしなくて。
 ゆめかばんや四面楚歌などのように、本そのものを作り込む人が居るし、
 究極の物語を載せた渾身の一冊を夢見て今日もメモ帳に勤しむ書き手が居る。

 本に親しみ本と友達になって大人になった人も居るし、
 この自信作は是非本にしたい、と意気込んで本作りの第一歩を踏み出した人も
 広い界隈には沢山いるはず。
 その両方をひっくるめて、「本への憧れ」なのです。
 
 意気込む方向は様々。
 お金の面で利益を出したいなら、その気でやればいずれ出せるでしょう。
 ただ、同人誌を作るのはとても大変で、やることも緊張することも沢山あって、
 そのモチベーションはお金だけで下支えできるものじゃ決してないってことだけ
 一応作り手としてお断りしておきます。

 ◆ 

 そいえば。
 創想話から同人誌の畑に移った人は多いですが、そんなこんなの同じ理由で、
 たぶん一人として創想話<同人誌なんて考えちゃおりません。
 むしろ本を作るようになってから、創想話の存在価値を強烈に実感する人も
 多いんじゃないでしょうか。その感情については、詳述はしませんが。

 身内ではずっと言ってきたことですが、創想話は本当に恵まれた楽園ですよ。
 あんな場所はなかなか成立しないんです。
 創想話から同人誌に移った書き手の多くは、多分同じ実感を持ってると思います。
 

【8/23】 拍手レスの日

 
 ここ最近全然お返事してなかったんですが拍手ちょくちょくいただいてました
 すみません物臭で……

■ドロワ合同誌発刊おめでとうございますのご挨拶に伺ったはずが、
 興味深いエントリーがあったのでついこちらに反応してしまう。
 宮崎駿のこの言葉が金言であることは疑いようもありませぬ。
 特にリンク先のインタビュー記事部分二段目一節には大変共感です。
 ファンタジーに限らず世界に没入して初めて見えるものがあるよなあ、と
 再認識致しました。佳いものを教えていただきましてありがとうございます
 夏居


 身を引き締められる言葉ですが、それを実践する難しさに悶える今日この頃。
 宮崎駿にそこまで言ってもらえた記者の方はほんと幸せだよなー、などと
 思ってしまうのも私が信者だから故でしょうが。コメントありがとうございます!

 ドロワ合同云々とおっしゃっていただいてる時点でいつの拍手なのかって話です
 遅くなって本当にすみません

■サマウォよかった。映画版より大分省略されているみたいですね見たかった

 twitterで見てたら、結構色んな場面が省略されてたみたいですね。
 それを抜きにしても2時間ぜんぶテレビに張りつくことができなかったので、
 今度TSUTAYAさんにでもお世話になろうかと思ってます。

■反魂さんはまたアクシデントを起こすんじゃないかとはらはらしてます 影夢桜

 起こしました (←郵便局のATMを破壊した人
 そろそろ安定した人生を送りたいです

 ◆

 何個か消えちゃった拍手があったような無かったような……
 特にサイトの方へお寄せ頂いたのはマジでロストしてないか心配です
 すみません本当に……

 あ、そうだサイト改装しとかないといけないんだ……



 


【コミケレポ】
 http://hiedanohangon.blog41.fc2.com/blog-entry-572.html
【夏コミ新刊委託中】


   

【8/22】 ひとつずつこなしていくよ。

 
 昨日は思い切り更新を忘れておりましたので、
 今日はこの土日にやったことをまとめてご紹介しましょう。


(1)メロンブックスでお買い物しました。

 100821.jpg

 コミケで売り切れ喰らった四面楚歌とロマンチック・メロウの新刊。
 ところで今一発変換したらロマンチック・女郎とか出たんですが、
 きずなさんこのサークル名の由来はもしや(違うと思います
 
 真ん中のは、身内でも一時この話題で持ちきりとなっていた飛び出す絵本
 今日はちょっと暇がなかったので未開封ですが、早く開けてみたい一冊です。
 
 実はこれに加えてごるぺどさんの総集編も買おうと思ってましたが、
 ラインナップを見たら割とほとんど所蔵してるっぽかったので……。
 

(2)そうめんが流されていくところに行ってきました。

 100822.jpg

 納涼に見えますが現地はくそ暑かったです……
 

 
(3)郵便局のATMをしました 
 いえ……その、コミケで蓄積した小銭を一旦口座に移そうと
 ATMに硬貨を大量に投入したら喉つまらせちゃったみたいで……
 
 あとで直ったみたいだから良いですよね てへっ
 だって硬貨は百枚までOKって書いてあったし……
 
 ◆

 そんなこんなで元気に過ごしていた週末でした。
 そろそろ涼しくなると良いですね。
 
 
 
 


【コミケレポ】
 http://hiedanohangon.blog41.fc2.com/blog-entry-572.html
【夏コミ新刊委託中】


  

【8/20】 やりたいことだらけ

 
 めくるめく土日! ……の前に、ラジオお聴き下さった方ありがとうございます。
 放送内で告知した通り、明日は岡山にコミケ4日目へ出掛けてこようと思います。

 今日は仕事で手が空いた時間に紅楼夢までの時間をシミュレートしてたのですが、
 考えれば考えるほど一刻の猶予もありません。
 この間までコミケで浮かれていたのに、八月は少々気が早い。

 反省材料ならすでに沢山思いついています。
 他人に指摘されるまでもなく、今回の作品にもやはり反省点が多い。
 それをひとつずつ改善していこうと思います。

 ◆

 この夏は、実力も無いのに熟練者ぶってみたりしていたので、
 今度は等身大で肩の力を抜いた作品を作りたいところ。
 その一歩目が紅楼夢で、二歩目が冬コミになるといった感じでしょうか。
 そして例大祭で、心底面白いと思える何かを作りだそうとしている現状。
 今は、「同人誌」を作っているという感覚を取り戻したいと足掻いています。
  
 まだ少し冷静になりきれてないのも事実。
 その一方で、周りに急かされて次の物語へと焦っているのも事実。
 一歩間違えば夏コミの轍をまたぞろ踏むことになりかねませんが、
 気負いではなく気合いを入れて臨んでいきます。
 心身ととのえて、もう一度昔の自分に戻れたらなーと思うところ。
 




【コミケレポ】
 http://hiedanohangon.blog41.fc2.com/blog-entry-572.html
【夏コミ新刊委託中】


  

【8/19】 明日で一息。

 
 コミケのみならずその直後の地元のお祭りまで個人的な用件で加わっており、
 この一週間は怒濤でした。体調はまったく戻っていません。
 土日がありがたい……しかしやることは沢山あるんですよね。
 コミケの片付けとかコミケの準備とか、新作やったり新刊読んだり。
 ああ忙しい。

 明日はラジオの日。一応準備はしておりますが、コミケの話とは限りません。
 というのも実は穂積名堂の方から……ゴニョゴニョ
 何がどうなるかはさておき、準備はしてます。

 ラジオ(第44回)
 8月20日(金) 23時30分~24時00分終了予定
 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u (配信URL)
 http://www.cometeo.com/room/mdCzyBll/ (ブラウザチャット)




【コミケレポ】
 http://hiedanohangon.blog41.fc2.com/blog-entry-572.html
【夏コミ新刊委託中】


  

【8/18】 夏コミレポですよー!

 
 万端の準備を整えて自宅を出発した三分後には、
 既刊を取りに自室へとんぼ返りしてました。
 取りに戻れる間は、忘れ物を忘れ物とは呼ばないのです。
 そんなわけで夏コミレポ。




【1日目】

 新幹線のホームで行儀悪いお姉ちゃんが駅員に怒鳴られてるのを見て、
 コミケ兵士達はよく訓練されてるよなあ――と実感。
 前夜が夜更かしのため、睡魔にまかせてまったりとのぞみ号に揺られる。

 ビッグサイトに到着のあとはtyapi君と合流、
 翔菜さん達の買い物を極めて手際よく(※重要)こなし、
 ピクシブの画集やなのはグッズなどを落ち穂拾いして一旦退却。

 向かった先は、浜松町の郵便局。
 局留め小包で、カバーを巻き終えた新刊を自宅から送っていたのです。

 この日のために買ったキャリアーで17kgのデカブツと共に会場へ折り返し、
 参加3年目で初体験の前日搬入を敢行。貴重な体験となりました。
 暑かったです。暑かったです。
 予定を変更して、段ボールを置くだけでそそくさと退散。多分空調切れてた。
 tyapi君に手伝ってもらい、会場搬入分のカバー巻きをやる予定でしたが……。

 ◆
 
 はてさて。ここまでは淡々と進行していきました。
 一部人気グッズを諦めれば午後からでも楽しめる企業ブース巡りの平和さも、
 つつがなく終わった前日搬入も、何ら波風を感じない穏やかなもの。
 このまま行ってれば良かった。
 とてもコミケ慣れした人だと高く評価される自信すらあったのに。
 それが、あんな悲劇に……。

 ◆

 バスで浜松町へ戻り、山手線に乗って浅草へ。
 豆蔵さん近藤さん弥生さん日間さん雨虎さんが待つ浅草の宿は今回2回目、
 もはや道に迷う心配もない安心の宿です。
 有明まで都合2往復してしまったので、時間はもう20時近く。
 当然のように各駅停車していく山手線にやきもきしながら、
 浅草駅の到着を今や遅しと待ち侘びる反魂――

車内「間もなく上野、上野です――」
 
 ……えらく長いなあ。あと何駅くらいだっけ。

 確かもうちょい先だったなーと思いつつ路線図を追いかけた視線が、
 一周して上野の二文字に戻ってくるまで時間は掛かりませんでした。
 ついでにもう一周、視線で辿る山手線の旅。
 結果は変わらない。

反「……浅草駅ってどこ??」

 驚愕の真実。なんと山手線に浅草駅は「無い」!
 東京の地名として世に聞こえた浅草を、
 まさか山手線ともあろうものが取り揃えていないとは笑止千万。
 そんな品揃えの悪さでよく東京のインフラを牛耳っているものだな山手線!
 ナハハハ片腹痛いわ!

 ……大慌てで上野で下車し、秋葉原駅へ引き返して辛くもつくばエクスプレスへ。
 長い地下通路に「そういえば前もこんな場所を歩いたような」と思い出すも
 当然のごとく遅かりし由良の助。
 宿に到着したらすごく怒られました。

近藤「遅い。とても遅い」

 すみません。
 おいおいまったく誰だよ、私の腕時計を21時近くまで進めたのは。困るなあ。

 夕食はなんかデ○ーズで、けい○ん!のデザートとか食べてました。






【2日目】


 はてさて翌朝。
 
 反魂さんが寝坊したぞ! と近藤さんに言い張られますが、
 同じタイミングで目は覚めてました。私が言うんだから間違い無い。
 トラブルの神に愛された不運な私ですが、寝坊は今まで一回も無いのです。
 実はしっかり者さんなのですよきっと。

 ですから、有明の藤村さんに小一時間待ちぼうけを食らわしたのも想定の範囲n
 ……ごめんなさいごめんなさいごめんなさい! 藤村さん本当にごめんなさい!
 朝6時30分に宿を出発、長い鉄道網をなぞって戦地への照準を定めたのですが、
 ちょっと東京って想像以上に長かったもので……。

 続いて合流したtyapi君に早速神主列への出征を頼み込み、こちらは準備無双。
 すると、続々来られる挨拶の方々。皆さん、準備が万端になるのが早いですね……
 始動の早い東雲さん雨虎さん久樹さん、Takuさん美鈴さん零四季さんとご挨拶。
 東雲さんとはちょっとしたことをお話ししたり、
 久樹さんのページが思った以上に美麗でびっくりしたり、
 大崎屋さんにもらった制汗ティッシュで顔を拭いたら冷たすぎて痛かったり。

 鳥居ぬえさんに行列の道連れへ誘われましたが涙を呑んでノーを返してみたり、
 新刊イラストを描いて下さったKAZUさんの襲来にすら「待って!」と慌てたり。
 兎沢さんが来られた折には新刊のタイトルを絶賛したり(素敵なのですよー)、
 中雑魚にはそういえばうっかりパルスィ合同を頂き忘れてたり、
 めりとさんの新刊で折り返しの文字の大きさに驚愕したり(自分でバラした)

 書き出してみるとあっさりしてますが、
 これだけ沢山の方が来られたらさすがに何も出来ません。
 嬉しくて舞い上がってる内にシャッターが閉まって、
 あれれ? と思った頃には開場直前でした。

 これはいかん!
 全鳥取砂丘のPOPと前夜夕食後に宿で書いた手書きのあらすじボードを机に並べ、
 せっかくの合同申し込みブースだからと例のアレを敢行。

 
 merobu.jpg



 ……メ○ン○ックス積みだ!
 
 なんて馬鹿なことしてるから余計時間が無くなる。
 行ける所だけでも行っておこうと、
 ひとまずカル缶で七桃さん・サーシスさん・Nさんにご挨拶。
 七桃さんには桃をプレゼント。
 今回は分厚くて大変だった、とサーシスさんに言われたので
 「いやあ百ページの同人誌ならいっぱいあるじゃないですか!」
 と言ったら怒られました(当然)
 それからあさつき堂に行った豆蔵さんに、最初で最後のエール。
 嗚呼……元気な豆蔵さんを見たのは、この日これが最後でした。

 そして開場ぱちぱち。

 夏の暑さに負けないエネルギッシュな人波が押し寄せ、
 開始直後から驚くほど手にとってもらえました。嬉しいですが天手古舞い。
 苦労して積み上げた東京スカイツリーが瞬く間に低くなるので、
 遺憾ながら売り子しつつカバー巻きという、何だかぐだぐだの状態に。
 遺憾でした。

 時計の針が進んでも人波は絶えることなく、
 いつもなら小康状態に戻る12時前になって人足はなぜか逆に加速。
 絶対売り切れる筈のなかった量が、12時過ぎの時点でよもやの完売という結末。
 ……改めてありがとうございました。
 何よりイラストの効果であり、穂積名堂との合同である相乗効果であり、
 会場にお越しの同好の士が純粋に多かったせいであり――
 間違いなく自分ひとりの理由ではないのですが、純粋に嬉しかったです。

 さてその間にも色々な出逢いがありました。何人かに有り難い差し入れを頂き、
 riversideさんには素敵な阿求さんのイラスト色紙を頂いたり、
 銀さんに説教されたり、この後打ち上げでもご一緒するdesoさんが来て下さったり、
 鳥居ぬえさんがもっかい来てくださったので新刊押しつけたり、
 はね~~さんに「初対面!」と言われたけど多分2か3回目くらいじゃないかな?
 ドロワ合同でご一緒した和紀さん、(お隣の)じろーさんなどにご挨拶したり。

 完売以外にも嬉しいニュース盛り沢山で、幸せな限りでした。
 その幸せをパイプ椅子に凭れて存分に噛み締めて(※休憩とも言う)、
 一段落つけたところで近藤さんと一緒に、今度はこちらからの挨拶ツアー。
 
 ◆

 四面楚歌。居ない。ロマンチックメロウ。売り切れ。
 大盛り上がりのコミケが乗り移ったように各所でエラーステータスが続出。
 きずなさんの浴衣はナイスアイディアかもしれませんが、暑いのは暑いですよね。
 サークル名と作る本が一致してるよなーと思わせるような、
 幻想的で楽しみな本を作られたのはゆめかばんのA-20さん。
 続く赤色バニラにはうにかたさんだけ座っており、
 おおーくまさんが居ないな! と思ったら横から戻ってこられました。
 心拍数が上がりました。いえ別に他意はありませんが。

 さてゆめかばん、赤色バニラ……皆さん、どうして新刊を2冊ずつ作るの?
 ……などと思って次に挨拶へ行った仮面の男さんのところでは、見事新刊は一冊!
 「いやー今回の本薄いっすね!」と、近藤さん共々ご挨拶。
 ほら、珍しく400ページちょっとしかありませんでしたので。
 
 永劫残夢の3冊分くらいありますねこれ。

 そして、次の挨拶先。
 事件が起きたのはここでした。

 俄雨さんの場所を探して、私と近藤さんは歩いていた。
 ブースの番地で見つけたのは、しかし俄雨さんではなく死んだお魚さん。
 失礼極まりない話ですが、その形容があれほど当てはまる顔を見たことがない。

反「俄雨さん、どうかされましたか」
俄「あああああ売り子代わってください」

 どーんと任せたらんかーい!
 ……え?

 いやー売り子の凡用さんが出かけたっきり戻ってこないんですよ!
 という説明を端的に終えた暁には、その姿が男子トイレへ消えていきました。
 茫然と見送る反魂・近藤組。
 小さくなっていく背中を見つめながら、自陣から遠く離れてぽつり佇む。

 なんとなくツイートしてみるのでした。

◇hangon_sosowa
  俄雨さん俄雨なう


 ほんと、我ながらこれは大ヒットだと思うんですがどうでしょう!
 ど下ネタですが。

 晴れやかな笑顔の俄雨さんが復帰するのと凡用さんが帰参するのは
 ほぼ同時でした、というオチまでついて、
 俄雨さん・近藤さんと別れた私は引き続きご挨拶めぐり。

 荒御霊では和泉さんが死んでました。
 既刊等が数種類あるところに新刊がでかいので、陳列が大変そうです。
 梶迫さんはそれよりももっと大変そうで、
 相変らずすごい作業量にはお疲れ様の一言しか出ません。
 そのお隣、お名前はかねがね伺っていたハムさんと初対面のご挨拶もこの折に。

 更に大樹きのさん。今振り返ってみると、久樹さんの表紙以外では
 この度のイベントで私が手に入れた、最初で最後の阿求本……ううう。
 次にようやく鼠さんmokiさんと、この東京旅行で意外にも初のご対面。
 ここ最近は嫌というほど顔を合わせていたのに。

 そしてブースへ戻り、今度は留守中に来られた方を伝え聞く。
 ななつめさん。すれ違ってしまいました……。
 ねじ巻きウーパールーパーさん。こちらは、初対面ならず……。
 そして似た名前の方がおられるので確定できないのですが
 ソラさん、とお聞きしたのは恐らく空十雲さんではないかと思います。
 例大祭かどこかでもすれ違ってしまっており、臍を噛んで悔しがっても遅い。

 どの方も初対面・長くご対面出来てないという方々ばっかりで、
 ぜひとも一目お会いしたかったのですが……無念です。

 今回加えてすももさん、くまださんといった、恋まりでお世話になった方々に
 ご挨拶したいと思いながら出来ずじまいに終わり、
 SS界隈でもかもねぎさんなど会えなかった方が続出、
 それどころか古い身内ですらktさん・人比良さんと逢えずじまいなど、
 各所で不義理をはたらいてしまいました。
 無念が多かったです。ほんとに申し訳ありません。

 大元を辿ると自分の準備不足が招いた災いであり、
 次は余裕をもって皆様にご挨拶できればと思います。

 そんなこんな、てんやわんや師匠のコミケがこれにて閉会。
 tyapi君に手伝ってもらってブースの片づけはあっさり終わりましたが、
 あさつき堂の片付けに奔走した豆蔵さんが戻ってくるまでに
 それから1時間の尊い犠牲を要したのでした。
 
 事前搬入も始まったブース位置で、ぼけーっと待っていても手持ち無沙汰。
 やることといったら乱雑に投げられていくチラシの整理整頓くらいしかなく、
 ソ-56ブロックだけチラシの束が異様にきちんと置かれている謎の光景に。
 三日目に来られた方はきっと驚くに違いない。

 ◆

 さて、コミケ2.5日目。
 お約束のサタデーナイトフィーバー。

 「有楽町で逢いましょう」を合い言葉に、
 一同肩で風を切り、華の銀座のド真ん中へ繰り出しました。

 かつて近藤さんによる肉強奪の悲劇が繰り広げられた通称「永遠亭」。
 3年ぶりとなる因縁の地で、15人規模のパーティータイムです。

 ここで悩み所は、参加者のフルメンバーが今ひとつ正確に思い出せないこと。
 めりとさんA-20さんとそれぞれのデザインなどご担当の方、
 mokiさん雨虎さん近藤さん仮面の男さんdesoさん豆蔵さんriversideさん日間さん
 弥生さん美鈴さん……あと一人か二人おられたような気がするけど気のせいかしら……?

 まあ、そんなメンツでした。
 要は近藤さんが居ることが重要です。


店員「お待たせしました、こちらサーロインの鉄板なんちゃらかんちゃら」
近藤「

 
 メニューですが、残念ながら肉がやって来てしまいました。
 疲れ果てた打ち上げくらいつつがなく終われば良かったものを、
 例の京都の人がまた肉を奪いに来て、
 日間さんが「やめろこの野郎」と聞いたこともないような低い叫びで反応、
 五つの難題カクテルを呑んだ藤村さんは健闘むなしくお星様になり、
 日間さんは今度は隣のルームの幼女に向かって手を振ってたり、
 女性店員さんに「皆さんもしかしてコミケ帰り? 私も行きたかったんですー!!」
 ついでに店員さんは巫女装束デーということで眼福×2――などなど。

 豆蔵さんのご活躍とセール期間で安価になったお料理も楽しめ、
 某肉泥棒以外はつつがなく打ち上げを終えたのでした。

 あの京都人はそろそろ鯉の餌にでもしたら良いと思う。

 




【3日目】

 何もしませんでした。(ぁ
 最後は弥生さんとコインロッカーを探して秋葉原をひたすら歩くなど。

 ラスト30分でソフマ入って、涼みがてら気づいたら
 「my soul, your beats!」のシングルを買ってました。

 クソッ。東京は暑く、そして熱かった――

 おわり。




【おまとめ】

 ……そんなこんなで、今回のコミケもフルコースメニューがすべて終了。
 過ぎてしまえばあっという間。
 鳥取到着までまったく何事も起きなかった帰路の平和さも、
 その前夜、宿で過ごした最後の夜に繰り広げた未来に向かうお話も。

 どれもこれも、次のコミケに向かっていくことでしょう。
 どうもおつかれさまでした。


 コミケを振り返ると、あの机の上に完売の札を掲げることが出来たのは
 やはり夢のようです。嬉しさもあり、同時にその札を睥睨して去っていく方々に
 言い知れぬ申し訳なさを感じました。
 完売が嬉しいのか、時間いっぱい新刊をお届け出来る方が嬉しいのか――
 難しいですね。

 とりあえず、沢山の本が誰かの手へと嫁いだことは間違いありません。
 誰かのところで、お気に入りの一冊になってくれることを願うばかりです。

 一方、ご挨拶の方も不満いっぱい。
 お逢い出来なかった方が本当に多かった。
 新刊(盤)だけいただいてしまったり、差し入れだけいただいてしまったり、
 もう本当に申し訳ない限りです。

 遠隔の地に住み、イベントでしか言葉を交わせない訳ですから、
 この機会をもっと大切に使えるよう、自分でも努力します。
 そして、天佑神助で神さまの巡り合わせにも次回お祈りしておきましょう。
 また楽しみにしています。

 様々なイベントが、カレンダーを所狭しと席巻していく下半期。
 作り手としては大変な季節に突入しますが、
 今回の反省を取り返す機会となるでしょう。

 ひとまずしばらくはゆっくり休み、
 充電した分で次の創作物に取りかかっていこうと思います。
 暑いコミケでしたが皆様、本当におつかれさまでした。

 最後に、会場でお逢いしたすべての皆様。
 当日は本当に、どうもありがとうございました! 
  
 
 

【8/17】 ざんねん!

 
 
 反魂のなつやすみは ここで終わってしまった!


 
 というわけで明日から従来の生活に戻ります。
 お部屋の片付けするとか言ってたけど、すまん、ありゃ嘘だ。(ぁ

 あとレポは書き上がっているのですが、推敲とかがまだなので明日掲載します。
 ふつうレポに推敲は要らないんですが、こりゃまあ俗に言う職業病で。

 ◆

 それから、新作SS「モノクローム・バイバイ」を投稿しました。
▽Pixiv
 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=30372
▽創想話
 http://coolier.sytes.net:8080/sosowa/ssw_l/?mode=read&key=1281637958&log=122

 細部が微妙に違いますが、まあ読みやすい方でどうぞ。
 秘封倶楽部の短編です。

 ◆

 文章については最近でも色々考えるところがあって、
 答えを求めているというよりは常に反省を求めているといった具合。
 日によって理想とする文章が変わって見えるのは未熟の証拠。
 夏コミの本にくらべると、上の作品はだいぶ肩の力を抜いて書いてます。

 反魂蝶が重々しくなったので、次の本ではもう少し、
 文章含めてポップな路線の物語を書いてみたいなーと思っています。
 まだまだ遠い先の話ですが。
 冬コミまであと4ヶ月? ハハハ、そんなばかな。

 そいえば明日明後日で、冬コミ申込み関連をあれこれこなしておかなければ。




【夏コミ新刊委託中】



【8/16】 夏コミおつかれさまでした

 
 昨日は帰宅するなりぐったり眠りこけ、今日は今日で別用があり丸一日つぶれて。
 やりたいことだけは沢山あるなー。

 ◆

 改めてコミケおつかれさまでした。
 十全な数を持って行ったはずの新刊が正午すぎに完売するという奇跡に遭い、
 正直それが未だに信じられません。
 暑すぎない天候に恵まれて好調な来場者数だったようですが、
 それにつけても幸せこの上ない結果。心からありがとうございます。
 
 新刊ですが、メロンブックス様で早速委託が始まっております。

 情報によれば、秋葉原では店頭にも並べていただいているようです。
 よろしくお願いします。

 ◆

 さて、レポはまた明日にでも。
 今日はその「別用」で疲れ果てているので、寝まする。
 
 
 

【8/12~15】 イベント情報(最終更新)

 
 それでは明日の朝から、暑い夏の旅に出掛けてきます。
 現地でお逢い出来る方、当日はどうぞよろしくお願いします!

 ◆

 改めて新刊情報。
 二日目(8月14日)東6ホール ソ-56a「しばらくは反魂。」ブースにて、
 新刊を発表します。

 

 

 ストーリー紹介はこの日記の最後尾に掲載しました。
 その他情報はこちらの告知サイトにてまとめております。
 文庫判244Pで会場頒布1,000円、翌日か翌々日には委託も開始見込みです。
 今回はメロンブックス様専売です。URLが出来次第こちらに掲載しますので!

 また、当日は以下の既刊も取り扱います。
○鼎(09冬コミ 星蓮船小説本) 700円
○鈴蘭が咲いた丘(10例大祭 メディ・鈴仙小説本) 900円
○fairy-tales,(09紅楼夢 サークル「ほりごたつ」委託 三月精小説本) 700円

 ◆

 それから、応援告知。
 このたび表紙イラストでお世話になったKAZUさんですが、
 同じく夏コミでフルカラーイラスト集を出されます!
 http://mosoz.web.fc2.com/

 これは楽しみすぎるでしょう!
 というわけで絶賛応援中です。誰より私が楽しみにしてる。

 ◆
 
 さてはて、当日はどうぞよろしくお願いしますー!
 それでは、15日まで日記更新はお休みです。


 
■ 新刊STORY ■ (告知サイトから)

最愛の祖父と剣を交えて、最後にはその首を刎ねてしまう――
妖夢は夜な夜な、不思議な悪夢にうなされていた。

ある朝、その夢を正夢に変えるかのように、突如魂魄妖忌が妖夢達の元に帰参する。
春の盛りの白玉楼に、唐突に戻ってきた束の間の団欒。
久しぶりの祖父の姿に妖夢は、しかし言い知れない不安と違和感を覚えていた。



「幽々子どのは間もなく、この世から消えて居なくなるだろう」
「妖夢。幽々子どのは、どうすれば幸せに死ねると思うかね?」

愛する祖父に告げられた、衝撃的な事実。
動揺する妖夢を叱るように、妖忌は孫娘へと一太刀を振り下ろしてみせた。
「その白楼剣は、迷いを斬る剣。――妖夢、幽々子どのを斬り、現世に残す未練から彼女を解き放て」



幽々子を幸せに冥途へと見送るため、魂魄一族に与えられた「斬る」という宿命。
何故か妖夢に執拗に刃を向け、斬り結ぼうとする祖父・魂魄妖忌。
「勝った方が幽々子どのを最後にお見送りするのだ」と話し孫娘に刃を向ける彼の、
言葉と裏腹に隠された本当の意図とは。
七十五年前から抱え続けた、西行寺幽々子を「斬れなかった」理由とは、何だったのか。



いかなる選択を辿っても、愛する誰かを斬らずにはいられないと悟った妖夢。
残酷な定めに翻弄された彼女が、最後に自らの宿命に抗った手段とは――。



【最後に:謎の告知サイトを見てみる】
 

【8/11】 告知サイトにあらすじを追加しました。

 
 http://hangon.karakasa.com/archive/c78kokuchi.htm
 
 ↑ご覧になっての通り、逃げも隠れもしないシリアスストーリーです。
 少々力が入りすぎてしまって、執筆の間に相当消耗しました。
 思い入れが強すぎれば疲れてしまう、と鼎の時学んだはずなんですが。
 今回もちょっと力が入ってしまいました。

 イベントが来る前に次回の話をするのも何ですが、
 この次があるならもっとポップでライトな感じのものを書いてみたいですね。

 ◆
 
 当日頒布の分は、今日のうちに都内局留め宅配便で先行発送完了。
 こういうやり方は正直ミス因子が多すぎて怖いんですが、
 よもやあの箱(17kg)を山陰から関東まで運べるほどマッチョじゃないので。 
 どうか無事に、到着していますようにー。
 

【8/10】 最近一日おきの更新ですみません……

 
 疲れが溜まってます。
 それはお仕事の量もさることながら、夜に暑さで目が覚めるのが一番の原因。
 電気代のことも考えて冷房の吝嗇を続けてましたが、これでは本末転倒なので
 夜中じゅう軽い冷房をかけておこうと思います。

 何度も何度も繰り返し書いてきましたが、睡眠が不足すると本っ当にダメです。
 「別に起きてられますしおすし」なんつっても、
 寝不足の3時間より睡眠充分の1時間の方が遥かに有効活用出来るというもの。 
 なら、遊ぶのを一日2時間諦めてでも、その分寝た方が得策ということになると。
 とにかく寝ないと頭が働かないのです。
 
 ◆

 そんなこんなですが、会社は今日で終わって明日から夏休み! やったね!
 というわけで寝ます! (ぇ

 とか言いつつ、明日は適当に起きて朝から本のカバー巻き作業とかやってます。
 その為にもそろそろ寝ましょ。
 夕べ、その暑さで夜中目を覚ましてしまったせいで今日は丸一日つらかったです。
 
 ◆
 
 【新刊告知中。】
 http://hoduminadou.com/c78.htm 

 

【8/8】 ごらんのありさまだよ!

 
 サイトを更新しました。色々と最新情報になってます。
 告知し忘れてましたが鼎はひっそりと委託終了してました。しくしく。

 そして夏コミの新刊情報をアップしました。
 本文サンプルはwebの横書き・製本イメージの2種類でこちらに掲載しています。
 http://hangon.karakasa.com/archive/c78kokuchi.htm

 また昨日「返答待ち」と書いた委託の件ですが、
 メロンブックス様に専売で取り扱って頂けることになりました。
 滞りなく手続きが進めば、コミケと同じタイミングで委託開始……できるかな。
 そんな感じです。
 URLは分かり次第こちらに掲載します。
 
 ◆

 今日は色々と良いことがありました。
 願わくばこのまま、何事もなくイベントまで完走出来れば……
 た、たまにはトラブルのないイベントも良いじゃないですか! ね!
 

【8/7】 のんびり休んでたら

 【新刊告知中。】
 http://hoduminadou.com/c78.htm 

 ◆
 
 8月ももう7日になって、あと一週間で言わずもがなぐえぐえ。

 なんぞ最大の懸案事項になっていた二つが今日決着しました。
 望ましい形で解決した案件が一つと、残念な形に終わった案件が一つ。
 後者に関してはもう、今回ドタバタしすぎていたので悔しいですが仕方ない。
 例大祭SPでテストを兼ねて再チャレンジはどうか? とかいう、先送りに。

 それと同じくらい気を揉んでいる案件がもう一個あるんですが、
 世間一般的に明日が日曜日であることを踏まえると、まだ待つことになりそう。
 隠す必要もないので普通にぶっちゃけちゃうと、委託の件です。
 えーと……現在お店のお返事待ち状態なので、少々お待ち下さい。

 あとサンプルページは、たぶん明日にでも。
 それ作ったら、夕方は地元の花火大会に出掛けてのーんびりしてくる予定です。

 ◆
  
 あと絵をまた描いてみました。
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=12410571
 coolierの絵板に残ってるのと微妙に違いますが、
 しぃペインターが途中でバグって続きが描けなくなっちゃったせいです。

 それが惜しまれるほどご大層な絵でもないですが、少しずつ勉強中。
 描くたびに発見があって面白いです。
 

【8/5】 昨日は思いきり更新忘れてました。

 
 やっとこさ入稿が終わった、と思ったら仕事の方がばたばたしてて、
 やり残したことにまだ手をつけられてません。
 決して忘れた訳ではないので御安心下さい。
 真の意味でのんびり出来るのは、やっぱりコミケが終わってからになりそうです。
 
 さてはて、差し当たって先週やり残したことを今週はやります。

 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u
 ラジオ(第43回)
 8月6日(金) 23時30分~24時20分終了予定
 ブラウザチャット用意予定
 番組てーま:にどめの正直

 もったいないくらい沢山の話のネタが溜まってて、たぶん話しきれないので
 最初から20分くらい延長を告知しておきます。
 とはいえ23時までは金ローでサマー○ォーズを見てると思うので、
 夏コミの告知も忘れてその話ばっかりしてるかもしれません。
 
 ◆

 帰宅時間によっては明日のうちにサンプルページとか用意出来ればと思いますが、
 そう思ってて出来たためしがないので多分できません。
 ど、土曜日にやります……。 

 ちょっと暇になりたいです。
 って書いたら第一変換で「ちょっと日間になりたいです」と出てしまって、
 こんな時どんな表情をすれば良いか分からないの、的な、何か。

 【追記】 サマウォの余韻に浸りすぎて色々遅れてるので、
      ラジオは23時50分くらいから開始します。
      今回は周りがみんな使ってるブラウザチャットを用意してみました。
      http://www.cometeo.com/room/mdCzyBll/
      どぞお気軽にお越し下さい。

【8/3】 新刊告知サイト 公開です!!

 
 http://hoduminadou.com/c78.htm

 ぬばばーん!!



 ……でももう寝る時間なので、詳しくはまた明日に! (ぇ
 
 
 

【8/2】 なんぞすごいものが。

 
 多分明日くらいには発表出来るかと思います。
 なんかすごいものが作られててびっくりだよ! だよ!
 
 しかしびっくりしすぎて眠いので今日は寝ます。
 昨日色々やってて夜更かししたので、ちょっと寝不足すぎる。

【8/1】 暑い……

 
 こうも暑いと思考が鈍りまする。
 昼間の室温が38℃とかいう馬鹿げた事態になったので、さすがに辟易です。
 即れいぼう。

 来週は特に予定が無いので、積もり積もった用事や夏コミ関連のあれこれを
 一つずつ片付けていこうと思います。
 告知サイトも作って行こうと思います。
 完成したら、ここで告知しますので宜しければ待っていてやってください。

 ◆

 あとは絵師さんにメールして、印刷会社にメールして某所にメールして……
 何かまだまだ忙しいですね。原稿にお尻をかじられてた頃に比べたら
 胃腸の調子は遥かに楽になっていますが。
 
 ちょっと息抜きで、絵とか描いてました。
 上手な代物ではないので、まあ日記のネタとして賑やかし程度に。
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=12281777
 
 

【7/31】 「借りぐらしのアリエッティ」観てきました。

 
 感想は書きますがネタバレは無し。
 この作品の感想に、ネタバレはあんまり重要ではないので。
 
 CMとかでお馴染み、ケルトな雰囲気たっぷりの主題歌を初めて聴いた時から
 こりゃ名作だろうなーと力強く確信してたのですが(ぇ
 予想に違わず、とても素晴らしい作品。

 前作の主役・ポニョを今ひとつ可愛いと感じられなかった私ですが、
 まずアリエッティというキャラクターはとても気に入りました。
 なればこそ、この作品が大好きと言えるようになっています。

 ◆

 物語にはちゃんと宮崎さんなりのメッセージも籠められてるようですが、
 特に興味が無ければ気にしなくて良いと思います(パンフレットに詳述)。

 ちなみにストーリーの出来や構成など、技術的な点数は別に満点じゃありません。
 卓抜した技術や感性で完成品へと作り込まれた作品ではなく、
 しかしかつて肩の力が入りきって空回りしていたハウルやゲドに比べたら、
 今回はずっと心地よさを感じました。
 この世界の片隅に別の世界がある、という「トトロ・スタイル」に立ち返って、
 私の好きなジブリワールドがようやく戻ってきたという感じ。
 原作はそのレールに乗って、上手く活かされていたと思います。

 そして作品で出色なのは、何を置いてもやはり音楽。
 不思議な安心感を呼ぶ主題歌に加えて何種類かの楽曲が使われていますが、
 エキゾチックなメロディラインがどれも本当に作品にマッチしています。
 この方の抜擢は素晴らしいチョイスだったと思います。 
 
 ◆

 作品のテーマは、「借りる」。
 作中アリエッティ達が見せる「ある行動」に対して、
 この言葉の意味が深く関わってきます。
 そりゃ「借りる」とは言わないだろう、と一瞬でも思ってしまった私は、
 この作品に込められた「借りる」というテーマに気づいた時、
 あーっと思わされてしまうのです。 

 それは上述したジブリワールドの要素にも繋がるメッセージであり、
 説教くささよりも、ファンタジー世界への愛や憧憬を感じられたのでした。
 その辺も、とても良かったと思います。 
 
 ◆

 まああんまり難しいことを考えて観る映画でもないし、
 一つひとつの出来映えを切り取って、比較のための点数をつける映画でもない。
 ジブリブランドに対してその百点満点を求める人には物足りないでしょうが、
 一つのアニメとして「スタジオジブリ作品」を静かに信奉する私としては、
 頭に大のつく満足を得られた作品です。
 
 できるだけ多くの人に楽しんでほしい映画でした。
 私はもう一回観に行こうかなー、と考えてます。
 
リンク
プロフィール

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。