スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3/30】 多忙

 
 リアル話ですが年度の境目で忙しくなる業種なのでお疲れモード。
 しかし泣いても笑っても明日。うーん……ギリギリ。
 
スポンサーサイト

【3/29】 感想と書評

 
 明確に使い分けてる人って、どれくらいいるんでしょうね。
 使い分けていても、コンセンサスが取れていなかったら間違いの元。

 私にとって感想は「メッセージ」性が強く打ち出されるので、
 その作品で良かったなーと思う点を書き連ねて終わります。
 アドバイスめいたことは滅多に書きません。
 以前は割と書いていたのですが、ある人とのやり取り以来
 自然と書かなくなってそれっきりです。

 対して書評は、ほぼ独り言に近い性質。思ったことを書くばかり。
 長所短所のバランス配分や網羅性は気にせず、思ったことを書くばかり。
 ただ同人の場合、作者との距離感が近いという難点があります。
 プロの書籍に対する書評と同人誌に対する書評は、つまり別物です。

 また、冒頭に書いたコンセンサスの問題もここで立ちはだかります。
 たとえば相手が求めているものが、
 こちらの考える「書評」なのか「感想」なのか、そのどちらでもないのか、
 受けとる相手によって異なります。
 相手が「書評」「感想」と明記していても、鵜呑みにすれば間違いを生む。
 明記していないのなら、尚更慎重にならなければいけない。
 
 どうも本の感想や書評を書くたびに、私は後悔ばっかりしてる気がする。
 私の手に負えるものじゃないのかもしれません。
 そりゃまあ、私が小説を語るとか間違いなく烏滸がましいのでしょうけど。
 身分を弁えないことばっかりしてますね。小説に関することはことごとく。
 

【3/28】 考えることを余計に増やす

 
 私自身の余裕のなさのせいかな。
 ちとつらい。
 

【3/27】 書評(※私感一般論)

 
 真剣な書評イコール厳しい書評というのは、短絡的な気がします。
 私はただ、その二つを切り分けるような器用なメッセージが若干苦手。
 語尾を濁したり甘い表現に徹すれば、よく言いたいことを見失ってしまう。

 甘やかした書評は相手のためにならない、と言いますが、それは相手次第です。
 受けた人の性格によっては、変化球の書評の方が役に立つこともあるでしょう。
 
 ですから切磋琢磨とは、見境なく他人に言いたいまま言う行為じゃありません。
 「厳しいご指摘お待ちしています!」とは誰でも言えますが、
 そう言われなくとも発信する側は、書評を差し上げるほどの相手には
 あれやこれやときっちり考えているのです。
 不足や要注意点を思ったままに伝えることが「厳しい指摘」だと思ったら、
 それは大のつく間違いです。



 切磋琢磨する相手がほしい、お互いに作品を読み合いして厳しく指摘し合える
 「仲間」がほしい――と全方位に秋波を送っている人もよく見かけますが、
 見ず知らずの人に貴方への責任を負わせる覚悟が本当にありますか? 
 あちこちの身内のネットワークは馴れ合うために固まっているのではなく、
 それぞれの信頼をもっているから結びついているのです。
 
 書評は、それをする側にとって、される側が思っている以上に勇気が要る。
 そして何より、誠意が要ります。
 自分の所感を、相手に聞いてもらってもいい形に整えて届ける行為です。

 なので書評する側は、相手に受け止めてもらえるように全力を注ぎます。
 時には、望まない返答をいただくこともあります。というかありました。
 ただそれは、私自身の責任にすべきかなと。
 最近ちょっと思い直すに従い、
 自分が今までいかに甘い「書評」を出していたか少し反省しました。
 
 僕にも厳しい指摘がほしいな! と口を開けて待っている人を見るたび、
 言葉は悪いですが、見ず知らずの人が貴方に本気の書評をぶつけるかどうか
 確信を得てから行動してほしい……と私は思っています。きついようですが。
 それが本気になればなるほど、書評ってのは勇気の要る行為なので。


 
 さて今回、ある人の書評を久々に手がけさせていただきました。
 それをきっかけに、前々から思っていたことを吐露させていただきました。
 誠意をもって書き上げたので、その人にどうか届きますように。

 たぶん5,000文字くらいある。
 

【3/25】 すみません

 
 連日となってしまいますが、本日の更新もお休みします。
 夜が眠くて最近だめ。
 

【3/24】 火目の巫女(1)

 
 読み終わり。
 どうして今頃? という声が聞こえますが、巫女さん好きの私はずっと昔から
 注目していて、本だけ買って後生大事に本棚にお祀りしていたのです。
 つまり、今読み終えたとしても何ら不思議はないのですよ。
 でもどうして今頃だろう。
 
 百点満点とはいいませんが、噂に違わぬいい感じの作品です。
 後半どんどん盛り上がっていくパターンは、じっくり楽しめるタイプ。
 良くも悪くも最初からアクセル全開といった、最近の電撃ラノベと違うね!
 でも最近の電撃ラノベを読み漁っている訳ではないです。それほどには。
 
 そういう、むつかしい書評も昔は好んで書いていましたが、
 いろいろ不毛ですし私も眠いですし、すっ飛ばすことにします。眠いのは本当。
 何であれ、女の子がかわいいからそれで良いんじゃないでしょうかね。
 私にとってラノベではそれが正義ですから。ダメな大人の見本ですけども。

 あと巫女さんですしね。それだけでも正義。
 ほんと良い子はこんな大人になっちゃダメよ。
 
 ◆  
 
 長編の一巻だからそんなもの、と割り切ることもできますが、
 伊月に主人公っぽさがあまりないのはちょっと減点かもしれない。
 物語を動かしているのは、現状あくまで伊月以外の人間ばかりなので、
 続巻に期待を抱くところですね。
 
 もちろん続巻は既に本棚へ祀ってあります。
 いい具合に熟成されて、まろやかになっている頃でしょう。

 ◆

 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u
 ラジオ(第68回)
 3月25日(金) 23時30分~24時00分終了予定
 ブラウザチャット
 http://www.cometeo.com/room/mdCzyBll/
 
 何話そうかな、と思案しましたが、
 まどマギの話ばかりしそうな気がします。そうならないよう気をつけましょう。
 たとえば世間一般的に、まどマギの略称は一つに統一すべきではないか!

 とか。
 

【3/23】 

 
 ともすれば早寝して27時に一度起きだしてきて、某笑顔の動画サイトで
 まどかマギカの11話を視聴する……という計画もありましたが
 敢えなく中止となりました。

 まあ、楽しみが先に伸びたと思えば良いんじゃないでしょうか。
 中止発表がこのタイミングだったので、
 制作遅延とか社会情勢上不適切なシーンが入っているというわけでは
 恐らくないと思いますね。希望的観測という名の予想。

 ◆

 一方なんぞかんぞ忙しくしており、早速次の土日が恋しいところ。
 昨日は見事に寝落ちして、日記の更新は哀れ夢と消えました。とか。
 花粉症のせいかどうも体調が今ひとつなので、今日はこの日記を書いたら
 すぐ裸になってお風呂入って寝ます。裸になるっていう描写いらなかった。
 
 ?の進捗状況。70/130。
 

【3/21】 マギカ

 
 第10話(最新話)まで視聴終了。
 名作臭しかしない。

 何て言うか名前がいいですよね、暁美ほむら。
 一晩中その名前だけ呼んでいたいくらい素晴らしい。
 暁美ほむら暁美ほむら暁美ほむらほむらほむらほむほむほむほむ
 
 あの物語を観て開口一番がそれですか。

 ◆

 甘い夢を見ていた子供の領域から連れ出され、
 余儀なくされた戦いの中でいくつもの葛藤が生まれる。
 静かに崩れる世界の中で、それでも少女は成長や絆を信じて戦いに挑む――
 いいですよーいいですねー!
 
 タイプははっきり違うものの、思い出せばなのはもそんな感じでした。
 なのはにお熱だった私がハマらない道理はなく、
 そしてキャラ別ではフェイト・テスタロッサにぞっこんだった私が、
 ほむほむにハマらない道理もやはりなかった。
 
 ほむほむほむほむ……
 魔法少女おいしいです ほむ。

 ◆
  
 同人作家とは哀しい性で、愛情表現しようとするとすぐ作品に打って出ます。
 んなわけで早速書き始めようと意気込んでいますが、
 東方以外の二次創作をするのは正真正銘これが初めてなんです。

 ああ……ついに純潔を破る時が来てしまいました。悔いはありません。
 創作を始めてから足掛け7年目にして、感慨深いです。ほむほむ。
  

【3/20】 例大祭での約束について

 
 開催が危ぶまれた博麗神社例大祭、5月8日に決定したようです。
 大9州東方祭とバッティングして血の気が引きましたが、
 西の方々が良きに計らって下さったとのこと。
 
 当然だと思い込みかけていたことが、決して当然じゃないことを
 今回の延期騒動が思い出させてくれました。これでありがとうが言える。
 今度こそは何事もなく、無事開催されることを祈ります。

 先に告知していた図書館企画は、予定どおり実施します。
 
 ◆

 そして最後になりますが、私にできると思ったことを一つだけ。
 「鼎」と「鈴蘭が咲いた丘」の既刊2冊に生じた例大祭での売上げの全てを、
 東日本震災に向けた寄付とすることを当サークルからの約束にします。

 「新刊の売上を全て義援金にします!」とか言ったら格好良かったですが、
 私も石油王じゃありません。それは勘弁して下さい。
 寄付先は博麗神社社務所が当日立てるであろう、募金先に準ずる予定です。
 

【3/19】 大阪旅行してきました。

  
 途中お腹痛くなったりで、帰宅後はうっかり寝落ちしてましたので朝更新。
 とうとう私の本が手元にやってまいりました!
 目次に記載した各章のページ数がノドに埋没してて、哀しい気分です。
 ただそれ以外はきっちり行ったような。
 
110320.jpg


 その他お買い物は新規開拓なく、今回は知り合いの分だけ。

 CYMKの文庫でロマンチックメロウだけないのは未入荷だったからで、
 きずなさんをハブった訳ではないのです。あとポイントΩも未入荷でした。
 また絵師さんのは売り切れてしまったのか、
 ほとんど発見できませんでした。くまさんのもこれで残りはラス1です。
 
 そして仮面さんの本で指がちぎれるかと思った(
 
 ◆
 
 あとコネクトとmagia買ってきました。
 我ながら分かりやすいです。
 それから夢喰いメリーの原作。どうもこの表紙の子が気になるもので。

 あ……まどマギのコミック買い忘れたは……
 

【3/17】 今日やったこと

 
 魔法少女まどか☆マギカの5,6話を視聴終了。
 感想:あれ? キューべえ可愛いのがいつの間にかOPだけになってね?

 ていうか蒼い子の行く先が途轍もなく怖いです……

 ◆ 
 
 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u
 ラジオ(第67回)
 3月18日(金) 23時30分~24時00分終了予定
 ブラウザチャット
 http://www.cometeo.com/room/mdCzyBll/
 
 そんなこんなで1週間。
 お時間がありましたら。

【3/16】 秘封オンリーの本

 
 やっと手をつけはじめました。
 地震のことからようやく、ちょっと頭の離れる時間ができそうな気配。

◆CHOCOLATTE!!  (@秘封倶楽部バレンタイン合同誌)
 バレンタインデーを迎えた秘封倶楽部を主人公にした短編漫画の合同誌。
 無知なものでお名前を知らない作者さんのほうが多かったですが、
 それぞれ楽しそうな秘封倶楽部がたくさん見れて良かったです。
 中でも気に入った金成さんという方は、お名前こそ知ってましたが、
 その作品は地味に初めて拝見することとなりました(たぶん)。

◆いつか会えたら (@赤色バニラ)
 くまさんが描く阿求さんはどうしてこうも女の子なんだろう。
 断片的にボーイッシュなところが一番女の子っぽい。ああもう可愛いです。
 一コマずつに生き生きとした阿求さんが居て、
 ちょっとロマンチックに切ない物語をつづるすべてのカットで
 その表情がそれぞれ素晴らしい。一ページずつじっくり読んでしまうのです。


 というわけでまずは2冊。
 暗い話題で気が塞ぎがちですが、そういうときは同人誌を読みましょう。
 

【3/14】 気持ちが落ち着かない

 
 当事者になれないもどかしさが強いです。
 どうにも気持ちが収まらず、いろいろ考えすぎて疲れているので
 今日は早めに休みます。
 何かをしよう、という強い気持ちだけは失わないよう過ごします。

 ◆
 
 昨日お話しした、例大祭新刊の委託が始まりました。
 http://shop.melonbooks.co.jp/shop/list/?DA=chgitemtype&G=&F=%E3%81%97%E3%81%B0%E3%82%89%E3%81%8F%E3%81%AF%E5%8F%8D%E9%AD%82%E3%80%82
 メロンブックス様専売です。
 
 こんなタイミングになりましたが、
 自分なりに精一杯、がんばって作ってきた本です。
 よろしくお願いします。
 

【3/13】 これからについて

 
 まずは本日12:30頃、創想話に投稿し削除した作品についてのお詫びです。
 未発表だった自作からなるべく明るくなれる作品を選んで投稿したのですが、
 一部地震が関係するパートが混じっていたことを失念しておりました。
 気づいたところで削除しましたが、
 言い訳のきかない不謹慎な行為であり、お詫びいたします。
 
 ◆
 
 当面の活動についてです。
 といってもサークル活動と呼べるアクションはしばらくありませんが、
 社会情勢を考え、当面は自作の宣伝バナー等の掲示を自粛します。
 新作の頒布についてはちゃんと日記でお知らせすると共に、
 サイト内にもURLで表示しますのでご確認下さい。

 その他今後の具体的なアクションは、いろいろ検討中です。
 上記のように不謹慎な真似をするし名もないサークルではありますが、
 偽善でも誰かを守れる小さな何かを、今後できればと思います。
 

【3/13】 例大祭新刊 書店委託先行のお知らせ

 
 例大祭の中止に伴い、イベント発表の予定が立たなくなったという件は
 昨日お伝えした通りです。

 現在印刷所では、書店委託分の納品日(明日)の対応に向け、
 各書店向けに手作業で納品するよう手配してくださっているようです。
 当面保留とすることについても印刷所がご厚意を下さいましたが、
 本来の例大祭と同じタイミングで――とはやる気持ちも強く、
 書店委託分に関してはひとまず予定通り皆様にお届けすることにしました。

 ◆
  
 ページが作られ次第、URLは告知しますがメロンブックス様の専売です。
 予定は3月13日で、処理の都合1~2日程度は遅れると思われますが、
 何卒よろしくお願いします。店頭価格は900円(税別)となります。

 イベント発表と順序が逆転しますが、特殊な事例ということでご理解下さい。

 目下大変な状況ですが、私の創作活動を支えて下さっているすべての方には
 忘れることのない大きな恩をいつも感じています。
 今回多かれ少なかれ苦難に遭われた方に向けて一サークルとして、
 作品もしくはその他の方法で、僅かでも力になれるよう努めたいと思います。
 

【3/11】 重要なお知らせ

 
 「しばらくは反魂。」3月13日例大祭での新刊発表中止についてお知らせです。

 お聞き及びの方もあるとは思われますが11日に発生した地震のため、
 第八回博麗神社例大祭の中止が公式に発表されました。

 したがい、お伝えしてきた新刊「ひもろぎは、むらさきに萌えて」の、
 3月13日例大祭における発表はなくなりました。
 悔やんでも悔やみきれない結果ではありますが、
 心おきなくイベントを楽しめる状況ではなく、主催者のご決定を支持します。

 ◆
 
 作品の発表については、例大祭のスライド開催の有無やその時期を見つつ、
 いろいろな選択肢から判断していきます。
 印刷所の方では当初どおりの納期にて稼働いただいているようですが、
 他の情報もまだ少なく、何かしらの決定をお伝えする状況にはありません。
 
 情報が整い次第、今後については改めてお知らせします。
 がんばって作った本ですので、いつか必ず皆様にお届けすることを誓います。
 ただ今しばらくは、お時間をいただけますようお願いします。
 申し訳ありません。
 

【3/10】 例大祭前ですよー!

 
 例大祭新刊の告知はこちら
 
 ◆

 http://std2.ladio.net:8100/hutuotahangon.m3u
 ラジオ(第67回)
 3月11日(金) 23時00分~23時30分終了予定
 ブラウザチャット
 http://www.cometeo.com/room/mdCzyBll/
 てーま:例大祭直前ですよSP

 翌日の出発が早いため、時間前倒しになっています。
 よろしくお願いしますー。

 ◆

 
 

【3/9】 企画告知「プチ図書館」

 
 http://hangon.karakasa.com/2011toshokan.htm

 というわけで、本日はもう一つの告知。
 例大祭会場にて試験実施してみる企画「プチ図書館」です。

 概要は、特設サイトに書いてあるとおり。
 例大祭SPかどこかで見本誌を立ち読み出来るコーナーが作ってあって、
 ああなるほど……と思った次第。

 利用に遠慮は要りませんので、是非お立ち寄り下さい。
 いかに本に出逢ってもらい、知ってもらうか、一小説サークルの試みとして
 今回の企画を誰より自分が楽しみにしています。
 
 できれば「0人」という結果は避けたいところですが、
 当日来てくださる方を楽しみにしています。

 今回はまだテストケースですが、成功するようであれば、
 次回以降またいろいろ煮詰めていこうと思っています。
 改めてになりますが、企画の詳細はサイトの方にすべて書いてしまったので
 サイトの方をご覧下さいませ。
 新刊とあわせ、こちらの企画もどうぞよろしくお願いします。遠慮なく!
 
 ◆  
 
 その他新刊情報等は、サイトの方に集積しています。
 http://hangon.karakasa.com/  
 

【3/8】 例大祭頒布物についてー

 改めて例大祭情報のお知らせです。
 
 特設サイト:新刊「ひもろぎは、むらさきに萌えて
 東風谷早苗と稗田阿求、女の子達によるちょっと甘めな友情物語です。
 過去3冊の文庫本に比べてライトな物語になるよう意識しました。
 
 阿求が守矢神社で三日間、巫女さんになることに。
 そして何故か、お祭で二人による奉納の舞を演じることに……!?
 というストーリー。作者が好きなキャラの共演です。実に俺得です。
 喧嘩したり、仲直りしたり、そんな心情と周囲の風景を丁寧に描写しつつ、
 しっとり楽しめる物語に仕上げた……つもりです。
 ゆっくりおたのしみ下さい。

 文庫152ページ、会場頒布700円です。
 イラストは赤色バニラのくまさんによる、愛らしい巫女阿求さんです。

 ◆
 
 その他、既刊の頒布情報。

○稲荷神楽 500円 A5・24P
○おなじ場所にうまれた 1,000円 新書・170P
○鈴蘭が咲いた丘 900円 文庫・208P
○鼎-kanae- 700円 文庫・172P
 
 「稲荷神楽」は、京都秘封阿求オンリーで発表した3週間前の新刊。
 なので今回は事実上の新刊2冊! こっちは秘封倶楽部です。
 「おなじ場所に生まれた」は、昨年の紅楼夢で発表したほりごたつ通算4作目。
 三組の姉妹達を綴った合同誌です。
 この2冊は、東京では初頒布となります! よろしくお願いします。
 
 そして更に明日へつづく。
 明日は、この例大祭で行うもう一つの企画について告知します。
 

【3/7】 2011例大祭

 
 新刊情報を公開しました!
 http://hangon.karakasa.com/2011reitaisai/
 

 どうぞよろしくお願いしますー!
 (明日へつづく)
 

【3/6】 修羅場っぽいですが

 
 まるで修羅場ではありませんでした。
 持つべき物は余裕です。

 元々一週間前が〆切のはずだったので予定が前倒しになってるのもありますが、
 今回は楽な気持ちで過ごしてます。
 過去の原稿の最終日とか、何をやっているかサッパリ分からなかった。
 今回は一つひとつミスを潰せてるので、明確にクオリティに寄与しています。

 毎度毎度、原稿の日程感を見直さないといけないと思ってますが
 今回を一つのメルクマールにしなければいけない。
 最終日まで本文に未執筆部分が残ってるなんていかに異常事態か肝に銘じて、
 今後は余裕ある原稿作成を心がけましょう。
 
 新作情報は今日出すつもりでしたが、ちょっと間に合わなかった。
 明日には出したいです。今までになくかっちり作った本なので、
 読んでもらえたら嬉しい限りです!
 

【3/5】 ……よし 

 
 これで、何とか――

 ダーシは結局、小塚明朝で繋げたとか何とか。
 一回アクロバット起動したら小塚明朝が使えるようになった……だと……

 問題がありませんように。
 
 

【3/4】 ラジオ中止のお知らせ

 
 今日はラジオの日ですが、原稿の対応等行っていることから、
 今週はお休みさせていただきます。
 ちょいとお疲れモードなので……申し訳ございません。
 
 

【3/3】 ここに来て

 
 文章を全体的に手直ししているとか。
 勢いよく書いていた時は気持ちよかったものの、
 ふと冷静に読み返してみるとどうも、何とも。
 せっかく拘れる時間があるので、最後まで拘ってみることにします。

 そしてさりげなく告知。
 2月の京都のオンリーイベントで発表した新刊「稲荷神楽」を、
 虎の穴さまにて委託開始いたしました。
 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0020/00/21/040020002170.html
 よろしくお願いします。

 ◆

 そして早くも明日がラジオの日なのですが、
 進捗状況によっては中止して原稿に専念するかもしれませんがご了承下さい。
 明日の23時頃には、ここで白黒はっきりの情報更新をすることにします。
  

【3/2】 フォントが届きました!

 
 110302.jpg

 ふぉんとうに嬉しいです

【3/1】 いい文章を書くには

 
 睡眠時間が大事、とずっと言い続けてきましたが、
 最近もうちょっと付け加えるようになりました。

 「一定」の睡眠時間が大事。

 ±30分でも睡眠が増減すると、自分で気づかない程度に脳の働きが変わる。
 すると一度に処理出来る情報量が微妙に増減する。

 あら不思議、前日すごく精密に書いたと思った文章が、
 翌日はくどくど分かりにくいと感じたり、逆にあっさりしすぎに見える。
 とにかくライフサイクルをきっちり守ってさえいればこういうことは起きず、
 一定の思考能力でアウトプットできるので、文章にまとまりが出ます。
 というのが、私の結論。
 

 まあ、当然増減の「増」の方に、上位互換があるわけですが。
 睡眠不足の時に書いた文章を睡眠充分の日に推敲するのは大歓迎ですが、
 絶対にやっちゃいけないのは睡眠充分の日に書いた文章を
 睡眠不足の日に推敲すること。自分の書いた作品を台無しにしかねない。
 
 睡眠はほんと大事。
 昨日入稿ができなくて今日からまた焦りの気持ちもあるんですが、
 ちょっと無理をしすぎたので今日はゆっくり寝ます。
 そして明日明後日で仕上げて、金曜日には入稿したいです。
 
 ちなみにカバーは昨夜入稿し、電話もないのでどうやら大丈夫だった様子。
 今回のカバーは、とっても愛らしい表情が印象的。
 そして明日は、京都での新刊についてちょっとした発表ができそうです。
 

【2/28】 無念。

 
 原稿は終わりませんでした。
 何というか、当初2時間で終わると想定したルビ振りが、
 3時間半経ってまだ半分ちょいとかいう状況じゃ
 作業を終えろというのがどだい無理。
 
 まあまだ意外なほど余裕があるので、さすがに本は出ると思います。
 ただ一回くらい、余裕綽々で入稿してみたかったなーという……。
 というわけで、もうちょっと修羅場がつづきます。
 今日無理を通すことも考えたけど、何より身が持たないです。
 これ以上修羅場が続いたら、それはそれで身が持たないのですが。
リンク
プロフィール

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。