スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5/30】 雑気味な例大祭レポ。

 
 いやはや暑かったです。実にお疲れさまでした。
 新刊が間に合わなかったこともあって、
 行く前は割と憂鬱も残っていた今回の例大祭。
 終わってみたらまあ、いろんな出来事もあっていつも通り楽しかったのです。
 人と直接逢うとやっぱり幸せですね。

 なんつって現金なもんだとは思いますが……
 ちうわけで簡単ながら日記も兼ねてレポ。



★0日目

 新刊は割増でも航空券は早割というサークル!(
 鳥取からの高速バスより安い航空券を使って、今回は岡山空港から上京。
 土地勘のないところ+手続きに時間を食う飛行機とあって、
 今回はかなり時間に余裕を持たせました。

 私にしては奇跡としか言い様のないレベル、
 到着した時点で実にフライトの45分も前!
 うんこしてもまだ30分残っていたという。
 まさに完璧。

 ◆

 ボーイング787の最新設備で遊びつつ羽田へ。
 モノレールが浜松町に辿り着いてもまだ午前中という飛行機の恩恵に与り、
 長年温めていた計画の実行をここで決意。

 浜松町に投宿すること幾度。
 浜松町でイベントすること幾度。
 その都度私は思っていた。蒼穹に聳える紅の鉄塊――
 あのバベルの塔に登ってみたいと!(

 というわけで東京タワーに登ってきました。
 某634メートルの何かができて、遠からずお払い箱とも囁かれる
 高度経済成長期の象徴。
 この目が黒いうちに一度足を踏み入れておきたかったのです。

 浜松町駅からその威容を眺めつつ、わくわくしながら歩き出す。
 ゴジラが壊す前に来れて良かった。
 嗚呼、こんな近くにあったのに今まで行かなかったなんて――


 ――嘘でしたすげえ遠かった。遠京タワーだった。
 近くに見えるんで油断してたんですが軽くkm単位で距離が!
 後から聞いた話ですが、何でもでかい物は近くに見えるんですって。
 でも新月の夜は逆になる、って猫が言ってた。
 そういうのはいい。

 まぁそんでも目に見えている分迷うことがないのは幸いで、
 無事辿り着いてのんびり見物してきました。お客さんは多め。
 一番高い特別展望台にも行きたかったけど、
 現在80分待ちとかマッポーめいたアナウンスが聞こえてたので断念。
 もうちょっとだけ天気が良ければ粘ったかもしれないなあ。

 さて、お上りさんのお江戸観光もここまで。
 150メートル高から見下ろす摩天楼に明日の活躍を誓い終えたら、
 あとは慣れ親しんだ戦場秋葉原に一路向かうのみ。
 山手線からは若干離れてしまったため、反魂さんはここで一計を案じる。
 気を利かせて山手線に見切りを付け、
 地下鉄で秋葉原を目指すという柔軟な作戦変更に打って出た。
 そう東京の交通網は何も山手線だけではないのだ!
 巧みに使いこなしてこそ効率の良い旅が実現すると言えよう。

 大門駅という聞いたこともない都営地下鉄の駅から潜り込み、
 路線図を頼りに秋葉原への塘路を探し出す。
 ――人形町駅、日比谷線乗り換え。
 太刀筋は見えた。この作戦はハマった!
 それだけインプットしてしまえば、あとは方向を合わせて乗るだけでした。
 別に間違える要素もなく、方向の正しい地下鉄に私は乗り込んで、
 正しい路線に乗り換えるため正しい乗り換え駅を普通に目指していた。

 あー実に惜しかった。
 方向も路線も乗換駅も合っていた。

 ただ乗る列車の等級が違っていた。
 
 油断があった訳ではない!
 ただまさか、自分の乗った便が空港快速とかいう、
 なるべく早く成田に到着したい方にお勧めの
 斬り込み隊長的な性格だとは思わなかっただけのことだよ!
 乗り換え線のある人形町駅すらも軽やかに吹っ飛ばすと知ってたら
 当たり前だけど乗らなかったよ! 何よ!
 
 やっと気づいて降りたのは押上駅でした。
 東京タワー近くの駅から発車して、
 奇しくもスカイツリーの足許に着弾してしまったという。
 ……あん時素直に山手線まで戻っておけばこんなことには!

 というわけで秋葉原合流の予定だったtyapi君を散々待たせたのであった。
 秋葉ではいつも通りのお買い物ツアーを楽しみつつ、
 割とすぐ夕方になったのでお宿へ向かう。俺のせいとか言うな。
 そいえば東京タワーから秋葉原へのルートは、
 いろんな方がTwitterで答え合わせしてくださったのですが
 みんな微妙に違うルートを示していたというね。
 や、やっぱ東京の鉄道網にケータイ一個の徒手空拳で挑むのは無謀か……
 
 ◆

「宿は鮫洲駅の近くだよ」

 鮫洲駅って何線のどこやねん(反魂 19時頃)

 鳥取からまろび出てきた田舎者が抱く感想としては至極当然と言えるでしょう。
 ろくに裏も取らないままウェブサイトのジャンルカテゴリにあった
「品川駅近くのビジネスホテル」
 という表記を盲信、
 京急の改札口を素通りして絶賛アスファルトの上を歩こうとしたところで
 ふと京浜急行のきっぷ売り場で確認。

 ――鮫洲が京急の駅で、しかも4駅も離れていることがようやく発覚。
 お金を対価に時間と体力を買うという正しい選択に至った。

 その後はさすがにリンゴのマークがものを言って、
 込み入った路地に埋もれた宿へ、駅から何ら迷うことなく田舎者が踏破。
 いや素晴らしいよジョブズ先生。

 しかし玄関を開けようとして、
 曇り硝子の向こうから裸の人が歩いてきたのに気づき
 そそくさと通行人の振りをする反魂(※実話)
 結局いたたまれなくなって、豆さんに電話してみる。

反「お宿に着きましたー。何号室ですかー」
豆「おー。でもごめん今食事行っててそこ誰も居ないよ」
反「」

 人がたまにファインプレーをすると悉く台無しにしてくれる。
 豆さん雨虎さんKOTOさん凡用さん弥生さんと一緒に、
 そんじゃ俺は荷物持ったまま焼き肉だー!

反「……ってあれ、近藤さんは」

 まだ秋葉で遊んでいたでござるの巻。
 Heyを覗いてから宿に向かおうと思ってたんだけど、
 ちょっと手を抜いちゃったのです。予感はしていたけどやはりかー。
 
 結局6人での食事は、孤独のグルメごっことしいたけの話題で占領された。
 孤独のグルメごっこは店員さんに聞かれると
 たまに悪口と思われそうでハラハラするな!
 ちなみに遅れてきた7人目はコーラめっちゃ飲んでたよ。

 ◆

 宿。

 なんか凄い宿だった。宿っていうか普通に家だ。
 賃貸アパートを改造して宿にした宿はたまにあるけど、
 賃貸アパートを改造せず宿にした宿は非常に新鮮だ!

 その賃貸アパートの一室で繰り広げられる、
 今回の修学旅行イベントは赤黒七並べ。
 読み方はブラッディセブン、
 詳細はめだかボックス15巻を参照すると良い感じ。
 なおもちろん長者原くんルール、よもや実際にやることになろうとは!

 ……これはまったく分からない人も多そうなので適当に流しますが、
 要は漫画で出てきたトランプゲームです。
 以下めだかボックス準拠で書いていくと7人なので
 トランプは1デッキ、1名が長者原くん役、
 赤黒ルーレットは六面ダイスを代用することで解決し3対3でスタート。
 懸念されたオセロターンも、普通のトランプを引っ繰り返すことで
 それはマークと逆の色だよ、という取り決めにして無事解決。
 別に特殊なカードを使わずともプレイできると判明。
 書き出してみるとこれ、7人でプレイするのが奇跡的にバランス良いですね。

 掛け値無しに、これは普通に面白かった。
 まあ大抵片方が全員失格になるので陣地争いの意味は多少薄いけど、
 身内が2人に限定される分チームプレイの効果が増幅されて、
 戦略性の醍醐味が分かりやすく引き立つ感じ。
 豆さんが最初のゲームのサイコロ一投目で失格という
 喜界島パクリなことをやらかしたり、
 凡用さんが謎の難攻不落っぷりを見せつけたり、
 「ジョーカーの使用ほどゲームを白けさせるものはない」というところまで
 原作通りの結論に達したり。
 いやはや見事なゲームですなこれは。
 西尾維新の天才性は充分に追認された。
 
 その後はめいめいアニメを見たり、お絵かきをしたり、
 コピー本の表紙を今更書いたりしながら夜は更けていくのであった。

 誰だよ今頃コピ本の表紙とかwww
 しまった反魂さん絵が苦手だった。



★当日

 最寄り駅がりんかい線で数駅ということで、
 移動時間は浅草時代から格段に短縮。
 前夜4時前に作り終えたばかりのコピー本表紙をコンビニで瞬間養殖し、
 tyapi君と合流してテーブルの設営もそこそこに製本を開始する。
 中綴じ用に割り付けした本文を折り、焼きたての表紙部分をその上に
 折って重ねてホチキスで綴じたらあっという間に完成!


 ああっ!
 表1と表4が逆だった!
 (2年ぶり2回目)


 魔女化寸前のテンションになりながら、挫けている暇もなく製本を続ける。
 その間にもいろんな人達がやって来てくださる! おはようございます!
 ひゃあ時間がない!
 サークル登録を終えたのが開場5分前くらい?
 開幕してからも数分くらいは製本っぽい何かをしていたような気がする。
 どたばたなコピー本は、しかしお陰様で程なく全部なくなったとか。
 
 冒頭にも書きましたが新刊を落とした手前、
 上京してくる寸前まで不安や憂鬱の強かった今回の例大祭。
 しかし蓋を開けてみればいつも通りの例大祭でした。
 アイサツにも行きづらくて今回はブースでじっとしてたんですが、
 いろんな人とお話しできましたし普通に楽しめました。
 というか、口々にあれこれ励まされてばかりで恐縮……否反省しきりです。
 こんなんじゃダメねえ。二度とないようにせねば。

 意外なくらい既刊はたくさん手に取っていただきました。
 少し救われる一方で、是が非でも守りたかった15時45分のラインの
 ギリギリ手前で退場。言い換えると例のあれですね。
 あくまで個人的な嗜好の問題ではありますが、
 私は今ひとつ『あの企画』に乗り切れなかったもので……。
 何にせよ皆様お疲れ様でしたー!

 ◆

 次なる目的地は新橋。
 ゆりかもめは遅えしなあ、と慣れ親しんだ浜松町行きのバスを選んだら
 日間さん&藤村さんという○○つぼのお二人と再開、
 やんちゃな幼女に日間さんがぽこぽこ足を踏まれてるのを微笑ましく眺める。
 日間さんは菩薩様のようなお顔になっておられた。
 
 さて新橋ですよ。 
 下車したことは数知れず、されど街を歩いた経験と言われると皆無な場所。
 オフィシャルサイトの地図がまた微妙に分かりづらく、
 だいたいの方角を定めたら後は例によって勘を頼りにとにかく歩く! 
 いつも通りの方針で無事カラオケ店へ到着。
 なお三割くらいの確率で失敗する模様。

 カラオケ組はセノオンにニューさんにジェラーるさんにAriesさん。
 あと一瞬雨虎さんも居た。
 それにしてもニューさんとか何年ぶりだろう。

 顔触れのお名前は一部馴染みが薄いものの、
 行く前から「多分そうじゃないかなー」と予感していたとおり、
 地味に以前京都でご一緒したことがある皆様でした。
 あれも何年前だ。紅楼夢が京都にあった時代だから4年前か。
 ほりごたつ基準で言うと恋花帖。
 ……えっ恋花帖ってもう4年前なの!?

 何となく新しめのアニソンと鉄板伝統芸能だけで揃えてしまったので、
 もうちょっと冒険すれば良かったかな……とも思いましたが
 まあ久々のカラオケはやはーり素晴らしい。
 私は最近サボっててラインナップが貧弱なもんで、いかんともしがたかった。
 うんカラオケ楽しいね!
 普段からもっと回数増やしてもいいんじゃない!
 
 たっぷり楽しんだその後は銀座でお食事。
 そういうと諭吉さんが徒党を組んでダッシュで逃げるような
 バブリーきわまるきらびやかな雰囲気を想起させますが、
 一応ジーンズで入っても怒られないお店でしたよ?

 割と遅くまで唄ってたってのもありますが、
 過ぎてしまえばあっという間の楽しい晩餐会でした。
 お食事を共にするのもあの4年前の四条河原町のマクド以来か…… 
 ニューさんがちゃんとニューさんだったので安心してた。
 
 ご一行と別れて宿屋に戻ると、
 昨夜からの面々に加えて美鈴さんがアンブッシュ。
 だがすごい勢いで全員布団に沈む。布団にすら沈まず畳に沈む者も多数。
 信じがたい事だけど昔はイベント前夜祭で徹カラ、
 イベントが終わった後に焼き肉そして徹カラとかやったんだぜ。
 もう若くないんや私らは……
 


★翌日

 珍しく、今回は私も三日目に残留。
 近藤さん・弥生さんと私の三人パーティーとなって、気怠く秋葉原へ。
 とりあえずメロブかー、と入り口に向かったところで
 何か見知った顔と出くわしたりもした。

「めりとさんだー!」
 
 しかしその後めりとさんを見た者はいなかった。
 
 取りあえず買い残した本を買い込んでデニーズでgdり、
 更にポメガ2のためにもう一度メロブへ戻り、
 おきまりのQMAに大相撲検定とかあったので一回だけチャレンジしてEND。
 本当はもう少し時間があったけど、
 今回は飛行機だし乗り遅れの許されない一発勝負ということで
 実に早めの行動に打って出た。どうしたんだ今回の反魂さん。

 羽田空港に行ったら何とフライト50分前!
 うんこしてもまだ30分残っていたという。
 まさに完璧。
 
 その後はほぼ意味もなく岡山メロブまで足を伸ばし、
 人生史上初めて同一日に2カ所以上のメロンブックスに入店するという
 あまり意味もない快挙で幕引きを飾ったのでありました。
 今回はほんと、実に交通が平和で良かった。
 やはり時間に余裕をもった行動というのは大切なのですねえ。

 ……押上? 何のことかな(口笛

 ◆

 というわけですごい雑なレポでした。ありがとうございました。
 次は夏かー。受かってなくても一応は上京する予定。新刊持ってね。
  
スポンサーサイト

【5/25-27】 例大祭行ってきます。

 
 今回は珍しく月曜日までまたがっての二泊三日旅行。
 行楽半分でのんびりしてきます。
 新刊を落とした現状でスペース番号を書いて
 一体どうしようということもありませんがき-15b。

【頒布物】
 落とした新刊の代わりに短編小説のコピ本を置いておく予定です。
 出すはずだった小説の世界観をベースにした、文庫8Pという驚きの薄さ。
 二日で書き上げました。こんなんだけ筆が速い。
 神子が思わせぶりなことをぺらぺら喋るだけの謎な作品。

 置いておく「予定」というのは、
 表紙をどうするかまるで決めてないからです。
 最悪すごい白い表紙になっているかも。
 というか実際問題、当日用意できてるのか本気で不透明です。
 もし完成してれば、無料配布ですのでまあお土産代わりで
 ご自由にお取りいただければ。

 あとは既刊をいくつか置いておきますので、
 よろしければ前を通りがかってやってください。
 
 というわけで、現地ではよろしくお願いしますー。
 

【5/24】 久しぶりにサイトを少し更新。

 
 というわけで広告が消えました。
 実際のところソフトの入ってるPCをしまい込んでいて
 なかなか更新できなかった、というのが真相です。
 早く環境を移設しないと。
 
 そのサイトと、昨日の日記もお伝えしましたが
 例大祭新刊は出せないことになりました。
 ギリギリまで何とかならないかとがんばりましたが悪あがきでした。
 
 色々考えて落ち込むこともあったのですが、
 まあ今後も書けるなら書ける、書けないなら書けないで
 それは自分の考えをどう取り繕ったって変わらない結論ですし、
 なら書ける方に向けて努力しないとなと思う次第です。
 こうなってしまった以上、切り替えていかないと仕方ない。
 
 今後のことについてもかなり考えてますが、
 それも今の段階から筋道を決められる訳もなく。
 まあ今回のけじめ的なことは決めていて、
 それは例大祭後にここへ書くよう考えていますが
 別にそれほど重大なことでもないです。
 重大なことにしようか、と散々迷ったのも事実ですが。
 
 悲劇っぽく思ってみても自分の人生ですし、なるようにしかならないので。
 やることをやる傍らで、小説を書く以外にも
 楽しそうと思えることにはやっぱり正直でいたいです。
 小説でごはんを食べてる訳でもないというのに、
 最近の考え方ってやっぱ近視眼になりすぎだし、不健康だとは自覚してます。
 

【5/22】 ひとまず日記で。

 
 例大祭新刊は落ちました。
 
 楽しみにしていただいてた方には申し訳ございません。
 また、例大祭という大きなイベントでブースを頂戴しておきながら
 こういった結果になったことをお詫び申し上げます。
 
 今回もし新刊が出せなければ……と思っていたイベントでした。
 それでなくともずっと新作が出せない状況が続いているので、
 自分としても何かを変えなければと思っています。
 こういうことを続けていては、他のイベント参加者の方に顔向けできない。
 自分の中でおおむね考えは固まっていますが、
 それは例大祭が終わってからまた書こうと思います。
 

【5/14】 今週一週間、また潜ります。

 
 ここに来て真剣に創作と向かい合えないなら終わりでしょう。
 覚悟をもってやります。
 

【5/10】 原稿

 
 がんばってます

 ラジオは明日はお休みさせてください……ただ来週はやります。
 そのときいい報告ができるかどうかは分かりませんが。
 状況はかなーり厳しいですが、
 この作品を形にしたいと思う自分の気持ちが勝つなら
 必ず間に合うだろうと思います。
 
 泣いても笑ってもあと少しの日数……できる限りのことはしていきます。
 

【5/6】 勝負の一週間にします

 
 うすうす気づいていたけど、書き方を忘れてしまっている。
 集中力も衰えているし、昔みたいにすらすら展開が湧いてこない。
 すっかり別の生き物になってしまったような感じがする。
 
 今週一週間は、文字通り勝敗を分ける一週間になります。
 原稿に集中したいけれど、あいにく膨大な仕事が待ち構えていて
 多分平日は死んでることが確定。
 そのしわ寄せで休日も死んでることは確定。生きてる間は原稿。

 もう1年以上も新作を出していない現状、
 今回落とすのは絶対に許されない。
 なのでせいぜいこの日記で生存報告はしようと思いますが、
 どこぞを含めて当面の間、無口になっててもお許しください。

 ここから目一杯ストイックに行かないと。泣くも笑うも今週次第なので。
 

【5/4】 ラジオはお休みですよー

 
 法事で一族郎党がひとつ屋根の下に集まっているので
 深夜にラジオしてたら怒られてしまいます。
 というわけで今週は申し訳ない。
 
 
 ときに月見草さんのご厚意で一足お先に鳥船遺跡を入手!
 ネタバレしない程度で感想したためておくと、
 まあ世界観が凄い好みというか、
 いろいろとまた想像の余地がありそうだなと。
 想像の余地は創造の余地。

 音楽のほうも、すごく物語性を感じられる構成になっていて
 素晴らしかったです。まる。
 そして明日からの残り2日間は一も二もなく原稿ですわ。
 

【5/3】 げんなり……

 
 もう本当、自分のイメージの固まらなさに愕然とする。
 例大祭の原稿用の物語が、なぜ未だエンディングや雰囲気規模で揺らぐのか。
 どれだけ定まっていないの。
 
 原稿は割とピンチ。
 前々から思ってたけど、明確にプロットを立てないで
 頭の中でイメージした物語をイメージのままに出力するって方法は
 今の生活では限界に来ているんではなかろうか。
 ある朝想像した物語の雰囲気が、
 その日の夕方には微妙に食い違っているとかよくある話。
 
 その辺も含めて、色々自分を変えていかないとなーと思うのでした。
 例大祭の原稿も、突貫工事にならないよう
 残りの日数を計画立てて使っていかないと。

 
 あ、明日のラジオは8週連続のお休みとさせていただきます。
 今回はサボりや仕事ではなく、単に家の法事とぶつかって
 夜の宴席まで含めて親戚づきあいに奔走する予定だからです。
 無念。
 

【5/1】 なかなかうまく行かない

 
 時間が使えるようになると、イメージがしぼんでしまう。
 書きたいことを大量に溜め込んでいたはずが、
 いざ書ける環境になると一つもアウトプットできない。

 難しいもんです。
 明日は所用でほぼ一日使えない見込み……なので、
 いい意味で気分転換して連休後半戦に勝負を駈けましょう。
 
 あ、秘封倶楽部の新作CDは月見草さんにお世話になることに。
 明日には到着しそうな気配。楽しみ!
 
リンク
プロフィール

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。