スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1/19】 中二病が予想以上に良かった。

 
 一月ほど遅れてようやく最終話まで見終わったんですがこれ良作ですね。
 感想書いたってブヒブヒを和訳した文にしかならないと思ってたのに
 いい意味で予想を裏切ってくれました。
 
 まず一にも二にも六花の幼児性がよく現れていること。
 ギャグ調の中二病一本足打法かと思ったらまったくの予想外、
 この庇護欲をかき立てられる主人公はものすごく魅力的。
 妄想設定で日常生活をデコレーションするのと同じ勢いで
 手放しで悠太を頼ったり子供のように泣きついてみたり、
 ついでに悠太に対する邪気のない上目遣いがいちいち反則級。

 そして一方では健気で聞き分けがよく、真面目で融通が利かない。
 作品後半で六花が中二病を患うに至った経緯が語られますが、
 中二病以外にみられる六花のこうした性格に対しても説得力があった。
 これでキャラに奥行きが生まれ、魅力を覚えて
 どんどん感情移入できたのでした。
 
 この作品は中二病を茶化して終わりにしなかったのが偉大だった。
 キャラクターの一記号で終わっていたらここまで絶賛しなかったです。
 哲学的な考察があるでもない、ご大層な高説が聴けるわけでもない。
 知れた理屈でもその病巣、それを引きはがして大人になっていく痛み、
 観ててむず痒くなる反面、何となく応援したくなる。
 中二病とは一体何なのかを語る力加減に過不足がなかった。
 だから物語が引き立った。女の子も可愛いから、これで作品として十二分。
 私が視聴した2012アニメの中では確実にトップ評価です! 素晴らしい。
 
 サブキャラちょっと雑にまとめすぎじゃねとか、最後のカリ城EDとか
 思うところは少々あるのですが、まあ京アニだし。京アニだし。
 詰め込みEDになるよか、これくらいコテコテEDのほうがマシというもの。
 ポイントの演出や表現技法は素人目にも白眉でさすがだなーと思います。
 ひさしぶりに青い光線が私を呼んでる感じですが
 部屋の収納が追いつかない。でもこの作品は何度見返しても良いと思う。
 うおーん……。
 
 あ、今日は残り2話になっていた衰退も完走しました。
 そっちもとても良い作品でしたが、話はまた後日に。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。