スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4/3】 センバツも終わりました

 
 ワンサイドゲームになったようですが、
 意外と高校野球の決勝はこのパターンが多い。
 何年か前は21-0とかあった。
 
 しかし済美のエースが連投連投で、また宿痾の「将来性」議論が。
 アメリカの報道が外野から焚きつけ、
 WBCで記憶に新しい球数制限や連投制限のシステムが
 更に火種に油を差した感。議論するのはまあ、別に良いんだけど。
 
 
 そもそもWBCの球数制限や連投制限は言うまでもなく、
 トップ選手が多数集まっているからこそ考案され、かつ成立したシステム。
 多くが「エースとそれ以外」という戦力環境の高校野球で導入すれば必然、
 抱える投手の枚数が多いチームの独壇場になる。 
 ワンマンエースの学校より、有力選手を集めやすい強豪校が有利に。
 そんなん、待っているのは今以上の格差社会よ。
 
 それに大学社会人プロで野球を続ける人ももちろんいるんだけど
 中には高校で野球が終わる人もあるわけで、これらは個人の事情。
 一人ずつ異なる青春がある中を「ルール」で画一的に縛るのは、
 言うまでもなく理不尽極まる。問題提起と解決案が合致していない。
 
 今回安楽君に連投させたのは、、
 高校野球そのもののシステムよりまず監督でしょ。
 一人ひとり異なる進路希望があるのだから、
 監督が選手とコミュニケーションを図り、球児の意思を聞いてみたり
 逆に自分の意見を伝えるなりして、合意を形成すれば良いだけ。
 プロであれ高校であれ、選手の起用に監督が全責任を負うのは同じ。
 お互い納得したなら、あとは外野の声なんて無視しとけば良い。
 
 
 あくまで「教えの庭」の一部である甲子園の舞台に、
 業界の発展性の観点からルールを押しつけるとしたらエゴよ、それは。
 「十年後の野球界よりこの一瞬」っていう球児だって多いはずよ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。