スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3/26】 熱意があるとか無いとか

 そんなん個人差はありません。
 金をとって原稿書いてメシを食ってる人間ならいざ知らず、趣味趣味な人間が熱意ナシで小説なんて面倒くさいもの書くかい、という。

 誰にでも熱意はあるし、創作に向き合う態度が真摯かどうかなんて根本的には関係なくて。

 ただ、自分がやろうとしてることと、それに牽連するべき結果を無視しちゃいけない。
 点数が欲しくて作品を書いているのか? このキャラを徹底して可愛く描きたいから創作しているのか?
 何かしらのパトスでもって創作する限り作品は生まれ続ける。
 そしてそのパトスの末にどんな結末を自分は思い描いてるのか?

 自分が好きなように書いた作品で他人に受け容れられるってのは、誰にでも与えられるお恵みじゃ無い。

 別に創作に限りません。自分の思い通りに物事が運ばないことなんていくらでもある。
 そうなったとき、例えば匿名掲示板の威を借るとか逆にPNかざして意見を表明するってな素振りで、
どうも最近理不尽なまでに尊大な物言いが目立つようになってきた。
 それこそ創想話スレで書き逃げしてる間は、あのスレ以外のどこにも波風は立たないかもしれません。
 今はまだ、自分で理不尽だと気付きながら書いている筈。
 霖之助物が嫌いだから高得点むかつくとか、
 一部の有名作者以外は読まれてさえ居ないのサ、とか、
 レスした当人も恐らく自分で僻みであることを自覚しながら、あれらのレスは使い捨てられていると思う。

 匿名だからと気楽に書いてるあの内容が、でもいつか本物の言い訳に置き換わらないとも限らない。
 名前が出ないのを良いことに好き勝手書けてた理不尽な要求が、いつか正式な訴えへと「昇格」しないとも限らない。
 その時に、ぐんにゃりねじ曲って行く自分を怖いと思わなきゃいけない。
 


 自分が書きたい物を書いて、それで他人にも認めてもらいたい?
 そりゃ誰でもそう思うです。
 でもそれには、途方もないパワーが要るんですよ。他人を圧倒するパワー。
 とんでもなく難しいことなんですよ。
 とんでもなく難しいから、言い訳がとっても楽だ。
 自分以外のせいにもしやすい。

 自分が面白いと思って書いている作品が他人に首を傾げられたら、まずは自分のせいにしましょう。
 名前読みとか卑怯だ、純粋に作品の出来だけで評価されるべき! ……とか、ひいて自分の作品を創想話に投稿すれば誰かに読んでもらえて当然だ――と思い込んでいる人が、あのスレを見ていると意外に多いんじゃないかと思えてくる。

 誰かが読んでくれるのを待つんじゃなくて、
 誰かに俺の作品を読ませるんだという心で創作に臨んでゆけば、それが人を振り向かせる力になる。
 高得点を欲しがりつつ、誰かが読んでくれて当然なのにと待ってるだけの人が居はしないか?
 読み手というのは、誰にでも平等に与えられるものなんかじゃない。
 それだけ、絶対忘れてはいけないこと。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。