スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4/3】 えーっと

 何を話そうとしてたんだったか……
 あ、ああ絵師さんとか昨日言ってますね。
 絵師さんか。
 絵師さんといえば、某氏に早急に渡さなければならないものがある。
 うん、あまりに不躾と化してるから早くせねば。でも次は夏コミ?



 さて絵師さんについて。
 とはいえ……絵師さんについての事って話しにくいんですよねえ。
 同じ同人創作とはいえ異種のことだから技術的・センス的な話は出来ませんし、恐らくは絵師さん側もSS書きに対して同じ事を思ってそうな気がします。
 私なんかはSS書きとして、別に人に分からぬ特殊技能を駆使してる気はさらさら無いのですが。

 大学時代からの友人と、あと身内からも先日似たような話が出たので書いておく気になりました。
 本を作るにあたって絵師さんにご協力を仰いでるSS書きさんは身の回りに多々おられますが、そういう人は後日に至るまで交友が存続しているのか? と。
 そんな話題。

 回答としては、「人それぞれ」。

 絵師さんが表紙絵・挿絵を寄稿されている場合、大まかに分けて2種類あります。一つは突撃隣の晩ごはんパターン。そしてもう一つが、学生時代の同好会や勃興の同人サークルを含めた日常的な通交で、文章担当と絵担当が最初から二人組で動いていたという方々。

 後者については別段書くこともないので、今回は前者に絞ってのお話。そんで最初の質問の答え。
 身の回りの実体験談を聞いてると、協力いただいて以来その絵師さんと顔なじみになった方もありますし、当該イベントで御礼の挨拶してそれっきりの方もあるようです。ここに私自身の事は敢えて書きませんが、交友に積極的なSS書きは根幹に「同じ東方好きとして」とか「同じ同人誌屋(語弊を承知で敢えてこの言い方で)」であるという薄ーい意識がまずあって、絵師さんに対する尊敬の念とはまた別物として、そっから先は良い意味での済し崩しってのが真相です。
 当たり前といえば当たり前の結論。
 仲良くされてる方は仲良くされてますよ。
 逆に「この本に協力してくれとお願いした以上、その本限りの縁だ」と線を引かれる文士さんもあります。

 それで思い出しましたが、ちょーっと前の創想話スレかどっかで「同人小説本の絵師さんって、どうやって選んでるの」みたいな話がありましたので、それについてもお答え。
 えーと、自分の好きな絵師さんです。(ぁ
 あとは、その時の作品の雰囲気に合う方。
 私含めSS書きはほぼ全員そのいずれか、またはその両方の選び方をされてるんじゃないですかね。
 そりゃあ誰だって「この人の絵はあんまり好きじゃないけどなー」なんて人にゃ頼みませんって。
 ファンだからこそ、お願いするんですよ。



 創想話は創想話であって、本となるとまた全然別物のプロセスが加わってきますねー。
 その中でSS書きが疑問に持つことは当然沢山ある。
 先輩風を吹かせるほどベテランでもないですが、私も何度か本の製作を経てきました。その度自分自身の不作法な対応を恥じ入るハメになってるのですが(今回などは原稿形式を伝え忘れて後から大わらわに……すみません絵師さん方)、まあ絵師さんの話題に限らず、「小説本ってどうやって作れば良いんだ!」「こういうのってSS書きはどうしてるんだ」って思うことは多々ありますね。
 イベント会場でもネット上でも、そういうのはどんどん私とかに聞いて下されば良いのですよ。
 持ってる知識はおわけしますから。
 ……もちろん、答えられない内実の質問も多いですが、そういう時はそう答えるだけ。
 



 ――とここまで来て、さて、ようやく本題に移れる。
 穂積名堂さんが現在「小説同人誌の作り方」ということで、連載企画を行っておいでです。
 宣伝でーす。
 どんどん充実してゆくと思われますので、どうぞご注目下さい。
 私自身も注目している。
 
 とりあえず2項目めが出来るまで宣伝を待ってみたけど、3つめはいつ頃だろう。
 いつまで経っても更新されない場合は「おせーぞ穂積名堂!」とか怒鳴ってあげると「ギギギ」とか言う特別仕様だと思います。

 それすら待てない?
 困った時は人に訊く! (ぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。