スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5/9】部屋の片づけが

 
 終わりませんでした!



 ジャーンジャーン!



 いい加減にしろって話ですね。
 絶対的な物量が――って前にもこの話をしたなあ。
 「使うかもしれない」っていう道具をいい加減捨ててしまえば、もうちょっと空間が空くんでしょうけども。

 そして地味に、同人誌の置き場所に困り始める。
 元々特定の作家さんしか買わない人だったのが、最近見識が広まって色んな人の素敵な本に手を出すようになり、すると途端に本棚が食い尽くされていったとか。
 私が行き始めたイベントの一番最初から買ってた人なんて、身内サークルを除けばふすま喫茶さんとairdropさんくらいじゃなかろうか。その二カ所も所々抜けがあるとか。
 某氏と先日話しましたが、私の好きな絵師さんは大体クーリエの絵板から好きになっている方。 

 そういう反面、小説本の揃えの充実ぶりと来たら素晴らしい。行ったイベントの本は大体揃えている筈。なんて言いつつふじつぼさんの「epilogue」とか東雲庵さんの「こんぺいとうと白いコスモス」とか、妙なところで抜けもあるのですが。
 この時の例大祭は神主列に並んで内部の目玉を根こそぎ完売御礼食らった挙げ句、バタバタしてて委託販売を取り逃がした二重の苦輪。

 あ、部屋の魔空間に呑み込まれて消失したと信じ込まれていた穂積名堂さんの「空蝉」は、GWの大掃除で幸運にも発掘されたんだそうな。
 ソフマップの紙袋に入ってるとかどんだけー。
 たぶん列車内で読んで、いつもの癖ながら適当な荷物の袋へ放り込んだに違いない。



 小説本はついでに厚くて更に形がまちまちと来て、余計収納に頭を悩ませる始末。
 新書、文庫……と本のサイズで揃えるか、サークルごとで揃えるか非常に悩み所。この二タイプが初期刊行物と後期刊行物で異なって、同じサークル内で違う大きさの本が混在してる場合も多いので。
 小説本を買って下さってるありがたいそこの貴方! その本棚も、大体同じ苦労が察されます。
 ごめんなさいね意思統一してなくて!

 やっぱ同人誌は、極力ぞんざいに扱いたくない物。いや別に商業誌を放り投げてる訳じゃないですが。
 でも湿気を吸いそうだとか荷物をぶつけそうな本棚には、まぁ絶対並べない。一回汚損したら最後だってゆう気持ちが非常に強いし。
 観賞用と保管用、みたいな買い方は基本的にしない人です。
 唯一自分の文章が入った本だけは複数持つこともありますが、それにしてもJOKERはやっぱり一冊こっきりで阿求世伝が2冊、恋花帖が3冊とかいう薄弱な態勢。 

 あ、でもここで反魂さんから一言アドバイス!
 自分の本を出したときには、必ず5部以上手許に残るよう計画しましょうね!
 最初から「まぁ自分用のは2部で良いや」とかやってると、予想外の人への手渡しとかで結局「俺の本なのに俺の手許に残らなかった!」とか現実として有り得るという(
 5部残すって計画してれば、最終的に手許に残るのが大体2部とか3部くらいになってるもの。



 何の話でしたっけ。
 とにかく同人誌は、使える本棚スペースが狭くなると、そういう話でした。
 あと部屋が片づかないねって話。

 今後はもうちょっと入手量考えようか―― 
  

 
 web拍手レス。
 全部この間の5/6のエントリに寄せて頂いたとか。

■今の自分にぐさりと刺さるお話でした。

 つ、突き刺してしまった……!
 すみません私のペラペラ喋った言葉に。
 何というかとりあえず、どんな人でも「こんな素人ごときが書き手名乗るんじゃねえ」とかそういう権柄ずくな態度をとる人は多分私の身内には居ないので、その辺は気楽に構えて頂けると。

■身の締まる思いです

 ……というレスをいただいてしまうと、私の方こそ身が引き締まる不思議!

■9割読み専気分の私はあまり気にしたことのないテーマ。SS書いて誰かに読んでもらえればSS書き、なんて言ってると本気でやっている人には怒られてしまいそう。

 むーむむむ。
 やまぁ、本気でやってる人が本気でやってない人を怒る、とかそういうのも割と幻想チックな話で、これも私の身内ではそこまで言う人は居ない。というか、良くも悪くも他人は他人な人達なので。
 口だけ達者とかだとそりゃ白い目で見られるでしょうけど、誰かの創作姿勢を見て蔑んだり下に見たり、口を開けば叱責の言葉を飛ばすとか、そういうお節介を焼くほど暇な人も見つからない。
 「どうせやるなら骨身入れてやれやこのタコォ!」みたいな体育会系は居ないので、ご心配なく。

 しかし拍手に続きがある。
 
 
■ところで、反魂さんのSSは毎回読ませていただいております。それで、今回のテーマとは一ミリも関係ないのですが、ほりごたつのHPに掲載されている反魂さんのSSは、最近の作品まで更新されることがあるのでしょうか。いえ、あの、幽香霖をあそこで読みたいという我が儘ですごめんなさい。創想話でも読めはしますが、好きな作家さんの作品をズラリと並んでいるのを見てニヤニヤするのが好きな変態でゴメンナサイ。 みつば 

 HAHAHA、私が一番気にしているところを!

 というわけでこんにちは、です。
 けーらくひこうを突かれました。多分私が死ぬる。

 放置しちゃいけない、いけないと思いつつ放置し続けて早1年数ヶ月。
 お座なりながらカウンターを設置してみてますが、読んで下さってる人が確実におられるんですよねえ。
 などと、他人事のように。

 久々に更新してみようかしら――と思い立ったところで、余計遠ざかる部屋の片付け。
 くそう、一日が三十五時間あれば良いんだ。
 どうでも良いですが、あのサイトは当時タグを必死にググって作成したフル手書きサイトなんだとか。
 本当にどうでも良い情報でした。
 今あれを手書きでタグ打てって言われても普通に覚えていない。



 というわけでこうしてやる気にさせてもらいましたし、時間を見つけてそろそろ最新へと前向きに更新してゆこうと思います。あれから結構作品数も蓄積しましたし――何より『待っている』と言って下さるその一言が励みになるものです。
 いやはや本当に嬉しいことです。……ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。