スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6/23】 こぼれ話と戦利品 と、コメント返し

 基本ミクシーと共用です。一応書き添えておくと、レポは昨日の日記に。
 なお明日は、仕事の関連で帰宅が遅くなるため更新をおやすみします。

 * *

 レポに書けなかった思い出話その1。
 あのときの感情が、今更心にじりじり蘇る。
 人比良さんとお話をつきあわせてみたところ、スカートをめくられたりめくってあげたりした人には、一方的ながら私も知っている人が多々おられたようです。
 気さくな方が多かったお陰で場は和んで終わりましたが、当の私は死んだ魚の目と化してもう抵抗するのも疲れていて、なすがままにされて人の顔など覚えていない。
 「今だけだから……今だけ我慢すれば……この嵐が過ぎ去ってくれれば……」というエロゲでお馴染みのこの心情描写を、まさか自分自身で体験できるとは思っていませんでした。
 合計20人とか言ってましたが、総合してみるとどうも30人近いです。
 あのときの心は、自分自身怖いくらい「諦めて」いたことに今更ながらぞっとする。
 これは……琥珀さんだ!
 
 その2。
 mokiさんが持ってきて下さった差し入れはドロワーズに引っかけて「ドロリッチ」でしたが、生憎私はドロリッチとやらをしらず、カフェオレ的な物体かと思い込んでストローさしてキュウッと呑み込んだそうな。会場内で喉が渇いた時間帯でしたしね。
 あれです。
 どろり濃厚ピーチ味を呑んだ瞬間の国崎某と、全く同じリアクションやっちゃいました。

 その3。
 結局今回も難攻不落のまま終わったスターバックスでしたが、シナモン風味を聞かせたチョコレートドーナツが謎に美味すぎて生きるのが辛くなった。

090623senri.jpg


 それでは戦利品晒しと参ります。

 まず会場での品々。
 ■ドロワーズ合同
 説明不要
 ■A Lollypop and A Bullet(まちるだ氏)
 冷製にタイトルを見てみて「……桜庭氏! 桜庭女史じゃないか!」と昂奮したら
 あとがきにちゃんと書いてありました。感想はまた後ほどに。
 ■月の夜の(YU氏
 人比良さんにくっついてたら、何だか私までいただいてしまって恐縮。
 こちらも感想は後ほどー。
 ■Spell Stylus ・ 魔理沙vs悪夢 (和泉幸奇氏)
 本が実は裏表紙ですが半分くらい故意かもしれない。
 あとKOURINDOには言われるまで気付かなかった。
 ■「ユメワダチ」(チタンあるみナイドさま)
 それにしても苦節――大方一年近く?
 かなり前から原型を聞いてたような気がします。乙です。
 ■名刺 (熊さん)
 私は裏の阿求さんに恋い焦がれ、周りはウルトラマンフォントに夢中でした。
 赤色バニラというサークル名の元ネタがどうとかと、風の噂で耳にしつつも……?

 
 続けてその他の東京戦利品――おっと、

090623senri2.jpg


 カメラを持つ手がずれてしまったよ。
 写真右側に何かが映っているように見えるが、鮮明では無いな――

 ■土足 (武者プルーンさま)
 床間さん他、色んな方の熱烈プッシュでゲット@メロブ
 翌日御本人を目の当たりにするとは思いもしなかった
 ■夜明けのソリチュード (赤色バニラさま)
 爆発もしなければ水没もしない。
 お陰で店内、探すのに一瞬手間取った。
 ■そして
 写真に映ってはいないけど、ドr


 ところで画面右隅のはお土産だそうですが、現在どのように手を施そうか難儀中です。
 以前ほりごたつメンバーの好意でいただいた別のある物と並べて壁に飾ろうかと呟いたら二見さんに「謝れw」と言われるレベルの、今回の大切な頂き物は、
 ……やっぱ家族の目に触れないところが良いような気がしますね、ええ。


 コメントをいただいていたようです。

■要約すると豪華な変態さんたちが書いた話を載せた本という事ですね、なっとくです。 翔菜
 
 変態は豪華に着飾ってはいけない。あくまで紳士であるべきだ。
 たとえばネクタイと靴下は男の嗜み。それ以外は何も要らない。

■大丈夫、ドロワーズさえ忘れなければなに忘れても許してもらえる やよい

 しまった、それも紳士の嗜みか――!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。