スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9/1】 SS配信について某氏へ、的な。

 極端な話、誰得になるという。
 その点絵お絵描き配信とは決定的に異なるのですが、この差異を託っても仕方ないですね。
 独特の文章の生成方法を持ってるならいざ知らず、ただ単純に、平淡に、カタカタと、日本語が羅列されてゆくシーンを見てそうそう楽しんでもらえるものじゃありません。ましてトークしながらSS書きなんて、少なくとも私はそこまで器用ではない。

 テストを除き過去2度やったSS配信は、私の場合「見たい人だけ見てくださいね」というスタンスでした。一切の演出や趣向にかかずらうことなくひたすらSS書くことに専念して、それを動画で「配信している」というよりは「配信されている」といった表現の方が正しそうな塩梅。
 裏でソフトがうぉんうぉんと冷却ファンいからせながら稼働しているだけ。私にとっての気負いといえば、ラジオのように面白いことを言わなければなんていうプレッシャーもなく、ただ人の目があるという若干の緊張感だけでした。
 母ちゃんに監視されながら勉強してる8月31日の小学生です。



 「おれは、かーちゃんの奴隷じゃないっつーの!」 (じゃいあん 1970~)



 まぁあまり気負わないこと――というか、基本こんな配信を見て下さるなんてこの物好きめ大好きだ! くらいの気持ちで、少数歓迎でやる企画だとは思います。ワープロカタカタで40人も50人もを注目させるなんて、万に一つでも望めるなら私だって工夫とか趣向凝らしに頭を捻りますとも――或いは読者から何かアイディアを募るとか、それくらいしか無いです。
 へぇ~ここをこういう風に推敲するんだ、はぁ~ここでこんな感じで表現を付け足しするんだ――なんてコアな楽しみ方を、どうぞ楽しんでくださいと自信満々には私達とて言えない。同じSS書きとして、他人がそれをやってるところが参考にならなくはないですがー。
 とかく、SSは実況配信には向いてないもんです。けどそれでもやってみて、一人でも楽しいよって言って頂けるなら喜んでやりましょう。
 と、私は思うのでした。ニッチ産業万歳。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。