スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5/9】 文章のこと。

 
 twitterで話してたことの続き。
 こんぺで言うところの「本読み少女に恋をした!」あたりは、
 web小説として自分でも好きな文章。
 書籍で好きなのは恋花帖の収録作品、福岡で出したいつぞの一次小説コピ本、
 さらに強いて言えば六花に収録された作品――といったところ。

 さて。
 最近の作品がまったくありませんが、それは最近の文章が気に入っていないから。
 twitterでも書いたんですが、うざいんです。蝶うざい。
 書いてる時は気分良く書いているんですが、後から見返すと思わず首をひねる。
 作品としての自己評価はさておき、文章的なことで言えば最近は
 自分で納得できるものは作れていません。はっきり言って。

 ひとつの理由には、文章に対する集中力が衰えていること。
 電車の中、あるいは締め切りに追い立てられる中で時間ばかり気にして、
 集中しきれていないのは確かです。
 ただ、そっちはさほど大きな問題でもありません。

 もう一つのもっと大きな理由は恐らく、文章を知りすぎてしまったこと。
 書き始めた頃に比べて、知っている文章の書き方は段違いに増えています。
 細やかなニュアンスを書き分けたり演出効果を出そうとするとき、
 昔よりもたくさんのやり方を知ってしまっている。
 できることが増えたために、鬱陶しいほど手の込んだ文章が増えた。
 それが、読みやすい文章にすることを阻んでいる原因です。

 ◆

 これもtwitterで話してたことですが……
 たまに某スレで、文章が上手な書き手として私の名前が挙がるのを目にします。
 それに私は、違和感を覚える。
 少なくとも私は、自分の文章が上手だと思ったことは一度もありません。
 謙遜ではなく、客観的に見て自分の文章が上手だとは思えない。
 
 最近の自分自身の文章を読み返すと、余裕がないなあと感じます。 
 一文の中で、つねにいっぱいいっぱい。
 様々な工夫だけはいつも凝らされ、そういう知識は沢山ついているようですが
 今の状態を見る限りでは「悪達者」という日本語が最も適切。
 こういうのを上手とは呼ばないと思います。
 ましてや、非日常的な単語を並べるのは断じて文章上手とは呼ばない。

 今は迷いがあり、余裕がない状態。
 目指しているのは勿論、迷いがなく余裕がある文章です。
 ひとつのきっかけで光が差しそうな状態がずっと続いていて、
 しかしなかなか光明は訪れず、
 言い知れないもどかしさに身悶えするここ最近。
 もっと上手になりたい。一言で言えば、結局それに集約されるんでしょう。

 ◆

 明日から、夏コミ原稿に着手します。
 文章の話に限らず本作り全体に言えることですが、
 自分ができることを冷静に確かめたい。
 幽明櫻の原稿には苦杯を嘗めさせられましたので、
 早速夏に向かって邁進します。

 書きかけのテキストファイルを開くとき、わくわくできるような作品が目標。
 そして願わくばこの2ヶ月少々で、もっと上手になれたらいいなーと思います。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。