スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5/31~?】 仕切り直す。

 
 私は本当にSS書きを名乗る資格があったんだろうか、という話。
 上手になりたいという気持ちはあったけども、
 気持ちだけなら誰でも持てる訳です。
 いずれは上手な作品ができるだろうと、根拠もなく信じていたような気がします。
 
 口ばっかり達者でお前は具体的なこと何もしない、とつくしさんに怒られた先日。
 言い訳のしようもなく事実だと思います。
 ただ私は、自信家だった訳じゃないです。
 外から何かの知識や情報を入れられると、純粋培養してきた自分自身の作風が
 崩れるような気がしていて、私はそれをずっと嫌っています。
 自分の中にある感性や生まれつき備わった天稟の在り方だけで、
 SS書きとしての個性にしたいという憧れがある。
 その辺は、前に当人にちらっと話したような気もしますが。

 ただ誰に言われるまでもなく、そんな芸当ができるのは一握りの天才だけ。
 つくしさんでなくても、それこそ傲慢な考え方だと怒られそうですね。
 ただ私自身は、ずっと他人の考えを踏襲するのを怖がってたのが事実。
 だから今まで過剰には本も読まず、文章論の理屈を毛嫌いして生きてきた。 

 しかしながら宝石の鉱脈みたいな才能が自分に用意されている訳でもなく、
 結果としてはやはり、傲慢だったのかもしれません。

 ◆

 そう考えると、私は全然SS書きとして「生きて」いなかった。
 土曜の夜、またつくしさんに怒られたのをきっかけに、
 自分が今までどういう考えでSSを書いてきたか、
 ここ2日間をかけて思い出してみてました。

 一つ二つの感想に小躍りし、
 吹けば飛ぶような創想話やこんぺの実績にすら縋ったりして、
 上手でもない自分の腕前に必死で満足しようとしていた。
 いつの間にか自分の中でつくる理屈だけを信じて、
 いつか上手になれるだろうと期待して漫然と書くようになっていた。
 冬コミの「鼎」も例大祭の「鈴蘭」も、全然不完全なのです。
 最後は時間に追われるなどして、百パーセント自分の力を出せていない。

 挙げ句にGWでは、新刊を落とし……
 それでも笑っていた自分を冷静に見つめ返して、正直愕然としました。
 自分の全力を出した作品を出せていないことに、感覚が麻痺していて、
 その言い訳に上に書いたような気持ちを宛がっていただけではないのかと。

 今思い返すと、小説を書くということに対して、
 ものすごくなめた態度を取っていたような気がします。 
 
 恥じるべき行為だったと思います。

 ◆

 これからもう一度、私自身の気持ちをゼロに戻します。
 まず、人のアドバイスをちゃんと聴く。知ったような口で反駁しない。
 私の周りに居るSS書きの方は、まず間違いなく私よりは真摯に創作をやっている。
 そして大抵、私よりも文章創作についてきちんと考えている。
 対等ぶって反論などしてきましたが、私はまだ教えられる側の人間。
 生意気をせず、人の言うことはちゃんと聴く。それが一点。

 それから、知識を蓄えることへの抵抗をなくすこと。
 専門書を読んだりっていうのはなかなか出来ないかもしれないけど、
 どうすれば物語が面白くなるかという工夫や理論は惜しまないようにしたい。
 自分を高めてくれる知識や言葉があれば、今後は素直に取り込もうと思います。

 ◆

 この2日間必死で色んなことを考えて、
 正直なところ非常に落ち込んでいました。
 ただ、夏コミが迫ってきて、いつまでも迷っている暇はありません。
 今書いている作品で、自分がどうなれるかを試したい。

 これまでの反省を込め、自分に対して課すことが一つあります。
 夏コミ新刊である今執筆中の作品を、
 自分で納得できる完成度で仕上げられなければSS書きを引退しようと思います。
 別に今から夏までに上達するのは、無理ですしそんなことは言いません。
 ただ原稿を落としたり、鈴蘭の時のようにバタついてとりあえずってんで
 帳尻を合わせるような真似だけは論外。
 自分自身が100%の力を出し、今の自分の力で書ききりましたと胸を張れる本を
 きちんと書けるかどうか、それを将来を賭けて確かめたいです。

 勿論、むざむざ引退する気はありません。やりたいことはまだ山ほどあります。
 ただ、今までの漫然としたやり方で続けるならそれも意味がない。
 自分が本当にSS書きになれるかどうか、変われるかどうか、
 自分への賭けとしてこの夏に臨んでみたいです。



 悩めば悩むほど言い訳の必要性に駆られて、
 最後は自分が情けないやら不甲斐ないやらでした。
 思えば昔から、こうしてちゃんと苦労と向かい合うことを嫌う性格でした。
 つくしさんの言う通り、結果や結論ばっかりを急いで、
 途中の苦労を要領だけで乗り切ってしまおうとする性格でした。

 つくしさんにも、ほりごたつにも、穂積名堂の方々にも、
 その他色んな方々(特にSS書きの方々)に、
 もう一度胸を張って自分もSS書きだと言えるようになりたい。
 技術的にもそうですが、今のままでは誰とも対等に向かい合えないと思う。
 今まで、こういう熱意を出すことが何となく恥な気がして、
 ずっと自分だけで何とかしようと勘違いして一人躍起になっていた気がします。
 今日からそれを、仕切り直したい。
 そして夏には、本を作るようになってから初めて、100%の力を出し切ったと
 宣言出来る作品を作りたいです。

 つくしさんを始め、土曜日に某所でお逢いした方々には
 本当に醜態をお見せしたと思います。ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

 まだ気持ちが荒れているので、更新を2,3日お休みします。
 疲れている部分もあると思うので、万全になるまでちょっと時間をいただきます。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。