スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【7/12】 さすが宮崎先生!

 
 http://blogs.itmedia.co.jp/yasusasaki/2010/07/ipad-ab70.html?ref=rssall
 俺達の一歩も二歩も先を行く男だぜ!

 ◆

 この記事の根幹をなしているのはiPadに対する誹謗中傷ではなく、
 また「消費者になってはいけない。生産する者になりなさい」でもなく、
 ファンタジーの世界が重みを失っていくことへの懸念だろうなと思います。
 
 多少の語弊を我慢すれば、バーチャルと言い換えても良いでしょうが……
 氏からすると、ファンタジーと名の付く世界は、
 蓋しスクリーンの上や手のひらの上に展開しきれるものではないんだと思う。

 映画は恐らくあくまで「生産」なのですが、
 ファンタジーの世界が「人が作りだせる世界」「人の用意した世界」、
 「人の手の中に複製出来る世界」へとすり替わっていくのは、
 きっと不本意以外の何物でもないのだろうと思います。

 ◆

 世界を「作りだす」人は多くなりましたが、
 世界を「見つける」ことの出来る人は、
 漫画やケータイのせいで多分減ってしまったんだろうなと思います。
 その意味で、何も無い時代を生きた人は
 世界を見つけるのが上手だったと思われ、ちょっと憧れたりもする。
 
 一生かけても逢わない人が居るのと同じように、
 一生かけても見られない世界があるんだということを、
 ふっと心に思い出すのでした。

 ◆

 我ながら宮崎駿信者もここまで来ると病的な気がしますが、
 少なくとも私は、このコメントを戯言と呼ぶ感覚が理解出来ません。
 この記事における宮崎監督の言葉は、
 素人なりにも創作を手がけている人全員にとっての金言だと思います。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。