スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDA。

■PDAの草分け「ザウルス」生産停止、高機能携帯に押され
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081213-00000034-yom-bus_all

 はにゃーん。
 高機能携帯よりはハンドヘルドの方に押されたかもしれませんね。
 ミニノートが5万円前後で普及してきて、ホットスポットも沢山出来て、今PDAに縋る利点が薄らいだか。
 高機能携帯でPDAの機能を代用できることはほとんど無いと思いまふ。

 一部の知人は知ってますが、私はSS書くのにこのPDAというやつを使ってます。
 他には近藤さんと、あとニューさんも持ってる。
 私のはシグマリオン3という、恐らくは名前だけでも聞いたことがあるんじゃないかという機種。

 これがSS書くのには途轍もなく便利で――
 まずJIS配列のキーボード、TXT・RTF保存対応のワードパッド完備で土台は盤石。
 OSはWindowsCEというPDA専用のOSですがあくまでWindowsなので直感的に機能が使え、何よりON・OFFが1秒以下で出来るというのが良い。しかも電子手帳みたいに、閉じた時の画面そのままで。
 ONしたら書きかけのSSが表示される。1行書いて、電源ボタンを再びOFF。
 続きを思い付いてポチ、カタカタカタ、ポチ。ポチ、カタカタカタ、Ctrl+S、カタカタ、ポチ。

 こういう使い方が携帯道具で出来るのは、SS書きにとってはこう、夢のような環境。
 上記のシグマリオン3だと大きさは新書本とほぼ同じ、厚さと重さは同100ページ分くらいかな?
 しかもATOKまで使えるというダメ押し。
 
 なんでPDA執筆なんて思い立ったのかはもう判然としませんが、私が私淑する作家さんに渡瀬草一郎さんという方がおられます。その方がシグマリオン3は小説執筆に非常に便利だ――と、どこかの本の後書きで書いてらして、それが確か購入の切っ掛けだったような。
 好きなプロと同じ道具を使いたいお年頃ってあるじゃないですか。ほらほら。

 そんなこんなで入手してみたシグマリオン3ですが今や糟糠の妻、すっかり最高の便利道具として不動の存在。Eeeを使う機会も最近は増えましたが、何だかんだで場所を選ばないことと軽さと小ささと起動のクイックさはPDA難攻不落の牙城。
 物書きにとっては、PDAは時代に駆逐されるような道具じゃありんせん。むしろこれほどまで過不足無く物書きにフィットした機械は、あとにも先にもPDAだけだと思ってます。
 それ以外にPDAという道具が戦える領域があるのかどうか分かりませんが、たとえ今後廃れてゆく機械だとしても、歴史の中に確実に残ったツールだと思うんですよ。PDA。
 ホントにシグマリオン3はお勧め。SS書きには超お勧め。
 執筆ライフが根底から変わるくらいお勧め。
 いきなり実機を触れるお店も最早少ないので、もし身近に持ってる人が居たら触らせてもらいましょう。
 私のだったらいつでも。
 ただしやさしくしてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。