スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9/12】 どこかで同じような言葉を書いた

 
 何となく、昔が懐かしい。昔は、こんなに色々悩んでなかったです。
 何も考えずに創想話からSSを書き始め、何も考えずに同人誌に場を移したけど、
 そこで既にボタンを掛け違っていたとは、しかしどうしても思えない。

 現状に満足出来ないのは、間違いなく今の私のせい。過去の私のせいじゃない。
 だから、まだ戻れると信じています。
 
 年が流れて境遇が変わって、知識も幾許か増えて、確かに同じではいられない。
 その知識には必要だったものもあれば、不必要だったものもあると思うし、
 不必要な知識の中には避けられたものもあれば、避けることは出来ず
 いずれ知らねばならなかった事もあるとは思う。

 支離滅裂の中には混乱や、抵抗や、好き嫌いや、敵意や自棄も大いにあります。
 自分で分かっていて口にする矛盾もある。
 全容が肥大化してしまって自分の把握していることも曖昧になり、
 複雑に重なればどこで糸が絡まっているのか、口にしないと分からなくなる。

 いっぺんにたくさんの情報を取り込んでいって、夢を急加速で膨らませて、
 その場その場で日和見の理想を何種類も抱えるから、それらが矛盾を起こす。

 そして、時間が無い時間が無いと叫んで、本はどんどん理想型から遠ざかる。
 理想を賄いきれず、それが色んな人への負い目という「負債」になる。
 「もっといい本に出来たのに」と思う余地を残したまま本を作っても、
 当たり前だけどぜんぜん達成感が得られない。
 そしてやがて負債で首が回らなくなる。

 
 ちょっと休め、とはずっと前から言われてることでした。
 事実夏コミで反魂蝶を書き上げた後、例大祭SPの新刊を諦めたのは
 自分で下した「休みたい」という決断です。

 自分なりにできる量を考えて、設けたのが「次の新刊は冬コミ」というライン。
 厳密には、その間に紅楼夢のほりごたつ原稿が挟まるのですが。
 簡単に言えば、もっと自信を持って本を作っていきたいのです。
 読んでくれる人が居てくださるのですから。
 そして、そのためにはリソースが要る。


 ちなみに冬コミの本は、かなりライトで、
 今までみたいな重々しさの無い本になる予定。
 ボリュームそのものも、反魂蝶よりはぐっと落ちると思います。
 それでいいのです。その物語を、私なりに「完成」させることが出来たら、
 読者の皆様に向かって、きっと晴れやかにご挨拶できる気がする。

 今の時点では、まだ言い訳を探してしまっていたので。

 矛盾や悩みを吐き出すことは、言わずもがな何の生産性も持たない。
 私は悩みをここで吐露するために同人誌活動を続けている訳じゃありません。
 休むってのは、手段にこそなれ、最終的には何の解決にもならない。
 
 私が読者のためにしたいのは、私なりの物語を完成させて届けること。
 それをしなければ、私の悔しさは絶対に晴らせないです。
 

 昨夜某所でまとめられなかった感情をまとめると、そういう感じです。
 意地で同人活動を続けるなんて無意味だと思うけれど、
 今だけは「手段」として、私なりの意地を貫いていい瞬間だと思う。
 
 まだ東方が好きで、物語を書くことが好きでいられて、
 それを読んで下さる読者が居て、それを書くことが私に可能である。
 そんな月日は、けれどひょっとすると、長く続かないかもしれない。
 

 それまでに私は、自分がやり遂げた事に確信を持ちたいです。
 このまま何も出来ないで終わるのは、絶対に嫌です。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。