スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何というかなあ。

 うまく言えないんですけどねえ。
 なら言わなくて良いじゃない! ということなんだけど。

 もうレビューがレビューじゃなくなってるような。
 書かれてるのは確かにレビューなんだけど……何というか、それで良いのか?


 
 一応最初に断っておくとあの流れに苦言を呈したい訳じゃなくて、むしろ作品のイントロを掲載するデータベースにするならそれはそれだし、作者同士が仲良くするのはとても結構なことだと思います。
 でも、昨日のあれはなんだろう。名乗り出た方にはここでレビューいたします?
 なんじゃそりゃ、としか言いようが無かった。

 大体レビューって、人に頼んでしてもらうもんでしたっけ? 
 人にそんなこと頼むくらいなら、言わずとも何かを語らせたくなるような作品を書けば良いじゃない。
 そしたら自然と誰かが何かを語ってくれるわけで、それを待つからこそ、誰かが自作のことに触れてくれたとき、嬉しいんじゃないのと。
 作品が自然に語らせてくれたんだ、という形が嬉しいんじゃないの。

 
 
 mixiの方で某氏に長大なレビューをお送りしたのがつい一昨日のことですが――。
 二つ。
 作品の良いところをレビューさせる力は、作品が持つ面白さ。
 作品の悪いところをレビューさせる力は、作者に対する信頼。

 悪いところなんてレビューする必要ないじゃないって?
 いやいや妖夢。
 実際に悪いところへ言い及ばなくても、悪いところを見なければ本当のレビューは出来ません。
 作品を魅力的なように紹介するのも一つの技術だけど、恋は盲目なんて言っていい加減な提灯記事を書き綴ればそれは、作者に対して途方もなく失礼なことと自覚しなければいけない。
 平たく言えば、事に臨む真剣味?

 それが感じられないから馴れ合いに見える。

 悪いところを必ず挙げろという訳じゃないです。どうも勘違いされてるっぽいのですが、ガチンコの創作論ってのは悪いところを遠慮会釈無く喋って殴り合うという意味じゃない。
 本当の書評は、論評する側とされる側の間に、絶対的な信頼感が要るのですよ。
 それが無ければ、確実にどちらかが肩透かしを喰らってすっ転ぶ。

 

 レビューと称して掲示板に掲載するなら、その作品とは真剣に向き合わなければならない。そんな当たり前のことさえ疎かになってるように見える。
 書けば良いでしょ、なんて姿勢でレビューをやらないで欲しい。創想話の参加賞みたいな感覚でレビューを扱わないでほしいし、作者さんも誰かに書いてもらったぁわーい! で終わらないで欲しいし。
 レビューする方だって、本当は命がけじゃないといけないんですよ。
 レビューするってのは、読者が作者に対して攻勢に転じる瞬間。
 私なんか、自作を出すよりもレビューを出す方がよほど緊張しますからね。



 誰でもレビューがもらえる、というのは、作者同士が交誼を作り出すには非常に良い端緒だと思います。
 ただ、そこから先の一歩を見失わないで、あの流れを維持するならしたら良いんじゃないの? という。
 
 そして、それが匿名BBSで達成できる事業かどうかといったら、答えは火を見るより明らかですね。
 だから作者同士、どんどん交流しなされやと私は日頃から言ってるのでした。
 みんなmixiとか入れば良いんですよ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それもまた1つの創造行為

・しばらくは反魂。 何というかなあ。   http://hiedanohangon.blog41.fc2.com/blog-entry-64.html ・ほりごたつブログ // 和風あんかけレストラン : 感想   反魂   http://horigotatu.exblog.jp/9948036/ 反魂さんのエントリを読んで思ったこと。 レビュー...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

>どんどん交流しなされや
というわけでトラバ送ってみました。同意しますというそれだけで、それ以上のものにはなってないのですが。

どうもです

 いえいえ、ありがとうございますー。
 思えばブログを始めた3年くらい前はこのトラバというシステムが今ひとつよく分からず、右往左往していたのをおもいだしますが――

 ともあれ読んで下さった&協賛? してくださってありがとうございますー。
 TB返しいたしました。
リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。