スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【11/28】 どうってことはない。

 
 たかがイベントを1個スルーしただけじゃないですか。
 今や星の数ほどもある東方イベントを……たった1個だけ……
 スルーしただけのこと……

 ……うわあああああああ!(泣
 やっぱ行きたかったです秘封オンリー!
 当たり前です。やせ我慢に決まってる!

 土曜の夜、あの夜行バスに飛び乗らなければきっと後悔するなんて
 最初から嫌っていうくらい分かっていたけれど、
 本日当日、twitterから聞こえる楽しげな歓声を耳にしていたら
 心底やっぱ行っておけば良かったと。
 ケツが落ち着かなかったです。ケツが。

 なにしろ最高のイベントだったようですからね!
 売り切れ続出で、一般参加者には優しくないイベントだったかもしれませんが
 創作側としてこれほど嬉しいことはないでしょう。
 私もちょっぴり参加させて頂いたサナトリウムは15分で完売という
 ナニソレ状態のニュースを耳にしましたし、勝手に我が事として扱って
 鳥取で小躍りして喜んだ。それが現地であれば、どんなに良かったか。

 ちなみに私のターゲット品は、翔菜さんに頼んでおつかいしてもらいました。
 某氏1名の以外は全部ゲットできたということですよ。
 自分が一般参加で行ってたら逆に、他のターゲットサークルさんの品々を
 買えなかったかもしれません。
 翔菜さん本当にありがとう! 多少のNDKも気にならないくらい嬉しい!

 ……でもやっぱ自分で行きたかった(以下エンドレスリピート

 twitterでリプライ返すのが大変なので、ここで一括して南無三。
 参加された皆様、大変おつパルかれさまでパルした。パル。
 

 ◆

 事前の人出予想、周囲の声やツイートは割と楽観的で、
 根拠は無いながら「そんなことはない、多分想像以上に盛り上がるぞ……」と
 胸の内で私は反旗を翻していましたが、
 それにしてもいや、これほどまでとは流石に思いませんでした。

 でも、だいぶ昔から思い入れのあるキャラなので素直に感慨深い。
 キャラが好きってのもあるんですが、創想話やこんぺで
 いくつか作品を書いてきた身とすると、創作上の思い入れも割と強い。

 うまく言えないですが、東方の他のキャラでSSを書く時って
 大抵キャラの動きを妄想することから物語が組み上がっていくんですが、
 秘封倶楽部のSSを書く時は、世界の動きの妄想が先行し、そこから
 キャラが立ち回っていく。
 まず世界がどう動くかを妄想していて、世界がどんななのか想像して、
 キャラがそれに合わせて動くことで物語になっていく感じ。
 
 裏を返すと、私が書く秘封倶楽部の小説はあまり能動っぽさが無い。
 そういう自分の傾向を意識的に壊そうとした作品もこの間書きましたが、
 なので私が読者に回るときは、蓮子やメリーの個性を際立たせてから
 それを世界観に反映させていくような、そんな作品が好みとなります。

 とってもどうでも良い話でした。
 そいえば書きかけのが1作、実はHDDで眠ってます。
 自分自身はすごく好きな話なんですが本にするにはちょっと尺が足りなくて、
 そして完成にも程遠くて。
 遠い未来にいずれ、創想話で公開できたらいいなと思ってます。

 ◆

 ……という、不参加者のイベント雑感でした。ぐすん。
 周囲は休む間もなく冬コミ準備に向かっていくと思われますが、
 一方の私は今しばらくチャレンジ期間を継続し、
 ラノベ大賞応募用オリジナル小説の製作に取り組みます。
 
 冬コミ落っことされたのはショックでしたが、止まっていられませんしね。

 しばらく東方から距離を置いた創作を続けることになりますが、
 でも願わくば、次の例大祭はちゃんと受かっていて欲しいな……と。
 今日の秘封の盛り上がりを見て、改めてそんなことを思った次第です。
 オリジナルを書くのはとても楽しく、その楽しさが今度は東方での創作意欲に
 逆流してきてる気がして、何だかんだで今は楽しいです。
 ひところの心身とも疲れ切っていた頃に比べたら、ずっと充実してます。
 
 

 あっそういえば、告知したサナトリウムですが通販でも売り切れたようです。
 あっという間でしたが、ありがとうございました!
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。