スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12/15-16】 KAGEROU楽しみです

 
 二日ぶりに自宅に戻りました!
 しかし明日はまた帰宅が遅くなるので、明日の更新もお休みです。
 ここ最近こんなのが続いてますね。冬コミにもし受かってても、
 今年の場合は原稿を落とさなかったという自信ないなぁ。
 時間的にも体力的にもそうだし、そしてまず気力が充実しないと
 大きなスケールの小説って書けないですしね……。
 
 さて、その小説。
 水嶋ヒロさんの「KAGEROU」が発売されたようなので、
 明日仕事終わったら書店行って買ってこようと思います。
 私にしては珍しい速攻です。しかしこれは、とても急ぐべき本。

 某所では早速に批判が渦巻いてるようですが、
 私自身まだ読んでいないので何とも言い様がない。
 まぁ騒ぎが大きくなって耳年増に色んなことを見聞してしまう前に、
 早く読んでしまいたいと思うのでした。期待作ですし。

 もちろん、面白くなかったら率直に面白くなかったと書くかもしれませんが、
 仮にそうだとしても、水嶋さんが伝えようとした物はきっと見える気がする。

 人気若手俳優、という確固たる足場を固めていた人が、
 その立場をフイにしてまで書こうとした小説な訳です。
 その気概だけでも読んでみたくなる動機としては充分でしょう。
 どんなことを書き出したかったのか。

 匿名で大賞を取ったとか(諸説あるけど)、あと俳優としての視点や
 価値観がどうとか、そういうのはまあ傍系のことでしかなく。

 * 

 amazonの評価も見ましたが、何というか、かんというか。ねえ。
 ああいうのはねえ。ダメです。世に面白くない本があるのは当然として、
 何かしら本そのもの以外に向けられた別の妄念が渦巻いているように見えて
 仕方がない。錯覚じゃない筈。

 それが業界への怒りであれ、出版社への怒りであれ、作者への怒りであれ、
 書かれてる内容はまあ個人の自由なんで何でも良いですが、
 まあせめて七割引くらいで。それでも高いくらい。
 そりゃ逆に出版初日に礼賛が飛び交ってる状況、なんてのも
 また微塵すら想像してませんでしたが、あれは正直どうなんだろうなと。
 一連の騒動が振り蒔いていた疑念の種が、一気に噴出したとでも言うべきか。

 いずれにせよ世間の評価は、もっと冷静な評価が出揃わないと分かりません。
 ただ、それが出揃ってしまってからでは個人的に遅すぎる。
 話題作で、個人的に期待している作品だからこそ、
 純粋に楽しみな気持ちを抱いたままあの本を読んでみたいなーと思います。

 もし、それで面白くなかったら、それで良いとして。
 

 
 ……ただ、上記を踏まえて。
 その場合でも私は、この世界に現に存在する著者を意識して、
 その作品その著者に「応える」感想を書くと約束します。誓います。
 アマながら小説を創り出している一人の書き手として、そうしたい。
 例えば「この作品が売れることで業界がダメになる」みたいな言い方は、
 私は絶対にしません。
 
 そんな言葉を平然と作り手にぶつけるような作り手には、
 私は絶対になりたくないですね。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。