スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年漫画的にアツアツで行くか

 達観して飄然と万物に構える不動心を貫くか?



 と、すっごく真面目そうな書き出しをしてみました。

 人に出来て自分に出来ないこと、なんて数えてみたらキリが無い。
 そりゃあ完璧な人間なんて居ない、ってんで何でもかんでも一番になれる筈は無いんですが、それにしても三番や四番や、全体の半分よりは上に行きたいとか、ちっさい虚栄心でもそういうのがあるじゃないですか。

 創想話にしてもそうですが、誰より高得点を取れるなんて人は創想話の中に一人しか居ない。
 創想話なんて東方の、二次創作SSのごく一部の溜まり場ってんでどれだけ大きな集団でもないですけど、どんだけ母体を絞ってもナンバーワンになれるチャンスなんてそうそう無い。
 ナンバーワンになったら嬉しいはず。
 けれどそのナンバーワンは遠い。
 だからまあ、うっかりすると全部諦めてしまいそうになる。「何をもってナンバーワンって言うんだい?」なんて物知りの顔をして宣って、そこから議論と称した現実逃避が始まる。
 実際そうやって、現実に大半のものを諦めてるのが私達。
 何でもかんでも一番を狙ってたら脳味噌と筋肉がパンクしますから、それはしょうがないんですけども。

 そこで最初の問い掛け。

 出来る人を見てると本当見とれるというか呆れるというか――仕事にしても趣味にしても、創想話にしても東方というゲームそのものにしても、出来る人はむっちゃくちゃ出来る。
 単純に憧れたり、すげえなあと思う。
 だけど「それをやってるのもどっかの一人の人間なんだぜ?」と、時々自分の声が聞こえる。
 聞こえるよね? 聞こえるでしょ?

 負けたくないですよねえ。
 あれが自分にも出来るかもしれないじゃないかと考えると、ならやってみたいなとなる。心に浮かんだ可能性は妄想を連れてくる。
 負けを認めるまでは負けじゃない、とかホント少年漫画みたいなことを書いてみたくなる。
 「これは勝ち負けじゃないから」なんて、何も努力しない内に口にしちゃダメよ。みっともない。

 ネットコミュ上ではともかくリアルだと周囲には割と淡々とした人間に見られてますが、私は筋金入りの負けず嫌い。
 その意味では、内面は結構少年漫画かもしれません。 
 だから「いや俺、SSとか趣味でやってるだけだし」とか言う人はあまり好きじゃない。
 SSを趣味でやるのは別に構わないし、一番を目指さないならそれでも結構。ただそれを口にすること、そこから垣間見える性格がたぶん気に食わない。
 
 勝ち負けそのものを追い掛けなくても、原因と結果は必ず連結します。
 勝たなくても負けないことはあるし、負けなかったのに勝てなかったこともある。
 結果を求めなくても、物事に向かう姿勢として――まして人に読んでもらう活動において、「趣味でやってるだけだから」とか言わないでほしいです。強がりでも良いから「上手くなりたい!」って言っててほしいです。
 その方が、見てて絶対に気持ち良いし、SS読んでても嬉しいのですよ。 
 


■明日は職場の忘年会のため、更新をお休みします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。