FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

 今年もどうぞです。

 それでは毎年恒例行事――といって実はまだ2年目だったり今までのはmixiだったりするのですが。
 ミクシーの方では作者仲間向けにコメントを書いていたのですが、こちらでは読者さまへの決算。

 さて長丁場
 08年のSS総まとめです。
 まずはCoolierさまのところから。


■ぱちぇもえ (1月6日 東方創想話 34KB パチュリー)
 お正月SSってあまり書いたこと無いな、と思ってましたが実は去年こうして書いていました。
 お話のテーマがテーマなだけに、あまりお正月っぽさは感じなかった。
 ぱちぇもえ。

■樹形図 (2月13日 東方創想話 39KB 霊夢)
 私がよく書くパターンの作品。自分の中では、典型的な反魂の作品だなーと思ってます。
 ただ書いた後に割と後悔することがあったりしますが、この作品はそうでもありませんでした。
 というのもこの手の作品は、結構ひよってたりするのです。当初の案と。 

■幽香霖 (5月19日 東方創想話 68KB 幽香霖)
 個人的には「しるし」での書き方が一番速度が出る書き方。
 70KBくらいありますが、だからこれは確か1週間もかかってなかったです。
 職場の休憩時間を使ってちまちま書いてた記憶があります。休憩時間に何やってんでしょうね。

■潮騒 (5月22日 東方創想話 14KB 咲夜)
 あの騒動からも、もう半年以上経ちました。あの時はお騒がせしてすみませんでした。
 コンセプトとしては、実は「潮騒」という言葉を東方で使いたかった。ただそれだけ。
 どうでも良いですが個人的には、二次創作の幻想郷なら海が存在してたって全然構わないと思います。
  
■或る盲いた兎 (6月24日 東方創想話 10KB 鈴仙)
 読んで下さった方には申し訳ないのですが、この作品は正直自分でもよく覚えていません。
 何が書きたかったのか、何を伝えたかったのか――
 歯車が微妙に狂っていた時期で、何をやっているのか自分でも分からなくなっている時期でした。

■天空のデリカテッセン(7月17日・8月26日 東方創想話 91KB 衣玖天子)
 上に同じ。
 天子と衣玖を描いてみたいということでしたためた作品でした。

■阿礼少女 (8月1日 東方創想話 40KB 阿求)
 熊さんが主催された阿求合同誌「阿求世伝」に寄稿するために短編用として書いていたのが原型。
 本作は、その没原稿を手直しした作品です。阿求世伝には、別の作品を寄稿させて頂きました。
 ですが、これも上に同じ。正直この時期の作品は振り返れない・振り返りたくないとしか。
 本当に申し訳ないのですが。

 そんな不調から脱出させてくれたのは、阿求世伝への寄稿とコミケ参加でした。
 熊さんには今でも感謝しています。

■おまめさん(掌編) (10月30日 東方創想話 4KB 幽々子)
 反魂「紅楼夢で一緒のスペースなんだし、当日なんかコピ本しません?」
 近藤「じゃあゆゆ様本で」
 反魂「おk!」
 ==3日後==
 近藤「ごめんやっぱ無理だった!」

 ……とまあ、穂積名堂さんと合同スペースで申し込んだ紅楼夢の直前、その穂積名堂の近藤さんがちらっと零したコピ本計画がありました。
 ところがただそれだけの言葉を私が本気にしてしまい、うっかりコピ本2頁用の原稿を書いてしまったのであります。めでたしめでたし。

■ZENRA (11月24日 東方創想話 22KB 霖之助)
 これはmixiにも書いたんですが、
 「霊夢は黙ってそっぽを向き、濡れそぼった前髪をきゅ、と絞ってみる。」
 この辺すごく気に入ってます。何というか、びしょ濡れに濡れた女の子の髪が途方もなく大好きで。
 
 ――なんだね、その目は。

■びいだま (12月13日 東方創想話 9KB 色々)
 キャラの欄に「色々」と書きましたが、この日記を書くにあたり創想話wiki行ったらジャンルに「色々」って書いてあって、うわあ素晴らしいジャンルづけしてくださって見知らぬ貴方にありがとう! な気分になったので。
 ただその上の「ZENRA」のジャンルに「はだか」ってあったので色々と台無しだぜ。
 個人的には、ある程度意図したものが書けたと思える作品でした。自分で気に入っている作品です。

■ぽんぽこ! (12月22日 東方創想話 45KB たぬき)
 Theme BGMは 『いつでも誰かが』。(笑
 
 実家が山の中なもので、車庫に迷い込んできた子ダヌキを二度ほど相手にしたことが実際にあります。
 実際のタヌキは基本的に夜行性で、ついでに白粉に似たすごく変な匂いがするので、作中の霊夢みたいに抱き上げて愛でるのはなかなか難しいです。私はやりたくありません。
 かわいいのはかわいいんですけど。
 
■素肌につけるだけじゃない。 (12月1日 プチ東方創想話ミニ 7KB 早苗)
 投稿ペンネームは「明後日が誕生日」。
 お祭に参加したのに参加してないという、なんとも不思議な立ち位置を実現しました。
 ちなみにさくらももこさんが一時期トランクス最高、なんてエッセイで書いておられましたけど、今でも履いてらっしゃるのかしら。 

 

 続けてその他の場所の東方SS。



■夢現、北斎百景夢百景 (3月2日 東方SSこんぺ5 17KB 蓮子メリー)
 この小説は、実はプロトタイプ。
 本当はまったく別のストーリーが考えられていた小説で、それはそれでいずれ完成させてみたいと今でも思っています。
 機会があれば……。

■本読み少女に恋をした! (10月4日 東方SSこんぺ6 101KB 咲夜&オリキャラ)
 上述、夏場の長い不調を脱した頃に書いた作品。
 ようやく書くのが楽しくなってきて、散々遊び心を出しました。読んだ人も気持ち良くなれる作品になっていれば良いな。

 しかしこのカードを隠し持って遊びに行った京都の触れ合いは楽しかった――
 すぐ横でこんぺチャットに興じるつくしさんがこの作品を「良かった」と言って下さった時の、あの微妙にほくそ笑む居心地と言ったらもう。
 反魂さん超意地わるい人。

■わたしの一番星 (3月11日 ??? 29KB 早苗)
 この作品については、きっと存在すら知らない方がおられるとも思いますが……

 うん……
 その、何だ。
 こう、気の迷いというか。

 もうこれ以上聞くな!
  


 では続いて書籍。


■青の季節 (8月 コミックマーケット74 16KB 阿求)
 ○赤色バニラ『阿求世伝』 寄稿
 阿求世伝、今見返してみても本当に素晴らしい本でした。計画が進んでいる頃はメンバーの豪華さに尻込みしたもんですが、その顔触れどおりに密度の濃い超上質な本。
 私ごときがその中に混ぜてもらったというのは、未だに信じがたい話ですね。

 他の人が読んでどうかは知りませんが、私の中の阿求さん像はきちんと描けた作品。阿求さんのためだけの本に寄せる作品として、そこだけは忘れたくなかったところでした。
 空十雲氏に褒めて頂いたのも、光栄にして嬉しい想い出。飲み会で暴れてたのはライナ氏でしたか。
 打ち上げでご一緒した皆様、そして主催の熊さん、本当にお疲れ様&ありがとうございました。 

■ふらんちゃんえっち (11月 東方紅楼夢4 4KB ふらんちゃん)
 ○四面楚歌『ふらんちゃんマジかわいいよ』 寄稿
 タイトルは今考えました。そういえばタイトル案を伝えたような気もするけど忘れてしまった。

 かわいーいふらんちゃんを書いてキャーってなりながら提出したら、全国各地の人から一級品の変態呼ばわりされました。
 誠に遺憾ですね。

■巫女舞 (11月 東方紅楼夢4 73KB れいさな)
 ○ほりごたつ『恋花帖』 収録
 ……大変でした。色々と。

 百合小説は、一度書いてみたいと思っていたものでした。
 そんな私も昔は、百合とかきらーい! と吹聴していたような記憶があります。最近軟化したんですよ。
 いやこれ軟化って言うのか?
 
 ただ好き合ってイチャイチャ、じゃいかにも軽佻浮薄だろうと思ったので、しっかり小説の形態を意識して書いた作品。漏れ伝わってくる評判はかなり良くて、冥利に尽きるところです。
 何人かから「文章そのもがエロイ」って言われたのもこの作品。
 ひょっとすると遠回しに、お前のエロさは隠しきれないレベルだって言われてるのかもしれんぞ。
 大変だ。

■「飛び梅」 (11月 tenjinBe4 13KB オリジナル小説)
 ○穂積名堂『恋ノカタチ』 寄稿
 これもタイトルは今決めた。ちなみに提出時には、「ラスト・ダイヤモンド」という題名でしたが、本の体裁上作品名は記載されておりません。
 この本については身内以外だとご存じない方も多そうです。ほりごたつか穂積名堂さんのスタッフブログから、11月末くらいのエントリを探して頂けると書いてあります。

 今年書いたオリジナル作品は、結局これ1作品でした。
 本当はもっと書きたい。
 作品自体はかなり気に入ってます。


■■総括

 東方創想話   11作品
 プチ創想話    1作品
 某所        1作品
 東方SSこんぺ  2作品
 書籍        4作品

 合計 19作品  636KB

 でした。
 少ないですねえ。もっと頑張りたいです。
 中でも個人的に、特に好きになれた作品は『巫女舞』、『本読み少女に恋をした!』、『青の季節』、『びいだま』、『飛び梅』でした。
 8月の熊さん、11月の人比良さん・床間さんと何度も合同本にお誘い頂き、自信作を本の舞台で発表する機会に恵まれたことは幸せ以外の何物でもありません。
 お三方ともありがとうございました。
 そして、本を読んで下さった貴方様にもありがとうございました。

 本当にありがとうございますの一年でした。
 09年はあまりエロくならないよう邁進しますね!
 清純派の反魂に乞うご期待!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。