スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1/5】 C81レポ。

 明けまして冬コミレポ。
 今回は荷造り段階から冬コミ本番でした。
 仕事→家に帰らず直接上京→高速バスで帰郷の弾丸ツアーを組むに当たって、
 荷物の極小化を図る必要がですね。

翔「委託お願い!」
つ「委託お願い!」

 ……ご覧の有り様だよ!(本30冊を抱えながら)
 ちなみにこれ当人方に落ち度はなく、単に宅配搬入期限に合わせて
 案内を送れなかった私が悪いのであるよ。インガオホー!

 ◆

 というわけで。
 思いがけず就労時間が延びて高速バス停到着は発車7分前@夜の鳥取。
 7分前行動とか素晴らしいじゃないですか。
 余裕ある行動バッケンレコード更新じゃないですか。
 モスバーガーで想像以上に時間を食わなければ奇跡の十分前行動でしたよ。
 モスバーガー普通に調理して作ってた……

 さて冒頭の荷物削減の余波で、今回文字入力デバイスの一切がお留守番。
 ちうわけでバスの中では読書タイム、「僕の妹は漢字が読める」を読了。
 ……うん。これについての感想はまた改めて日記のネタに使うとしよう。
 
 寝てた。
 浜松町BTに到着したのは、翌朝5時59分。早!
 待機列の好位置をキープ出来そうな素晴らしい出足です。

 おつかいのリストを検め、ブースに順位付けを施し、
 めくるめく紙袋を脳裡に描きブースの攻略ルートを念入りに立案しながら
「東京到着なう!」
 山手線で意気揚々とツイートし、ふと車窓を見る。


 YURAKUCHO


 ウカツ!
 Twitterに没頭するあまり乗換駅のSHINBASHIを通過!

 せっかくのバス運転手のがんばりを水泡に帰しながら、
 5分ばかり浪費してとにもかくにも7時過ぎに会場へ到着。
 西端のトイレ少し前のポジションをゲット、そこそこまあまあ満足の心地で
 鞄のポケットから今度は現代文明の利器を取り出す。
 
 この日のために調達してきたのだ。
 Nintendo3DS(黒)とマリオカート。

 買ったはいいもののほとんど触っただけの状態だったので、
 改めてCPU相手にちょっとだけ練習。
 どうせ宿屋に行けば近藤さんから勝負をふっかけられるのだから、
 ここで修練を積んでおけば夕方には近藤さんの鼻を明か……!


 わずか3戦で指が悴みKO。この日の気温は3度くらいでした。
 外でゲームする環境ではありませんね。失敬。
 そしてこの実戦不足が、やはりというか、後々の屈辱に繋がる――

 ◆
 
 やがて列移動がはじまり、上昇したボルテージが放射冷却を押し返す。
 1日目の我がターゲットは、まずおつかいのエリオ画集とギルクラグッズ、
 それから個人用、まどマギ原画集会場限定イヌカレー表紙バージョン。
 
 大階段手前とかなり近い位置で開場の拍手を聞くも、
 そこから時計はくるくる回り、初手シャフト列の最後尾を捉えたのは
 すでに11時も目前。今回はとにかく入場列が進まなかった。

 辿り着いたシャフト最後尾看板には「二限」の文字、
 なら私もエリオ画集買おうかな……などと甘い計画修正に勤しんでいると
 先頭側からどよどよ、と波及してくるスタッフの声。

「はいエリオ画集売り切れましたー」
 
 えええ! 早ぇよ!
 計画修正とか甘かった! 私どころか近藤さんの分も買えなかったよ!
 いや7時に開場待ち列に並んで、まさか遙か手前で売り切れ御礼とは――
 
「はいマギカ画集も一限となっておりますー」
 
 いやいやいや! 二限って書いてあったじゃん!
 
 そのまま粘って最低限の一部は確保したものの、
 途中で請け負っていた影さんの分が一発で入手出来ず。予定外想定外。
 その後のギルクラ列が対照的に所要1分でスムーズに終わり、
 ならばとばかり気を取り直してシャフト列二周目へリトライ。

「はいマギカ画集完売ですー」

 神は死んだ。
 恨み言だけど、ちょいとシャフトの行列組に対する処置は後手後手だ……。
 
 帰り間際、一縷の希望で垣間見たなのはブースも長蛇の列とあって断念し、
 オーガストのVoソングコレクションなる掘り出し物を買い込んだり
 半ば諦めていた翔菜さん用京アニshopけいおんカードセットを確保したりと
 小さな勝利を二つ三つばかり拾って、コミケ一日目の戦争はここで終了。

 ◆

 さあ。
 いざ浅草。

 コミケ会場を後にしたら、そこは次の戦場。
 賽は投げられた。最早待ったなし。 

 嚆矢鳴り響く刻限は、結局満足な練習も出来ないままにやってきた。
 沸き上がる歓声、轟き渡るエギゾーストノイズに唸りを上げる緑色の甲羅。


 ……マリオカートだ! (ゲーム機を取り出しながら)


 場所はいつもの。
 寂れたその宿場に集いしはいつもより若干少なく、幹事の雨虎さん以下
 近藤さん河瀬さんと私の計4名。
 マリオカートが! 僕らを! 呼んだから!

 100ccグランプリ。反魂の駆る恐竜、序盤調子の上がらないレースが重なるが
 経ること数レース、近藤さんを亀で仕留めるなどの奇跡的な躍進で
 ついに訪れました戴冠の瞬間!
 2位以下を引き離してラストラップ! 待ちに待った優勝の栄誉が!


 ティウンティウンティウン(画面にスライドインしてくるトゲゾー)


 ヨッシー「解せぬ……!」
 ▽4位:反魂


 こいつは流れが悪い、ということで、夕食のためデニーズにお出かけ。
 ジューシーなハンバーグと白玉パフェで験を直して
 今度はバトル勝負!


 ヨッシー「解せぬ……!」
 ▽4位:反魂


 ちょっと待って。なんでみんなそんなに上手いの。
 ここ1ヶ月やりこんでる近藤さんはいざ知らず、
 DLプレイ参加でつまり初体験である河瀬さん雨虎さんが
 何でそんな巧みなハンドリング!

 グランプリでもバトル個人戦でもBクラスが定位置となったヨッシー、
 その背中が煤けてきたところで、泣きの一戦。
 ひとりが足を引っぱっても、他人がカバーすることで勝負が成り立つ
 バトル団体戦へと勝負の舞台が移行。
 いやぁすみませんね、とんでもないアキレス腱が混じってまして……
 

 反魂「解せぬ……!!」
 ▽個人得点1位:ヨッシー


 本当、何なんでしょうねこの天の邪鬼は。
 最後はCPUだけを仲間に三人引き連れ、近雨河3人をまとめて相手にしたけど
 それすら最後まで善戦してたとか。
 よほどヨースター島の恐竜には、バトル団体戦の水が合ったとみえる。
 
 とか何とかで、調子が戻ってくるまで随分かかりましたが、
 今回の宿屋はつまりマリカ大会でした。
 通信対戦で4人参加してマリカなんて素晴らしい世の中になったものです。
 でも私が活躍したのは最後だけであった。

 あまりにも楽しすぎて、膝つき合わせて騒いでるうちに日付変更線がご来襲。
 このマリカ祭は、是非また次の機会もやってみたいところです。

 コルホーズリーチ?
 飽きた。


 さて、ざっと身を清め携帯のアラームはAM6時20分。
 忘れないようセッティングして消灯!

 眠いぞ。
 よし寝る。





◆2日目


 ……

 …………RR……

 …………RRRRRR
 
 …………RRR♪RR♪RRR♪RR♪~~(携帯の電子音)


 ハネ上がる白い布団!!
 
近「っしゃあ!!」
反「冬コミや!!」

近(――なんか暗くね?)
反(――アラームに水樹奈々の『Don't be long』なんて選んだっけ?)

近「(携帯を見る)まだ3時やん!」 





◆2日目。

 はい。ちゃんと供述します。自白します。
 事実関係はこうです。

 寝る間際、携帯電話のアラームを6時20分に仕掛けたはいいものの、
 アラームをセットするということはつまりマナーモードを切ります。
 ですから夜中3時に着信したメールが見事に水樹奈々の着メロを奏でまして、
 いや本当はアラームが鳴る前に自動で電源がONになる設定にしてたんですが
 その設定をしたあと電源切るのを忘れて、つまり設定とか何の意味もなくて、
 結果就寝中でしかも普段の寝起きが普通に悪い近藤さんを
 この水樹奈々着メロで一発MAXテンションに放り上げてしまっただけなのです。

 ……午前3時に。

 お陰様で二人してその後の寝付きも悪く、
 無事6時過ぎにむくりと起床することができました。
 瞼の裏に重い眠気が残ってるのは、多分99%くらい私のせいです。
 
 ゆるゆりゆららゆりかもめにゆられて8時前に会場入りし、
 売り子をお願いしている方を探しつつ、電話したりうろついたり。
 三角屋根の下を暴れ回る海風がこの日はいつにも増して強く、
 鳥取人もいささか肌寒さを覚える朝。



 そんな折、「反魂さん」と声を掛けてこられた方が――
 なんて感じでここに一エピソードあるんですが、
 まあ許可も取ってないので一応伏せておきましょう。
 機会があったらどこかで話に出ることがあるかもしれない。ないかもしれない。
 まあ、また周囲の人にトラブルの火の粉を撒き散らしたとかいう、そんな話。


 
 閑話休題、売り子をお願いした凡用人型兵器さんと合流。
 突然のお願いを快諾していただいて凡用さんイケメンすぎます。
 その凡用さんに、例によって人使い荒くお手伝いをお願いしながら設営。
 ああ凡用さんすみません……お陰様で余裕を持って設営できましたけども。

 さて、机中央に配した新刊の表紙は、二色刷というものを初めてやってみた。
 ま、これといってコメントもありませんが……
 なるほどなー、的な出来映えでした。
 二色刷を上手く使うとか、使わないとか、そんなレベルには達してないので
 とりあえず突拍子もない状態にだけならなくて本当に安心しました。
 レイヤー処理間違えて線画が消えてないところとかありましたけどn

 ◆
 
 というわけで開場~。8888。
 今回お誕生日席に配置されてたのですが、
 そのせいもあってか始終弾幕ゾーンでした。
 そんな立地条件のお陰か、つたない見た目の本にもかかわらず
 しっかりたくさんの方に手に取っていただいて……
 本当にありがとうございます。

 ご挨拶に来てくださった&しに行った方々の列記は省略しますが、
 人比良さんと七桃さんが抱き合ってる場面に遭遇したり
 めがねめりとさんを観察したりして楽しんでました。

 そのほか、今回もたくさんの人にお会いできて嬉しかったですよ。
 イベント前の某エピソードの方とも再会。無事が確認できて何より。
 更にはお隣のブースが日本酒の同人誌を出しておられて、
 本当はもっとお酒についてのお話を教えてほしかったなーとか。
 大変充実した時間を過ごさせていただきました。
 
 それにしても……
 

反「箱多いな」


 ブースから見た、今回の感想。
 箱というのは現物たる箱ではございません。
 いえ現物たる箱も二つ三つありましたが、そうではなく。
 
 まず隣を見ればめがねさんの200P級の同人誌があるわけでしょ。
 加えてその真横にはうぱるぱさんによる現物たる箱入りの同人誌、
 そして正面には嘔吐合同とティータイム合同……

 それらがブースから目に見える範囲に全部あるわけです。
 世の中の人って、同人誌のこと薄い本って言うじゃない!
 これ同人誌ってレベルじゃないよ。一般書籍でもこんな分厚いの稀だよ!
  
 ほらなんかハードカバーまであるし!! (Yめかばんの本を取り出しながら)

 今回、力作揃いでしたね。
 大型イベントともなると小説サークルが渾身の力作を並べますが
 今回は取り分け、縦に立てても自立できそうな同人誌がとても多かった。

 で当サークルの新刊はというと吹けば飛ぶような薄さになってまして、
 長さが全てとは言わずとも、やはり大作にとりかかってみたいなーと
 朧気に思うのでした。

 創作できる姿勢を整えたら、長編の意欲もまた湧いてくることでしょう。
 次のイベントは、きちんと一から新作を作りたいと思いましたね。
 そんな反省事項。
 
 ◆

 イベント中は例によってワーっとなってギャーって感じで終わるもので、
 レポを書くネタはない。例によってこれでイベント中のレポは終了。
 本が少なかったのに加え凡用さんのご尽力を賜り、
 今回は撤収も史上最速レベルで完遂。
 閉幕の拍手を聴く前に、一足先のおいとまをさせていただきました。

 帰り際にくまさんのブースに寄ったら椅子しかなかったので、
 椅子に挨拶して退場。椅子は無口だった。


 帰還後は一旦一行と別れて秋葉原を放浪、
 2時間ほどショッピングに費やした後、再合流して夕食会へ。
 
 ◆
 
 隠れ家的な立地にある中華料理屋さんは、夏以来4ヶ月ぶり2度目の来訪。
 しかし(どうやら)本場中国の料理人さんが鍋を振っているらしく、
 出てくる料理がことごとく味わい深くて普通に美味なんですね、ここは。
 遥か離れた東京の地とはいえ、他人に教えるのが憚られるタイプのお店です。
 豆さんナイス発見。今回は雨虎さんがプロデュースでしたが、
 ここは是非また春に行きたいと思ってます。

 さて、例によって十人以上が集まって盛り上がった夕食会。
 本当はこの夕食会のレポも克明に書きたいんですが……

 実は高速バスの都合もあり、私は1時間少々で一足お先にノーサイド。
 後ろ髪を引かれつつ、麻婆春雨を注文するだけ注文して中座したのです。
 俺の麻婆春雨! 本場の味を味わいたかった……実際悲しい。
 
 
 

◆3日目

 帰宅。終わり。

 ……なんかいつも最後は大型トラブルで締めくくるだけに、
 今回尻切れトンボ感が否めませんね。
 でも仕方ない。ノートラブルだったんですから(強調)


 まあでも、最後はきちんと締めましょうか。



◆では、まとめ(三行)

 ノートラブル
 マリオカート
 ホモ


 そんな感じの、C81でございました。
 決して予定通りとは言えない形での新刊になってしまいましたが、
 ギリギリ新たな本をお届けすることができたことは安心していますし、
 それを手に取っていただいた皆様には深く感謝しております。
 
 願わくば例大祭……かな? 私が次にサークル参加するイベントでは、
 冬コミに間に合わなかった新刊を形にして、
 改めて新刊として持って行けたらと思っております。
 それまでちょっとだけ、お待ちいただければと思います。
 
 現地でお逢いした皆様、お疲れさまでした。


 という、一週間遅れの簡単な冬コミレポであります。終わり。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
プロフィール

< リンク等はサイトの方へ!

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。