スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5/15】 何冊か本を読んできたけど

 
 「他人にも読んでほしい」と思ったことはあったけど、
 「他人に読んでほしくない」と思ったことはないなあ、とか。
 カルチャーショックというか何というか。
 
 私はまあ、自分の読書能力やセンスにからっきし自信がないので
 本がつまらないのは自分のせいであって本のせいじゃない、
 という価値観もあってその辺は露骨に出ますわね。
 見識は磨いていかなきゃですが、ただこれから将来何冊本を読んでも、
 本や、それを読む誰かに対してはあくまで謙虚でありたいな、と、
 その辺はぼんやり思うところ。
 
 
 あと最近の私で言えば作品を「批判」することに億劫になりすぎていて、
 どんな作品でも楽しみを見いだしている内に「逆」色眼鏡というか、
 批判をしないことでむしろ賞賛をも失っているような反省もある。
 これはこれで明らかに不健康で問題なんですよね。
 幸福な貧乏舌と不幸な馬鹿舌は似て非なるもの、という話。
 
 とまあこういう思考は、本を読まなくなると台頭してしまう。
 時間ができたら、また色んな本を気楽に読んでいきたいところですわね。
 

【5/14】 ようやっとリアル仕事のほうが

 
 少し一段落しそう……?

 そうすると早く帰宅できるじゃろ?
 原稿がはかどるじゃろ?
 そらもう、アレよ。
 

【5/13】 印刷所「よろしくニキーwww」

 
 はい予約。もう後戻りはできない……
 とりあえず後工程に極力時間を残すよう、着々と進めていきたいと思いまする。
 

【5/12】 昔に比べて

 
 上手になったところもあり、下手になったところもある。
 少なくとも、迷いなく筆が進んでいたのは昔の方だった。
 
 思い悩んで捻り出した文章は多分、以前より水準の高いデキになってると思う。
 一方で勢いが削がれてたり、全体で力の入れ具合にムラがあって
 それが斑模様に透けて見えるようになったのは、やっぱ反省点よね。
 一言で言うと、小手先の技術を磨こうとするあまり
 執筆途中の視野が狭くなってるような気がする。
 
 別に小説に限ったことではなく、これは私の色んな面で見られる悪癖なので……
 長らく治そうとしてるんだけども。
 このままじゃ、断片的な出来映えがどうこうよりもまず
 完成できるかどうかがポイントになってしまうのでね。
 
 来週はとりあえず、仕事をそこそこに切り上げては
 原稿の机に戻ってくる一週間になるでしょう。
 なお、「仕事をそこそこに切り上げ」られるかどうかは微妙なもよう。
 

【5/11】 がりがり原稿

 
 進捗は思ったより悪いけど、久々に楽しいですわね。
 まあ、今はまだ楽しいんだけど。
 クライマックスに進んでいくと、矛盾解消やら演出の最適化やらで
 何とも言い難いトライアルアンドエラーの連続が待ってるやで!
 
 しかしほんと、小説の書き方忘れちゃってるね。
 良い面でも悪い面でも、一度リセットされたような感覚ですわ。
 
リンク
プロフィール

Author:< リンク等はサイトの方へ!
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。